検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末

ココがキニナル!

横浜ビー・コルセアーズの試合で開館50周年とのアナウンスがあった横浜文化体育館。この文体の歴史を調査・紹介を。(ショウ・ザマさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

1962年の開館から横浜のスポーツ・文化促進に大きく貢献。時代の流れとともにその役割を変えながら、今も地域に愛される施設だった!

  • LINE
  • はてな

2012年10月23日

ライター:はまれぽ編集部

1962(昭和37)年に開館し、今年で50周年を迎えた横浜文化体育館。関内駅からほど近い位置にあり、かつては大きなスポーツの大会や有名ミュージシャンのコンサートで多くの人を楽しませた。

今でも地域の人々に愛される横浜文化体育館の歴史を、横浜文化体育館の遠藤勝己館長に伺った。
 


50年間、関内の街を見守ってきた横浜文化体育館
 

取材にご協力いただいた遠藤勝己館長




横浜文化体育館の歩み

横浜文化体育館は、横浜港開港100周年の記念事業の一環として建設された。建設費は4億6037万4000円。4年間の建設期間を経て、1962(昭和37)年の5月11日に落成式を迎えた。

敷地面積は1万1014.23平方メートル。競技場面積は1920平方メートルで、ステージは255平方メートル。観客席は5254席だ。
管理・運営は、指定管理者である公益財団法人横浜市体育協会が行っている。

落成式の際に行われたオープニングイベントでは、朝丘雪路や楠トシエらによる歌謡ショーや、東京放送管弦楽団による演奏などが行われ、6000人の市民でにぎわったという。

実は、建設工事の期間中に、体育館の屋根がずり落ちて工事が中断するという騒ぎがあった。幸いケガ人は出なかったが、復旧に数カ月を要する事態に。それを乗り越えての落成式だっただけに、関係者の安堵も大きかっただろう。
 


建設して間もない頃の横浜文化体育館周辺の様子(写真:横浜文化体育館)


同年には港の見える丘公園や港湾病院(当時)なども完成し、街がいよいよ活気に満ちてくる。横浜文化体育館では、開館の2日後にさっそく、市民卓球大会が行われた。

さらにその10日後の5月23日、日本プロレスの力道山の試合が開催された。横浜文化体育館は、その後「プロレスの聖地」として名をはせることになる。



東京オリンピックを皮切りにスポーツ行事が本格化

1964(昭和39)年、東京オリンピックが開幕。横浜文化体育館では、バレーボールとバスケットボールの予選会が行われた。聖火ランナーが体育館前を通過した際には、日の丸の旗を持った観客が大勢つめかけたという。
 


オリンピックに先駆けて行われた1963(昭和38)年の東京国際スポーツ大会の様子
(写真:横浜文化体育館)


バレーボールチームは当時、「東洋の魔女」と呼ばれる強さで人気を博し、1セットも取られることなく予選を通過。見事、金メダルを獲得した。
 


女子バレーボールチームは「東洋の魔女」と呼ばれて人気に(写真:横浜文化体育館)
 

事務所には当時の写真が飾られていた


この頃から各スポーツの大会が数多く開催されるようになる。1965(昭和40)年には全日本実業団柔道大会が、その翌年には世界親善総合武道大会が開催された。

その他の各種武道大会のほか、レスリングやボクシング、ハンドボール、バドミントンなど、さまざまな種目の国際大会が行われた。

また、1967(昭和42)年からは、横浜ゆかりのスポーツ選手や競技関係者を招いて行われる「新春横浜スポーツ人の集い」が開催されている。各スポーツ分野で活躍した選手の表彰や、関係者同士の親睦会などが行われる。



最新の設備によって支えられたスポーツ運営

当時、最新鋭だった設備も注目された。各種スポーツに利用できるように設計された電光式得点表示機や、運営のための主催者専用放送室などが完備され、スポーツ大会のテレビ中継などで活躍した。
 


電光式得点表示機(写真:横浜文化体育館)
 

主催者専用放送室(写真:横浜文化体育館)
 

ミキサー室(写真:横浜文化体育館)


体育館内には、選手や市民のためのトレーニングルームが完備。空調設備やロッカールームなど、利用者が快適な設備が整っていた。
 


さまざまな競技に対応したトレーニングルーム(写真:横浜文化体育館)
 

力道山が使用していたというベンチプレスが今も残っている



スポーツだけでなく、文化的行事も盛ん・・・詳細は次のページ ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

横浜ドームは本当にできるのか?

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

「横浜ビー・コルセアーズ」が立ちあがった経緯とは?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

火・木曜日夕方更新! はまれぽ三面記事vol.09 『老舗店への寄せ書き』

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

新着記事

神奈川県がワインの生産量日本一って本当? その理由とは

    • 面白かった178
    • 面白くなかった0
    • コメント1
  • 2018年10月15日

東神奈川の傾いた家、所有者が代執行間近に現れたため一時中断

    • 面白かった100
    • 面白くなかった2
    • コメント2
  • 2018年10月16日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

10分100円で車をレンタルできる!?横浜市緑区で地域密着の「100円レンタカー」が安すぎる!

  • PR

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

ママだって、“ママ”に助けてもらいたい! 家事・整理収納の家事代行サービス「Copier(コピエ)」

  • PR

横浜発の捺染(なっせん)から生まれた、自分を励ます素敵なアイテム。大切な人へのギフトとしてもぜひ!

  • PR

世界中から大注目! ここでしか買えない革製品が大人気の「レザー ファクトリー ロベル」

  • PR

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

中華の街横浜で人気の絶えない繁盛店の秘密を探る! 

  • PR

味にこだわるガンコ店主が開発。極上カレー「和都ノ屋カレー本舗」。できたてのカレーをお届けします!

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 伊勢佐木モールのドンキホーテの交差点前にある「コンクリート製の盛り上がり」、あれは何でしょうか?なぜ...

  • 横浜市の指示通り、プラごみの分別を徹底していますが、そのプラごみが結局どうリサイクルされているかは誰...

  • 今年も小机城趾市民の森にて10月27日(土)に17時~20時に竹灯籠まつりが開催されます。5,000...

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント