検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

どうしてハマスタにミルキィホームズが登場したの?

ココがキニナル!

4月10日のベイスターズの試合で、「ミルキィホームズ」というアニメの声優さんが始球式をやるらしいんですけど、何でベイスターズとミルキィホームズの組み合わせなんですか?(私道七号線さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜が舞台のミルキィホームズと、縁のあったTBSとのやり取りから「始球式」のアイディアが飛び出したから!

  • LINE
  • はてな

ライター:田中 大輔

ミルキィホームズは横浜が舞台となっていた


 
では、なぜベイスターズとミルキィホームズなのか。
ミルキィホームズのプロデューサーである中村伸行氏に直撃した。

今回の企画は、ベイスターズの親会社でもあり、中村氏の携わった別の番組やミルキィホームズを系列局で放送していたことなどで縁のあったTBSとのやり取りから生まれたとのこと。

実は、ミルキィホームズは横浜が舞台の「ご当地もの」作品。そこで「横浜」をキーワードに面白いことができないか、という話の中から「始球式なんてどう?」というアイディアが出てきたそうだ。
 


のぶちゃんPの愛称で知られる敏腕プロデューサー中村氏


声優による始球式は業界的にも斬新な企画で、ファンにとっても目新しいイベントに映ったし、人気上昇中の作品とのコラボで集客も上がり、興行的にも成功したそうだ。

ベイスターズからは「またなにかやりましょう」とのお誘いもあるそうで、新しい形が見つかれば、またコラボする可能性も十分にあるとのこと。ベイスターズ以外でも、横浜絡みであればイベントを仕掛けてみたいそうで、ファンとしては夢が広がるところ。

さらに、イベントに登場した4人の声優さんにもお話を伺った。



4人の声優さんにもインタビュー!
 


左から佐々木さん、三森さん、橘田さん、徳井さん


4人とも大いにイベントを楽しんだようで、ハイテンションで当日の様子を話してくれた。

観客席で一緒に歌うファンの声は彼女たちにも聞こえていたそうで、「360度お客さんじゃないですか。それがなんだか不思議で(徳井さん)」と笑顔。橘田さんも「球場全体がミルキィ一色になっているような感じで、人生の大きな1ページになりました」と感慨深げ。

始球式を務めた三森さんは、「練習では褒められたのに本番は緊張しちゃいました…」とちょっと悔しそう。ベイスターズから始球式用に4人おそろいのグローブをもらったそうで、「ボールと一緒に宝物にします」とのこと。
 


子どものころ、よく横浜に来ていたという三森さん


もちろん、野球観戦も楽しんだそうで、バックネット内の特等席から観戦。
ほとんど初めての生野球だったそうだが、応援する声が大きすぎてドアを閉められたほどだとか。

「マンガの『おおきく振りかぶって』で学んだ知識を駆使して観戦した佐々木さんが「応援してるチームがあると楽しい」と言うように、「今度はスタンドで、tvkで見た『お~お~ぅお~うおっ(注:熱き星たちよ)』を歌いたい!(徳井さん)」と4人ともベイスターズに興味を持ってくれたようだ。
 


笑顔の絶えない明るいインタビューでした


最後に、はまれぽを読んでいる皆さんへのメッセージをもらったので紹介しよう。

三森さん
「今回のイベントで横浜との距離が縮まった気がしてうれしい。もっと横浜でライブしたりして、交流を深めたいです」

徳井さん
「ベイスターズファンの皆さんが暖かかった。これがきっかけでミルキィを知ってくれた人が応援してくれたらうれしい。ミルキィもベイスターズを応援します」

佐々木さん
「ミルキィは、横浜の人ならすごく楽しめる作品です。イベントも横浜でやっていきますので、ぜひ足を運んでください」

橘田さん:「横浜つながりでベイスターズを応援したい気持ちになりました。同じように横浜つながりでミルキィを応援してくれたらうれしいな、と思います」




取材を終えて



個人的には、今回のイベントは成功だったと言っていいんじゃないだろうかと思う。特に印象的だったのは、ミルキィホームズ目当てで来たであろう人たちが、試合終了までベイスターズを全力で応援していたこと。

ベイスターズファンからも「途中で帰ったらどうかと思うけど、最後まで見ていってくれたのは野球ファンとしてもうれしい」と同様の意見が多数聞けたのだ。

野球もミルキィホームズも、好きになるきっかけなんてなんだっていいはず。全く異なるジャンルではあるが、お互いを認め合うことで横浜がもっと活性化すればいいのではないだろうか。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

横浜ベイスターズ尾花高夫監督を徹底解剖!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

横浜スタジアムのスタンドが急勾配なのはどうして?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

【編集部厳選】お得な「横浜満喫スポット」はここだ!

特典あり

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

シーバスに京急ラッピング船が登場! 赤と白の京急カラーで横浜港を走る!

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

こんな記事も読まれてます

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(1月1日~1月7日)

【編集部厳選!】京急電鉄の魅力2(1月11日)

11月14日に都筑区川和車両基地で行われた交通局のイベント「はまりんフェスタin川和2015」の様子をレポート!

新聞発祥の地、横浜にあった読売新聞社の前身「日就社」について教えて!

【イベントれぽ】「野毛ジャズde秋祭り2017」突撃!!!

水陸両用バス「スカイダック」が始める日本初の夜間運航コースを一足早くお届け!

船上で行われた婚活・仮面舞踏会、その真相は?

【編集部厳選】お得な「横浜満喫スポット」はここだ!

新着記事