検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 湘南育ちの兄弟デュオ「ブレッド&バター」ってどんな人たち?
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

関内の喫茶店「大学院」にある特別室誕生の秘密は?

ココがキニナル!

関内の「大学院」という喫茶店は、店名の奇抜さもさることながら、有料の超ゴージャスな特別室があることでも知られています。どうしてこんな部屋が作られたのか知りたいところです。(maniaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「豊かな空間の中で最高の一杯を楽しんで頂きたい」という創業者の想いがこめられた特別ルームだった!なお、ルームチャージ代はかかりません。

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

喫茶店なのに店名が「大学院」?それだけでも十分キニナルのに、中には超ゴージャスな「特別室」なるものが存在するとか。

百聞は一見にしかず。
その目でしかと真相を確かめるべく、横浜スタジアム近くにある現地へ向かった。

 


重厚な雰囲気を醸し出す外観


関内駅南口から歩いて約5分で噂のお店に到着。確かに看板に大きく「コーヒーの大学院」と書かれている。
その横には「ルミエール・ド・パリ」とこれまた聞きなれない文言が。

 


ドア前には鎧に身を包んだ騎士の姿


朝9時の開店と同時に入店したため、先客は誰もいない。
赤い絨毯が敷き詰められた店内は昭和の匂い漂う、昔ながらの喫茶店といった趣きである。

 


雑然としているが、どこか懐かしさを感じる店内


静かな店内でこのままモーニングコーヒーを頂きたくなったが、まずは噂の特別室なるものの存在を確かめなくてはいけない。

「特別室を見せて頂きたいのですが…」。
店員におっかなびっくり尋ねてみると、「どうぞ、こちらです」とすんなり案内OK。導かれるまま店内奥へと進む。


いよいよ噂の「特別室」内部へ
 


噂の「特別室」への入り口が目の前に


店内奥から一度店を抜け、渡り廊下を少し進むと目に飛び込んでくる「特別室」の文字。
期待に胸を膨らませ、その内部へと足を踏み入れる。

 


まばゆいばかりのシャンデリアが目に飛び込んでくる
 

色とりどりの王冠が描かれている
 

壁一面にカトレアのタイル画が


先ほどの一般席とは明らかに違った世界がそこにはあった。
眩いシャンデリアに大理石のテーブル、外には滝のようなものまで確認できる。なるほど。確かにゴージャス。

 


ここにも王冠


どんな意図があってこのような趣向の部屋を作ったのだろう?疑問は尽きないのでお店のスタッフに詳しい話を伺ってみた。