検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

戦後から残る鶴見線高架下の住宅の様子は?

ココがキニナル!

JR鶴見線の鶴見~国道駅間の高架下に住宅?があるのがキニナル。不動産屋でこういった部屋の賃貸情報も見たことが無く、分譲なのでしょうか?間取りや住み心地なども知りたいので調査をお願いします(イルカさん)

はまれぽ調査結果!

国鉄時代の賃貸契約の物件で、ほとんどが以前は店舗もしくは店舗兼住居であったもの。現在は、空き家もあるが、新規募集はしていない。

  • LINE
  • はてな

ライター:小方 サダオ

印刷工場の中へ
 
続いて国道15号線の向う側にある印刷工場を見せていただけることになり、高架下に沿って歩きながら、お話を伺った。

 

戦中、機銃の掃射を受けた柱
 

高架下の
焼き鳥屋さん
 

移動しながら、駅舎に関して伺うと「今は空き家が多いですが、十数年前までは満室でした」

 

雰囲気のあるアーチは、デパートの名残だという
 

「またこの昭和アールデコ調のアーチは、昭和初期にここをデパートにする予定があり、それを意識して造られたものです。一軒ずつに分かれている場所に、お店を入れるつもりでした。しかし場所柄、商売にならないことが分かったのです。そのため洋服店など数店が入居しましたが、すぐに地元の人が使うようなお店になってしまいました」

「臨海鉄道は工場に勤務する人のための鉄道で、ハイソサエティーな場所ではなく、わざわざデパートで買い物をするために降りてくる人はいなかったようです」と答えてくれた。

 

橋脚とプラットホームの幅に合わせた土地に建物が建っている
 

国道駅区間の建物の幅に関して伺うと「上下線のプラットホームの幅に合わせた建物になっているので、ほかの場所より狭いです」と答えてくれた。

 

高架下の建物があるエリア(青矢印)と建物が少なくなるエリア(緑矢印)
 

鶴見川を越える鶴見線
 

隣駅が近くなり低くなっていく地点
 

鶴見川の先の高架下に建物がないことを伺うと「駅が近くなり高架が低くなっていくため、高さが確保できないからです」と答えてくれた。

 

棚に並ぶ活版
 

年季の入った印刷機
 

そして印刷工場の中を見せていただいた。
黒光りする、機械や棚にずらりと並んだ活版が、“あのころのまま”の姿で静かに休んでいた。
映画『男はつらいよ』に登場する「額に汗して働く労働者諸君!」と寅さんが皮肉る、印刷所の世界観を感じさせ、ほのぼのとした気分になる。

また隣りに建っていた建物の日照を考慮して、縮小したという印刷所の控えめな外観も印象的であった。

印刷所に関しては「年賀はがきなど、景気のいい時は3000点ほどやっていましたが、時代の流れで一気に注文が減りました。印刷業界は技術革新が早く、私たちも今主流のオフセット印刷を始めたりと対応をしましたが、大変でしたね」と答えてくれた。

 

印刷所の建物(右)は、隣りの建物の日照を考慮して縮小したもの
 

取材にご協力いただいたことを感謝し、岩森さんとお別れをした。

高架下の物件を管理する、JR横浜支社・広報の岡田さんに伺うと「国鉄時代の賃貸契約による建物で、新橋の高架下などと同じころに始まったと思われます。現在は新規の入居者は募集していません。また、住宅である場合は少なく、以前店舗だったのがなくなり、住居になった可能性があります」と答えてくれた。

またJR横浜支社・事業部の山田さんに、初めのころの入居者に関して伺うと「入居者募集開始時から店舗や住居がありました」と答えてくれた。



取材を終えて



「時代の流れについていくのは大変だった」と笑いながら語る、岩森さんの表情が心に残った。
急ぎ過ぎない昭和のマイペースな雰囲気の残るこの高架下の空間に、居心地の良さを感じた。

 

高架下は昭和の雰囲気をとどめている空間だ
 

 
―終わりー
 
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • ここは未だに仕事(JRの広告扱い)なのでたまに通りますが、ハードボイルドな雰囲気が漂います。神田のガード下とは違った雰囲気があり、横浜らしい印象、出来れば「あぶデカ」シリーズで使ってほしい場所の一つでしたね。

  • 国鉄か私鉄時代の「高架下で安全」みたいなチラシをどっかで見たことがあります。確か総持寺までしか開通していなかった時代だったと思います。

  • 活版印刷の鋳造された版とインクの匂い。高架下のトタン板で被(おお)われた家屋。遠くなった「昭和」の名残りが今も身近に残っている。懐かしくもあり、嬉しくもあり。

もっと見る

おすすめ記事

ローカルなJR鶴見線の改札とホームが謎の構造だって本当?

法律のプロ(将棋も?)三浦修弁護士に、知っておくと便利な法律を教えてもらった

  • PR

昭和の伝説のドラマのロケ地も! なぜか多い鶴見線!

「ゴールドジム横浜上星川」で生まれて初めてのジム体験!初心者プログラムを体を張ってレポート!

  • PR

2018年春のダイヤ改正! 各鉄道事業者の改正内容とは?

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

馬車道の「六道の辻通り」は仏教と関係あるの?

横浜でリーズナブルにマイホームを持つ1つの方法

  • PR

こんな記事も読まれてます

かつて改札が2階にあった? 京急線黄金町駅の歴史を教えて!

ちょっと凝ったつくりの元町・中華街駅ホームは誰が作った? そして高すぎる天井の電球はどうやって交換しているのか、徹底調査

港南区芹が谷、住宅も商店も多いのに鉄道駅がないのはなぜ?

【探訪】令和に生きる横浜の銭湯 ―南区永楽町・永楽湯―

日吉の「赤門坂」、赤門は血を隠すために赤い?

横浜市営地下鉄ブルーラインの新型車両とは?

横浜で一番マズい川の水、鶴見川で釣れた魚の味は?

2018年春のダイヤ改正! 各鉄道事業者の改正内容とは?

新着記事