検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ラー博「支那そばや」卒業当日の様子をレポート!【現場レポート第2弾】

ラー博「支那そばや」卒業当日の様子をレポート!【現場レポート第2弾】

ココがキニナル!

「支那そばや」が12月1日、ついに新横浜ラーメン博物館を卒業した。約20年間に渡ってラーメンファンの胃袋を満たしてきた名店の最後の様子がキニナル(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

多くのファンに愛される支那そばやには、最終日も大勢の人が詰めかけた。ラー博は卒業してしまうが、今後も引き続き戸塚の支那そばや本店は元気に営業する。あの味が恋しくなったら本店に行こう!

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

本当はここにいてほしかった・・・


 
閉店後、地下2階フロアにて卒業セレモニーが開催された。
冒頭、ラー博館長・岩岡洋志(いわおか・ようじ)さんによる挨拶と記念品の贈呈が行われた。
 

支那そばやがラー博を卒業
岩岡館長(右)から感謝の言葉を受けるしおりさん
 
支那そばやがラー博を卒業
 
支那そばやがラー博を卒業

 
ここで事件が発生する。なんと、しおりさんがお辞儀をした拍子に記念品のトロフィーを落としてしまったのだ。贈呈後わずか10秒ほどの出来事である。うそでしょ!?
 

支那そばやがラー博を卒業
お辞儀をした拍子に・・・
 
支那そばやがラー博を卒業
ああ! トロフィーが・・・
 
支那そばやがラー博を卒業
岩岡館長もこの表情
 
支那そばやがラー博を卒業
お茶目なしおりさん

 
「すぐに作り直します!」と岩岡館長。しかし、幸い大事には至らなかったようだ。ふたたびしおりさんはトロフィーを受け取った。
 

支那そばやがラー博を卒業
トロフィーは無事・・・ですよね?

 
記念品の贈呈に次いで花束の贈呈。そして、しおりさんがマイクを持った。いよいよ最後の挨拶が始まる。
 

支那そばやがラー博を卒業
しおりさんによる卒業挨拶

 
「まずは、みなさん、20年間本当にありがとうございました」

冒頭、感謝の言葉を述べ深々と一礼した。そして顔を上げると、しおりさんは目を潤ませながらこれまでの歩みを振り返った。
「出店以来、ラーメン博物館にはたくさんの宿題をもらいました――」。毎年、支那そばやは様々な企画ラーメンを発表し続けてきた。その度にスタッフみんなで力を合わせ、一つ一つ、課題をこなしてきた。

「おかげで、私たちは成長することができました」

大変なとき、苦しいときはたくさんあった。でも、関わってくれたすべての人のおかげで、20年間、ここまで頑張ることができた。ラー博は苦楽を共にした同志である。
そう語るしおりさんは、佐野実氏についても「きっと同じ気持ちだと思う」と述べた。
 

支那そばやがラー博を卒業
涙ぐむしおりさん

 
「本当は、ここにいてほしかった・・・」

思わずそうこぼしたしおりさん。今後の出店計画については、「答えは一つ」と言い切った。

「佐野実と出会ったように、一生添い遂げる、そう思える物件に出会えるまで探し続けます」

そして最後にもう一度感謝の言葉を口にすると、万雷の拍手の中、挨拶を終えた。
すると、ラー博・中野さんのかけ声で男性陣がしおりさんを取り囲んだ。いったい何が始まるのかと思うと・・・
 

支那そばやがラー博を卒業
ここでまさかの胴上げ

 
胴上げが始まった。この日、筆者は驚くことばかりだったが、この胴上げには仰天した。それにしても見事な舞いっぷりである。

おしまいにはみんなで記念撮影。こうして、支那そばやラー博店最後の一日は幕を下ろした。改めて、支那そばやのみなさん、本当にお疲れさまでした。
 

支那そばやがラー博を卒業
長い一日を終えたチーム支那そばや
 

支那そばやがラー博を卒業
最後は関係者もそろって記念撮影(クリックして拡大)

 
 
 

取材を終えて


 
約20年の歴史に幕を閉じた支那そばやラー博店。その最終日に密着すると、いかに多くの人にこのお店が愛されているかが分かった。

「卒業」でイメージすることは、みなさん何だろうか。思い出してほしい。これまでの人生で経験したどんな卒業も、「別れ」ではなく、新たな「門出」だったはずだ。
支那そばやはラー博を卒業してしまったが、それは決して悲しいことではない。支那そばやの新たな門出に、我々はまれぽ編集部一同は拍手を送りたいと思う。そして、これからも戸塚の本店でその味を楽しめることに変わりはない。

今後も、多くのラーメンファンの舌を満足させる支那そばやの活躍に、エールを送る。
 
 
―終わり―
 
 
取材協力
新横浜ラーメン博物館
http://raumen.co.jp

株式会社サノフード
http://www.nrfood.jp/index.html

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • ラー博に行くと必ず食べていたので寂しいが、鶴ヶ峰店に行けるし、ラー博に行ったときに浮気(?)できなかったので各店に行けると前向きにとらえます。

おすすめ記事

浴衣で「ラー博」に行くと入場料が無料って本当?

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

「ここから、徒歩1時間59分」、「ラー博」謎の看板の意図は?

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

すみれ横浜店が野毛にオープン! 店舗限定のレアラーメンも!?

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

真夏の激辛ラーメン 地獄の3番勝負! 横浜ヨコハマが挑戦!

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

こんな記事も読まれてます

二郎インスパイア系、看板のない六角橋の「豚星。」の本家では食べられない限定メニューとは?

【はまれぽ×鎌倉市】出前・テイクアウトマップ情報まとめ

のどかな相鉄いずみ野線沿線が「食のテーマパーク」になるってホント? 「アノ名店」にも突撃!

スーパープレミア日本酒がごっそり、ぴおシティ寿司処「かぐら」に突撃!

山手駅前の大和町商店街に焼鳥屋が多いのはなぜ?

世界のアトミ? 綱島の住宅街に突如現れる移動式カレー店「世界アトミ食堂」に突撃!

開店直前! 横浜DeNAベイスターズが運営する『COFFEE AND BAR &9』の様子をレポート!

横浜で本場タイ料理が食べられるお店を教えて!

新着記事