ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    はまれぽ.comにあなたのお店、会社の広告を無料で掲載しませんか、の広告の笑顔が素敵な女性が気になります。

    ナチュラルマンさん

    ワイナリーの数が日本一多いのは山梨県、ワインの生産量の日本一は神奈川県だそうです。何でも輸入ワイン輸入ぶどう果汁を使って製造する、安価で日常的に味わえるハウスワインの生産量が神奈川県は多いとか。しかし...

    ナチュラルマンさん

    暑くなってきました!暑くなると恋しいのは冷た~い生ビールです!はまれぽエリア外かも知れませんが南足柄にアサヒビール、生麦にキリンビールと神奈川県には2件も大手のビール工場があります。この夏のおすすめビ...

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

弘明寺の「旅荘 一石」がキニナル!看板はあるが料金表なし、入口も分からず。ひっそりとした佇まいはわけありカップル向け?観光の人が宿泊?客層や宿泊料、部屋のレポートを!(はまっこ61号さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

「旅荘 一石」は1968年にビジネス旅館として創業。宿泊料は1名5700円、1室2名で各4500円。客層はアーティストのおっかけや学生、近所の人などさまざま!

ライター:松宮 史佳 (2013年12月14日)

投稿によると、横浜市営地下鉄弘明寺駅の近くに「料金表なし&入口がわからない」という宿屋があるらしい! 戸塚にあるシブいモーテル「美佐ご」以来、“ナゾの建物”がキニナル松宮。

ネットで調べ、「旅荘 一石(いっせき)」に取材を申込む。だが、「取材はすべてお断りしています」と男性。・・・嗚呼、どうしよう!?

「ここは必殺、突撃取材しかないっ!」と決意する松宮。
 


市営地下鉄で早速弘明寺駅へ!


2A出口から地上へ。鎌倉街道を歩いていると・・・
 


ローソンの後ろに「旅荘 一石」があった!
 

・・・一体どんなところなのか!? ローソンを通り過ぎ、近づいてみる。が、しかし! 
 


入口がわからず、建物の周りをうろうろと歩く
 

確かに看板には宿泊料が書いていない
 

・・・ここが入口!? 恐る恐る中へ入ると・・・


「!!!!」
 


目の前に純和風のアプローチが忽然と現れる


「おお~!」と思わず感嘆の声を(心の中で)上げる松宮。
 


木々はすべて手入れが行き届いており、美しい


とにかくすべての造りが「シッブい(シブい、ではない)」。そこはかとなく情緒を感じさせる佇まいがいい!
 


趣ある入口
 

ふと横を見ると、“呼鈴”が消えかけたベルが!


「突撃取材しかないっ!」と来たものの、断られたらどうしよう・・・。しばし入口に佇むが、勇気を出して中へ。すると・・・

“ピロピロピロ~ン!”という来客を知らせる音が鳴り、スタッフらしき女性が登場!
 


「旅荘 一石」にアポなしで突撃!

女性はオーナーの奥様の伊藤征子(せいこ)さんとのこと。ダメ元で取材を申込むと、なんと「いいですよ」との返事が!
 


笑顔がとってもかわいらしい征子さん


お礼を言い、中へ。
 


突撃取材にもかかわらず、お茶やお菓子まで出してくれて恐縮する

 
館内には10室しかなく、部屋が埋まってしまうことが多いため、「取材はすべてお断わりしている」と征子さん。しかし、今回は“街のキニナルを徹底調査”というはまれぽの趣旨に賛同。「確かに住宅街にどうしてあるの?ってキニナル方もいるでしょうね(笑)」と取材に応じてくれた。
 


一度見たら「その存在がキニナル!」 


「旅荘 一石」は、1968(昭和43)年に「居抜きで屋号もそのまま前オーナーから引き継ぎ、ビジネス旅館として創業した」とのこと。

もともと、征子さんはとっても内気だったため、「自分が接客業をやるとはまったく思わなかった」とか! 「人生何があるかわからないわね」と征子さん。男性と話すだけで顔が真っ赤になってしまい、お客さんに「ウブなのがいい、って言われたり(笑)」していたとか!

と、ここで征子さんが70歳と聞き、びっくり! 若々しくて70歳にはとても見えない!
 


古希(70歳のお祝い)に友人(左)と撮ったというステキな写真


現在、「旅荘 一石」はご夫婦と息子さんで経営している。チェックインは15時、チェックアウトは10時。宿泊料は素泊まりで1名5700円、1室2名で各4500円。格安な理由は「うちは古くてお客さんにご不便を掛けることがある。だから宿泊料をリーズナブルに」という息子さんのお考えなんだそうだ(料金は変更の可能性あり)。

ちなみに15年ほど前までは看板に宿泊料を記載していたが、宿泊料を変更したため、「それ以降は載せなくなった」と征子さん。

朝食はプラス800円、夕食は1200円(朝夕要予約)。食事は、「家庭的な味が人気」なんだとか。

ここでキニナルお客さんの話を伺うことに!


どんな人が宿泊する人のか? そしてキニナル館内を探検!・・・次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事