検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

江戸時代の趣深く、今なお人が住む長屋門がなぜ白楽に?

ココがキニナル!

白楽駅近くに長屋門があり、人も住んでいるようです。この門を通らないと奥の住宅街にも行けないし、どんな経緯で存在しているのか調査してください(RIPさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

関東大震災で焼失したものを、地主が補修し、白楽の私有地に移築。一帯は地主の私有地で、現在は「長屋門」の奥に住む住民のために解放されている

  • LINE
  • はてな

ライター:阿良川 遊

ナカムラさんに聞いてみる
 


白楽在住の編集松山氏。慣れた足取りで坂を登っていく
 

古い墓地やお寺なども点在していた



歩くこと数分、坂の上にそのお宅はあった。インターホンを押すと女性の声。この女性は、「ナカムラさん」の奥様の洋子さん。ナカムラゲンベエさんは洋子さんの義父という。「12年前に亡くなった主人が允蔵(まさぞう)っていって、その父親が中村源兵衛っていうの」とのこと。
そして「中村源兵衛」については、「代々世襲というか、ある年齢にくると襲名することが許されていたらしいんですよ。主人は16代目に当たるらしいんですけど、時代の流れか、襲名制が廃止になって。うちは源兵衛とは言わないんだけど。みんなこのへんではゲンベエさん、ゲンベエさんって」と、洋子さん。

長屋門について尋ねると、「(ご先祖は神奈川区栄町の)青木橋の辺りで、参勤交代のときに大名の家来が泊まる旅籠(=はたご、宿泊所)屋さんをやっていたみたいで、関東大震災で焼失したものを自宅があった白楽に持ってきたんですよ」とのこと。
門の周辺は私有地だったため、その奥に住む人以外が立ち入りできないように、住民が通るとき以外は閉ざしていたのだという。ただ、住民が増え始め、開けっ放しにしだした時期については「はっきりしない」とのこと。

この話を裏付ける資料として、洋子さんが家の中から長屋門に関する記載がある寄稿文を持ってきてくれた。1999(平成11)年5月15日発行『よこはま文化』(163号)に掲載された「長屋門・門扉は語る」(広川正夫氏寄稿)だ。寄稿した広川さんは中村允蔵さんの友人という。
 


保管されていた寄稿文


関連する記述を抜粋すると、
東急東横線・白楽駅下車。丘の麓を辿る途を東白楽駅方向へ。ホーム外れの踏切を右に見て左に曲がると、左に上がる坂があります。白楽一〇〇番地・丘一帯を占める五十数戸が建つ中村家の所有地への入口です。上りつめると中村邸があります。

住民の皆さんから聞いてきた話と一致している。
 


白楽100番地周辺(Googleマップより)


中村家は代々「源兵衛」を名乗る神奈川宿の村役人で、当主允蔵氏によると「先代」は一八九五年に神奈川通一丁目生まれで、その地で長屋門は関東大震災で焼失、焼け残った厚い門扉を使って現在の門は復元されたということです。
 


長屋門移築までのイメージ(図:阿良川 遊)


関東大震災は1923(大正13)年の発生で、その2年後には元号が昭和に変わっている。たしかに、長屋門の住人の熊本さんも「昭和のハナに」「どこかからか、持ってきたらしい」と言っていた。

『神奈川区誌』掲載「神奈川宿旅籠・茶屋軒並図」(一八五五)を見ると、「青木町から滝の橋を渡った左側に(中略)「大旅籠源兵衛」「本陣石井源左門」と街道沿いに続いています」(後略)とある。

この資料や住民の話から、長屋門は数代前の白楽の地主・中村源兵衛さんが営んでいた「青木橋のたもとの旅籠」が関東大震災で焼失し、焼け残った部分を自宅で復元・保管しようと移築したものであること、そして現在の場所でもしばらくは住人らが出入りする際に開閉され、中村さんの私有地への入口として利用されていたことが分かった。
 


中村家はこの高台から代々、地域を見守ってきたのだろう



取材を終えて



この取材のなかで地域の人にいろいろな話を聞いた。急な訪問ながら、皆さん気持ちよく取材に応じてくれ、知っている限りの情報を提供してくれた。

広大な土地を所有した中村源兵衛さんは代々皆きっと、住民たちを大切にしたのだろう。源兵衛さん、そして息子の允蔵さん亡き後も、住民たちが彼らを慕っていることも、今回の取材では大いに見てとれた。
長屋門へは地元の幼稚園児が見学に来たり、中学生が校外学習に来たりということもよくあるらしい。地域のふれ合いの場、子どもたちの成長の場としても一役買っているこの門が、今後もこの白楽の地で歴史を重ねていくことを祈ろう。

関東大震災で一部焼失・復元という形をとりながら、江戸・明治・大正・昭和・平成と時代の流れを見つめ続けた長屋門。戦争や天災という幾多の困難を乗り越え、今日も静かに地域を見守るこの門と、それを支え続ける住民の皆さんに、敬意を表したい。


―終わり―


 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 近所なのに知らなかった! 勉強になります。

  • 貴重なレポートだと思います。横浜市は奥行きが深いですね。

  • 面白かった。疑問も解けたけれど、ついでにすぐ横の吉祥寺が廃墟化した事情や、今は静岡銀行の元「白鳥座」もキニナルに投稿されていたからも詳しく知りたかった。道路の反対側の古いお屋敷の事も知りたかったけれど個人宅だから無理でしょうね。

おすすめ記事

東海道の名残を探す旅!はまれぽ東海道中膝栗毛

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

戦後の動乱期に市民の台所を支えた公設市場の名残はまだある?

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

AKB48の柏木由紀さん率いるユニット「フレンチ・キス」がベイスターズ戦の始球式に登場!

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(12月3日~12月9日)

肌が健康的に美しくなれば生き方が変わる! 医療をベースに肌の悩みを解決する「テティス横濱美容皮膚科」

  • PR

こんな記事も読まれてます

毎回変わる看板? 都筑区のまるで秘密基地のような「看板市場」ってどんなところ?

横浜中華街に再び太極拳おじさん登場!中華街で中国武術事情を探る・その2

【年末特集2016】はまれぽ2016年の人気記事をトップテンを紹介!

【編集部厳選】迷子になっても帰ってこられる!? 横浜を巡る旅特集!

「キニナル達人」を目指して! 2017年5月に昇格したみなさんを紹介

【編集部厳選!】横浜市内のちょっと変わった?【ホテル特集.2】(2月8日)

いよいよ世界一が決まる! クラブワールドカップ決勝戦直前の横浜市内の様子をレポート!

AKB48の柏木由紀さん率いるユニット「フレンチ・キス」がベイスターズ戦の始球式に登場!

新着記事