検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

社食・職食を巡る~11月で営業終了する「みなとみらいの穴場食堂」でランチ

社食・職食を巡る~11月で営業終了する「みなとみらいの穴場食堂」でランチ

ココがキニナル!

一般の人が利用できる職員・社員食堂の穴場やオススメを調査してほしい/市庁舎の一般人が使える食堂について記事にしていましたが、区役所にはあるんでしょうか?(スズノさん/彗星さん/まっくすさん)

はまれぽ調査結果!

一般の人も入れる「社員食堂・職員食堂」をシリーズで調査! 今回はまもなく閉鎖されてしまう「横浜メディアタワー」の社食

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

残り営業期間はわずか! みなとみらいの穴場食堂

みなとみらい21地区の中央を貫く「グランモール公園」。この通りを歩いていると、特徴的な「電波塔」を持ったビルが目に入る。
 


インパクト大のタワーは遠くからでも目立つ
 

何の会社が入っているのかと言えば・・・
 

もちろん通信会社

 
このタワーを有する「横浜メディアタワー」に務める社員の方々が使っているのが、社員食堂「シェフズ・グリーン」。なんと、こちらの社食はまもなく閉店するということで、この機会に味わっておくことにした。
 


1階ロビーに看板と、入館手続きの案内。・・・手続きいるの!?

 
「誰でも入れる社食」との事前情報を聞いてやってきたのだが、もしかしてちゃんと手続きをしなければいけないのか? いきなりコンセプト破綻の危機にさらされてしまった。

恐る恐る警備の方に伺うと、「2階の食堂は手続きしなくても大丈夫ですよ。エスカレーターで上がってください」と丁寧に教えてもらえて一安心。誰でも入れる社食だった。
 


では入店!

 
シェフズ・グリーンでは、ランチセットや麺類をお得な価格で食べることができる。メニューは一部日替わりで、総数は多くないが毎日通っても飽きが来なさそうだ。
 


お手軽な価格の麺類に心惹かれる

 
300円台の麺類も社食ならではだが、ここはワンコインランチを狙いたい。600円(税込み・以下同)の「パワーセット」と500円の「ヘルシーセット」のうち、ヘルシーセットを選ぶことにする。
 


この日のパワーセットはエビカツ、ヘルシーセットは「サワラの西京焼き」だった

 
だが、券売機には500円のボタンが見当たらず。ん、おかしいな・・・。
 


確かに500円のはず・・・?
 

ギャー!

 
なんとワンコイン価格は、食堂の専用カードにチャージした電子マネーで支払う場合の価格だった。そもそもコインではなかったのだ。ほかのメニューも含め、食券の場合は50円多く払う必要がある。

現在は新規カード発行を受け付けていないそうなので、ここはあきらめが肝心。
 


こちらのカウンターでおかずとご飯・みそ汁を受け取り
 

500円(550円)ランチが完成!

 
早速ヘルシーランチをいただきます。
 


サワラの西京漬けは優しい甘さ

 
サワラは肉厚で、しっかりと味がついている。てっきり作り置きだと思ったのだが、出来立てのようなあたたかさなので驚いた。添えられたスナップエンドウはシャキシャキで、きちんと野菜を食べている実感が嬉しい。
 


味噌汁は油揚げとオクラ入り

 
汁ものは器に具材だけが入った状態で渡され、セルフサービスでスープを入れるスタイル。当然だがアツアツだ。
 


ワンプッシュで味噌汁が完成する

 
ドリンクもセルフサービスだが、お冷だけではなく煎茶も選ぶことができるのでここぞとばかりに飲んだ。おいしい。
お昼時に伺ったので食堂内は大混雑だったが、回転も速いので席は簡単に見つかりそうだ。
 


ごちそうさまでした!

 
誰でも入れる貴重な社食のシェフズ・グリーンは、2013(平成25)年にテナントサービスの一環としてオープン。当時はみなとみらい周辺に飲食店が少なく、安価な価格設定も相まって近隣から重宝されてきたそうだ。

だが、近年は周辺に各種飲食店が増加。ライバル店が増えた影響もあって営業継続が困難になり、2018年11月30日をもって閉鎖することが決まった。
 


忙しい社員にとって、ささっと食べられる麺類は魅力的だったが・・・

 
食堂を利用していた社員の方に伺うと、「閉鎖の話は知っていますよ。残念だけど仕方ないです。もうお弁当に切り替えた人もいるみたいですよ」と話してくれた。
 


これも時代の流れなのだろうか

 
ビル側では社食の閉鎖後、お弁当の販売スペースとして活用することなどを検討しているようだ。

みなとみらいの昼食事情の変化を感じさせる同社食の閉鎖。お昼の選択肢が多くなるのは喜ばしいことだが、無くなってしまう安くておいしいお店も当然ある。ここまで安い食堂は、みなとみらいではなかなか見つからないだろう。

残された期間は1ヶ月ほど。オフィスビルの隠れたお得ランチスポット、訪れるなら今のうちだ。
 


閉鎖までにまた来ます!
 


ー終わりー


シェフズ・グリーン (Chefs Green)
住所/横浜市西区みなとみらい4-7-3 横浜メディアタワー 2F
営業時間/午前11時30分~午後1時30分
定休日/土・日・祝日
電話/045-664-5861
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

社食・職食を巡る~馬車道にたたずむ第二合同庁舎

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

横浜の老舗「勝烈庵」、店の歴史やソースを販売しない理由とは?

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

食べる工芸品!? 手書きの看板がいい味を出す鶴見区の老舗ベーカリー「コンガリアン」について教えて!

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

こんな記事も読まれてます

【デカ盛り】横浜駅の家系ラーメン店「山崎家」の4.5kgのチャレンジラーメンに挑戦!【大食い】

弘明寺に「大岡川の桜の花びらを使った地ビール」があるって本当?

「天空落とし」で一世風靡したラーメン屋「麺処 中村屋海老名」。休業前にカリスマ店主を直撃取材!

「ピーナッツカフェ」が「南町田グランベリーパーク」にオープン!スヌーピーと仲間たちがテーマのメニューが盛りだくさん!

「家系“直系風”の味を追求」する2店舗を徹底調査

マグロ味のかき氷! 三浦市「たかなし商店」で変わり種かき氷を食べてみた

大さん橋で開催中! 162種類のクラフトビールが集うJAPAN BREWERS CUP FESTIVALをレポート!

横浜の老舗「勝烈庵」、店の歴史やソースを販売しない理由とは?

新着記事