検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

【1000ぶら番外編】銭湯に入浴して1000円を使い切れ!ライター松宮が南区の銭湯に突撃!

ココがキニナル!

横浜市内の銭湯にフラッと立ち寄る「銭ぶら」をお願いします。(スさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

南区の「仲乃湯」ではゆったりと露天風呂を満喫し、松宮、ならぬ松“美”湯では薪で沸かしたまろやかな湯を心ゆくまで堪能した!

  • LINE
  • はてな

ライター:松宮 史佳

いよいよ浴場内へ!



大枠の建物は創業時のままだが、「今から17年ほど前に銭湯を改修した」と教えてくれる髙野さん。
 


それまで50個だったカランを半分の25個に減らし、ゆとりのある空間に
 

「(通常の建物の)3階分はありそう」と思わせる脱衣所より高い天井
 

浴槽には座ってジェットが体感できる風呂や電気風呂、薬湯などがある。通常、湯の温度は46度。体感すると「44度くらい」とのこと。薬湯はゆったりと入る人が多いので「42度」とぬるめに設定してあるそうだ。

薬湯は、髙野さんご自身が好きだったという理由で始めたそう。ちなみに薬湯は日替わり。なので、毎日違う薬湯が楽しめる。ちなみに人気の薬湯は「ラベンダーやブルーベリー」。
 


脱衣所には薬湯のスケジュールが貼られているが、「近ごろ更新はサボり気味(by髙野さん)」
 

さわやかな香りのペパーミントの薬湯は、ジメジメしたした梅雨時期にぴったり!
 

もう一種類の薬湯を混ぜるので、実際はエメラルドグリーンになる
 

ペパーミントの香りに酔いしれていると・・・「ワンワンワン!!!」というけたたましい鳴き声が!

え!? まさか・・・銭湯に犬? 「いるわけないか」と思い、振り返ると・・・
 


いた! 髙野さんの飼い犬:レン君

 
今までの銭湯人生で一番驚いた瞬間だった!!!

壁には絵ではなく、モザイクタイルが飾られている。
 


一見ペンキで描かれた絵かと思いきや、九谷焼のモザイクタイルでつくられた秋川渓谷
 

ふと、洗い場を見ると、何やらタイル絵が! 髙野さんにモチーフが何か尋ねると「はなさかじいさん」らしい!
  


「はなさかじいさん」を眺めながら体を洗えるのは、なんだか楽しい!
 

超大作、城の絵もある!

 
同じく17年前に改修して造ったという立ちシャワー。
 


ハンズフリーで頭や体を洗えるのでラク!
 

やっぱり桶は“ケロリン!”
 

洗い場を歩いていると、薄い板のような椅子を発見! 髙野さんによると、製造元がなくなってしまったため、「(この椅子は)今あるだけ」とか。・・・貴重だ。
 


レトロな色といい、薄い形がおもしろい椅子
 

続いていよいよ露天風呂へ!

創業時には「露天風呂はなかった」と髙野さん。「ほかの銭湯とは何か違うことをしたい」との想いから、もともと所有していた庭を利用し、露天風呂を造った そうだ。「仲乃湯」はしっかりとした垣根を設けているものの、住宅にかなり近く接している。そのため「風呂場が外から見えてしまうかもしれない」と懸念 し、「露天風呂は男湯のみ」にしたんだそう。
 


岩づくりの贅沢な露天風呂

 
外にあるため、湯の温度もぬるめで「42度」。ゆっくり浸かってくつろげそう!

キニナル露天風呂を後にし、女湯へ!
 

 

女湯はどんな感じ?


 


男湯とは異なり、女湯の脱衣所はピンクなどが使われており、やわらかい感じ
 

お話を伺いながら、ふとあるモノが目に留まる。・・・これは一体!? 
 


「髪を乾かすドライヤー(by髙野さん)」今も現役

 
・・・ここで浴場内へ。ああっ! 男湯とはタイル絵が違う!
 


女湯のタイル絵は島根県の宍道湖(しんじこ)の朝日!
 

オレンジ色をメインにしており、なんとなく南国風なイメージ。

残念ながら女湯には露天風呂はない。だが、「美人の湯」なるものがあるらしい!
 


キニナル美人の湯へ
 

・・・「美人の湯(通称:岩風呂)」は「外から見えないように」という配慮から壁で覆われている。露天風呂の開放感とは異なり、ゆったりと落ち着く感じ。
 


岩風呂は落ち着ける感じがイイ!
 

「仲乃湯」のレトロ&情緒あふれる魅力を満喫した松宮。今回は特別に男湯の露天風呂に入らせていただくことに!
 


露天風呂に入浴


 


ここで入浴料金450円をお支払いする
 

残金は550円。

普段は入ることのない、男湯の脱衣所でドキドキしながら着替える。そしていよいよ露天風呂へ!

・・・露天風呂は岩づくりになっており、どこかの温泉に来たみたい! 
 


ゆったりと旅気分を味わう
 

湯もぬるめで松宮にはちょうどいい。

湯上りにはやっぱり・・・
 


コーヒー牛乳! なんと15年ほど値上げせず、100円のまま!
 

湯上りのコーヒー牛乳は最高
 

コーヒー牛乳を購入し、残金は450円。あと一軒は銭湯に行ける!

髙野さんによると、同じ南区に松宮・・・ならぬ松“美”湯という銭湯があるらしい! 何かの縁を感じた松宮。早速行ってみることに!