検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 藤沢の観光親善大使・つるの剛士さんのイクメンな素顔に迫る!
  • 神奈川県内の観光スポット・横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

横浜赤レンガ倉庫の近くに新しく国の機関などが集まった庁舎ができるそうだけど、詳細は?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜税関の向かいに公共職業安定所、検疫所など16の国の機関が入居する庁舎を建設。2022年度完成予定で、総工費約191億円。現庁舎の跡地利用は未定

  • LINE
  • はてな

2017年01月10日

ライター:はまれぽ編集部

16機関を集約

みなとみらいの「新港(しんこう)地区」に横浜税関や横浜公共職業安定所など、16の機関を集約した合同庁舎が建設される。2022年度の完成を目指している。総事業費は約191億円。
 


新庁舎に入居する16機関

 
国土交通省関東地方整備局(さいたま市)によると、建設予定地は横浜市中区新港1丁目。現在、横浜検疫所などが入居する「横浜第一港湾合同庁舎」の場所。
 


「ナビオス横浜」の向いあたり

 
新庁舎建設の理由は、現存庁舎の老朽化による耐震性の問題や業務の多様化によって手狭になったこと。

中には建築基準法上の耐震基準を満たしておらず、補修・修繕が必要な建物もあるという。
 


新庁舎ビルに入居する主な機関と築年数(同局ホームページより)

 
今後は2018年度までに、公共施設などの建設・運営の際に民間のノウハウを活用する「PFI方式」で整備方法を検討。並行して設計・施工を行い、2022年度の完成を目指す。
 


新庁舎の建設予定地

 
同局は「分散している国の行政機関を集約立体化することによって、国有財産を有効活用し、国民の利便性を向上しつつ、耐震性も確保する」としている。

 

複数個所にある機能を集約する(同)

 
新庁舎整備については、財務省の有識者会議が国有財産の有効活用を目的に東京23区外と横浜エリアの庁舎移転・再配置について検討。2009(平成21)年に「国土交通省横浜地方合同庁舎整備事業」を採択。

しかし、2011(平成23)年の東日本大震災の発生や経済情勢により、遅れが生じていた。
 


震災で耐震性の見直しがあったため、事業費も増加した

 
 
跡地の利用は?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

地域の人、飲食店を営む人たちに愛される老舗酒店。全国の蔵元に直接足を運び実現した豊富なラインアップ!

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

自分が暮らす空間だから自分が暮らしやすい、暮らしたい部屋をつくりたい。そんな思いを実現する「3rd」

  • PR

アンティークウォッチの世界、のぞいてみませんか? マニアだけでなく初心者にオススメする、その魅力とは

  • PR

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

  • PR

お菓子を通して感動を届ける!横浜とともに進化を続け、新たな魅力を発信する老舗の旗艦店「ありあけ本館」

  • PR

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

企業のヒトにまつわる問題解決を担い、企業の長期発展とともに笑顔をもたらす「横山社会保険労務士事務所」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 8月に東口ポルタに世界一のアップルパイのお店ドルチェ&マルコ (DOLCE&MARCO)がオープン!...

  • 期間限定ですが、相鉄と群馬大学が、ズーラシア付近で路線バスの自動運転の実証実験を始めたそうです。これ...

  • いくか投稿のある横浜インターナショナルスクールの小港町への移転ですが、現在の山手町にあるスクール跡地...

最近のコメント

アクセスランキング