検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?
横浜駅西口はどう変わる? 神奈川のサグラダ・ファミリアの現状は?

ココがキニナル!

「西口の再開発」についてどうなるのか気になる/横浜駅「中央西口駅前広場」と「きた西口駅前広場」ですが詳しい情報が知りたいです。特に殺風景な「きた西口」がどうなる(kodama_koさん、soraさん)

はまれぽ調査結果!

横浜駅西口は、東京オリンピック前にJR横浜タワー、JR横浜鶴屋町ビル、駅前広場の一部が開業予定。オリンピック後には、2021年度中に駅前広場の残り、2022年度中に44階建て超高層ビルが竣工する予定

  • LINE
  • はてな

2019年08月26日

ライター:池田 恵美子

常に工事が行われている横浜駅

横浜駅を通るといつも思う、「横浜駅では常にどこかで工事が行われているな」と。
永遠と工事が続くような横浜駅を指し、スペイン・バルセロナで130年以上経った今でもなお建設中の未完成の教会「サグラダ・ファミリア」になぞらえて「神奈川のサグラダ・ファミリア」と称する人々も多い。

 

横浜駅中央西口。工事が絶賛進行中(2019年7月12日撮影)
 



大改造が進んでいる横浜駅西口

横浜駅で大改造が進行中なのは西口である。
東口にそごう横浜店があり、西口には横浜タカシマヤがある。西口から5分ほどのところには、かながわ県民活動サポートセンターもあり、ボランティアサロンやミーティングルームなど、ボランティア活動の拠点ともなっている。

横浜駅西口はどのように変わるのだろうか。周囲の横浜市民に西口の工事について尋ねてみても、「工事しているのは分かるけど、何ができるの、どう変わるの?」という反応が多く、その詳細については、市民に浸透していないようだ。



横浜駅西口に開通した「アトリウム通路」

では、急ピッチで進んでいる横浜駅西口再開発地区を歩いて、再開発計画とともに現状を確認してみよう。
横浜駅中央改札口を出て、7月21日早朝に開通した「アトリウム通路」を進んで西口に出る。梅雨明けぬ曇天の中、中央西口から鶴屋町に、横浜モアーズの脇の道を進んでいく。

 

中央西口から鶴屋町方面へ(赤線)(
© OpenStreetMap contributors
 

現在、横浜駅西口で建設中の高層ビルは、東日本旅客鉄道株式会社が建築主のJR横浜タワー
アトリウム通路は、JR横浜タワーの1階部分にあたり、高さ約18メートルまでの4層が吹き抜けになっていて、これまでの横浜駅では感じられなかった開放的な空間になっている。開通した21日は、天井を見上げ、写真を撮っていた人の姿が目立った。今後、横浜駅西口の動線が変わりそうだ。

 

7月21日に開通した「アトリウム通路」(7月21日撮影)
 

また、横浜駅の中央自由通路と西口地下街を行き来する際、階段やエスカレーターを上り下りしなければならない「馬の背」と呼ばれる構造も工事中で、仮地下連絡通路が一旦閉鎖となる。今年12月には解消され、駅のバリアフリー化が前進するという。

 

12月に開通する新設地下通路
 



2020年3月に完成するJR横浜タワー

アトリウム通路があるJR横浜タワーは、駅前棟と鶴屋町棟からなり、歩行者デッキでつながる。2020年3月完成予定だ。

 

「JR横浜タワー」の完成イメージ(画像:横浜市発表資料より)
 

駅前棟の「JR横浜タワー」から歩行者デッキで鶴屋町棟に繋がる(画像:横浜市発表資料より)
 

中央西口を出ると、右手のフェンスに記されたJR横浜タワーの「外装・内装・設備工事進行中!」の文字を見ながら右折すると、トラックが忙しく出入りし、工事が急ピッチで進んでいるのが見て取れる。その様子を見ていると、「本当に劇的に変わるんだな」という実感が湧いてくる。

 

工事の進捗を伝えている看板(7月12日撮影)
 

トラックが盛んに出入りしている(7月12日撮影)
 

8月中旬では「外装工事ほぼ完了。内装・設備工事進行中!」に文言が変更(8月14日撮影)
 

横浜駅から鶴屋町にかけて建築中の、26階建てのJR横浜タワー(駅前棟)は、どんなテナントが入るのだろうか。
1階から10階が複合施設のNEWoMan(ニュウマン)横浜、横浜ではお馴染みのCIAL横浜(B3階~B1階)、全9スクリーン・約1300席の多目的利用型エンタテインメント・コンプレックスのT・ジョイ横浜(8階~10階)、12階~26階がオフィスで構成される。

 

右側の建物が「JR横浜タワー」(画像:JR東日本)
 

横浜駅ホームから見上げると「CIAL NEWoMan T・joy」のロゴが建物にあった(7月12日撮影)
 

筆者は、とくにT・ジョイ横浜のオープンに期待している。横浜駅近くには古い映画館のムービル(旧相鉄ムービル)があるだけなので、楽しみだ。映画以外にも演劇・講演会・発表会なども行われることになっており、文化発信の役割も果たしそう。
 
 

 

はまれぽ編集部のイチオシ

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

目標を持って自ら中学受験へ!オリジナルテキストと徹底した過去問対策で必要な力を効果的に伸ばす

  • PR

首、肩、腰、背中。デスクワークによる痛みが消えないライターが横浜の鶴ヶ峰にある整体院に駆け込んだ

  • PR

看板犬も人気のお店!元町5丁目にあるヘアサロン「aimable aime(エマーブルエメ)」

  • PR

日本に約4%程度しかいない国際基準を満たすカイロプラクターが、頭痛や肩こり、腰痛、膝の痛みを改善!

  • PR

「仕事」と「プライベート」どっちも充実させたい方、必見!社員寮完備の「みちのく建設」で快適に働こう!

  • PR

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング