検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?

ココがキニナル!

JR桜木町駅の発車メロディーが「線路は続くよどこまでも」に変わりましたが、なぜこの曲が採用されたの?桜木町駅は「桜木町/ゆず」にすべきでしょ。(ロイヤルさん、kikkeさん、はしのたもとさん)

はまれぽ調査結果!

桜木町駅開業100年を記念して、2015年に発着メロディーを決めた。決定は公募でなく、JR主導で決めたため、今の発着メロディーになった

  • LINE
  • はてな

ライター:田中 大輔

JR桜木町駅のホームで、電車の発着時に流れる発車メロディーが『線路は続くよどこまでも』に変更されて、早や2年。桜木町駅をよく利用している人には、すっかりなじんだものになったのではないだろうか。
 


通勤通学だけでなく、観光で使われることも多い桜木町駅

 
でも、発車メロディーと言うと、駅がある場所にちなんだ曲だったり、地元出身のミュージシャンの曲だったりと、駅と曲の関連を感じる選曲が多いもの。
では、どうして桜木町駅では土地柄とはなんの関係もなさそうな『線路は続くよどこまでも』が採用されているのだろうか。
 
 
 

茅ヶ崎駅と言えばサザン!


 
浜市内には桜木町駅以外でも、発車メロディーを採用している駅がいくつかある。

桜木町駅と同じJR東日本の横浜市内の駅で言うと、関内駅(根岸線)と小机駅(横浜線)の2つで、いずれもプロスポーツチームの本拠地球場の最寄り駅だ。
 


横浜スタジアム最寄りの関内駅と
 


日産スタジアム最寄りの小机駅

 
というわけで、横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムのある関内駅では『熱き星たちよ』が、横浜Fマリノスのホーム・日産スタジアムの最寄である小机駅では『We are F・Marinos』と、それぞれの球団歌、サポーターズソングを採用している。

JR以外で言うと、京急線の横浜駅では『ブルーライト・ヨコハマ』が流されているし、上大岡駅ではキニナルにも出てくる「ゆず」の『夏色』のメロディーを聞くことができる(ちなみに、小机駅の『We are F・Marinos』もゆずの楽曲)。

 

横浜駅は『ブルーライト・ヨコハマ』
 

また、横浜市ではないが、茅ヶ崎駅では「サザンオールスターズ」の『希望の轍』が発車メロディーになっているのが有名。

これは、サザンオールスターズのボーカル・桑田佳祐さんが茅ヶ崎市の出身であることから、地元の商工会議所が中心となって署名活動を行い、JR側に要望をしたことがきっかけになったそうだ。
 


茅ヶ崎のサザンビーチのモニュメント。茅ヶ崎と言えばサザンのイメージ

 
となると、桜木町駅でも縁があり、そのものズバリ『桜木町』という曲もリリースしているゆずの曲が採用されても不思議ではなさそう。
 


『桜木町』では、別れた恋人との思い出の場所として桜木町が舞台に

 
ゆずのほかにも、山崎まさよしの大ヒット曲『One more time, One more chance』など、桜木町を舞台とした歌はあるが、なぜそういった曲ではなく『線路は続くよどこまでも』なのか。JR東日本横浜支社に話を聞いた。
 
 

100周年を記念してJRが選曲!?・・・キニナル続きは次のページ≫