検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 求人掲載募集バナーA
  • イチオシ「住む」バナー
  • はまれぽに無料でお店・会社が掲載できます!

ココがキニナル!

横浜を舞台にした小説を多く書いている山崎洋子さんを取材して欲しいです。(クロニスタさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

山崎洋子さんは、小説などで横浜を描き、たくさんの出会いの中で横浜に深くかかわってきた人。ディープな部分も含めて横浜を愛する横浜の住人だった!

  • LINE
  • はてな

2013年09月05日

ライター:大和田 敏子

山崎洋子さんは、横浜を舞台にした小説を多く書かれているばかりでなく、ノンフィクション作品の中にも、さまざまな視点から横浜の歴史を語られているものも多い。また、横浜市の行政や市民活動にも積極的に参加され、講演活動もされている。

山崎さんにとって横浜とは? 創作活動を通して、また地元の方々との幅広い交流の中で育んできた横浜とのかかわりについてお話を伺うことができた。
 


山崎洋子さん。熱い口調で横浜について語ってくださった




本当は映画の脚本家になりたかった

山崎洋子さんは、1947(昭和22)年に京都府宮津市生れで、現在は横浜市に在住している。
子どものころからミステリーを読むのが大好きだったが、「映画は本以上に好き! 要するに『物語』の世界にいつも浸っていたい人間なの」だと、山崎洋子さんは言う。

「だから自分でも書けるかなと思ってしまった。ほかに食べていく道が見つからなかった」
小説家になった理由を彼女はそう語る。

小説を書くことは、彼女にとって、自ら紡ぎだす「物語」の世界に浸ることなのかも知れない。

「本当は映画の脚本家になりたかったが、うまくいかず、あまり向いてるとは思えない小説家になった」というのが山崎さんの弁だが、1986(昭和61)年、デビュー作『花園の迷宮(講談社)』で第32回江戸川乱歩賞を受賞した。
 


「花園の迷宮(講談社)」は第32回江戸川乱歩賞を受賞


華々しい小説家デビュー以降、小説、エッセイ、ノンフィクションなど多数の著書を執筆。また、舞台の脚本・演出、バレエ・ミュージカルの原作も手がけるなど、多方面で活躍し、2010(平成22)年には、NHK地域放送文化賞を受賞している。



横浜には、小説の舞台として絶好の条件がある!

まずは、デビュー作となった小説の話からうかがうことにした。

―デビュー作『花園の迷宮』(江戸川乱歩賞受賞)は、昭和初期、横浜の遊郭を舞台にした作品ですね。ここを舞台にした理由は?
私は当時、横浜について良く知っていたわけではないのですが、夫が18歳も年上で横浜の人だったので、子どものころ、真金町辺りに遊郭があったという話は聞いていました。遊郭という和風なものと横浜とのミスマッチがおもしろいと思いましたし、応募作を書くには、他人が扱ってない題材を選ばなければというのもあって、調べて書きました。
 


「まさかデビュー作の舞台にした所のすぐそばに住むなんて」


―小説を書かれる時、どういったところから発想されるのですか?
私の場合は、あまりキャラクターからは入らなくて、時代背景や場所から入ることが多いです。シチュエーションから考えるのが好きなんですね。だから何度も横浜を舞台にしたんだと思います。横浜は、日本の人ならたいてい知っていてイメージが一つできていますから、舞台にしやすいです。幕末、明治、大正、昭和と書きましたけれど、横浜はホントに変化が激しいから怖いですね。

―2011(平成23)年に出された「横濱唐人お吉異聞」も横浜を舞台にした作品ですね。
唐人お吉が元町にいたという話がありますが、何の証拠もないんです。だから逆に小説にできたというところがありますが、歴史的背景は間違えないように一生懸命調べましたね。
 


明治初期の横浜にタイムスリップしたかのように、物語に引き込まれる


―横浜に関するものは何冊ぐらいあるのでしょう?
横浜に関するノンフィクションは3冊です。舞台が横浜でなければならないという小説は11冊ほどですが、短編集の中に何篇かあったり、ほかの小説にも横浜は大いに出てきますので冊数でくくらないでください。

―「ヨコハマ幽霊(ゴースト)ホテル」の舞台となったホテルについて、キニナルが寄せられていました。
古い怪しげなホテルが横浜に似合うなと思って、中華街にあるホテルという設定で書きました。本が出たあとで、似たような雰囲気のホテルを見つけてびっくりしました。
 


「ヨコハマ幽霊ホテル」の舞台は、以前取材した「オリエンタルホテル」のような雰囲気
 

観光客でにぎわう今の中華街



次のページでは、山崎さんと横浜についてのかかわりについて直撃!・・・次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

中華街でいちばん歴史が古いお店はどこ?

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

横浜市の歴史ある老舗そば屋さんはどんなところがある?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

【編集部厳選】なんでそんな名前にしちゃったの?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

まさかの展開!? 横浜DeNAベイスターズ夏の一大イベント「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」をレポート!

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

新着記事

京急と市営地下鉄の駅名が同じ「弘明寺駅」なのはまぎらわしい?

    • 面白かった128
    • 面白くなかった6
    • コメント2
  • 2019年02月17日

横浜の「観覧車」はコスモクロックだけじゃなかった!【編集部厳選】

    • 面白かった16
    • 面白くなかった4
    • コメント1
  • 2019年02月17日
求人掲載募集バナーA
イチオシ「住む」バナー
2月イベントカレンダー
--無料掲載案内--

はまれぽ編集部のイチオシ

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

上大岡駅前で“気軽な贅沢”。日本庭園と癒しの空間が自慢の「懐石 花里」はさまざまなシーンで利用できる

  • PR

お客様優先主義が魅力。相鉄線沿線の和田町や鶴ヶ峰、横浜国立大学周辺で自分にあった物件探しなら!

  • PR

「Tシャツ1枚からプリントします」デザインから製作まで一貫して請け負う「オリジナルウエア ブラスト」

  • PR

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

最新鋭ロボットの大活躍で、新鮮・おいしい卵誕生の現場に迫る!港南区「八千代ポートリー」

  • PR

忙しい主婦の皆さん注目! 気軽に頼める家事代行サービス「Copier」でたまには家事休業! 

  • PR

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • なぜ、横浜市「中央区」ではなく「中区」なのでしょうか???

  • なぜか横浜に無く東京駅に初出店していた崎陽軒の「シウマイBAR」、ようやく横浜駅東口のアソビルに入る...

  • みなとみらいのスポーツオーソリティーにランニングステーションがあるのを見つけました。ランニングステー...

あなたはどう思う?

そろそろ始まる花粉症シーズン。花粉症対策する?

最近のコメント

アクセスランキング