検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末

ココがキニナル!

元祖? 横浜銘菓 敷嶋あられが気になります。横浜高島屋にお店がありますが、横浜で一番古い あられ屋さんだそうです。老舗を是非取材してください。(yakisabazushiさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「嵯峨乃家本店」は創業1902年。横浜で一番古いあられ屋さんは、代々続く機械を大事に使い、手間ひまかけて、昔ながらの製法を守っていた

  • LINE
  • はてな

2015年12月18日

ライター:ムラクシサヨコ

南太田駅から嵯峨乃家本店へ

横浜で一番古いというお煎餅屋さん、敷嶋あられ「嵯峨乃家本店」を訪ねて、京急南太田駅へ。駅前は人もまばら。ゆったりのんびりした閑静な住宅地だ。
 


5分ほど歩くと、敷嶋あられの看板を発見。辿り着いた店の外観は意外にモダンなデザイン
 

店で迎えてくれたのは4代目の小野田伸行(おのだ・のぶゆき)さん。現在、3代目である父親と共に店の暖簾を守っている。早速、話を伺った。
 


4代目の小野田さん。店に代々受け継がれた味を守っている
 

小野田さんによると、「創業は1902(明治35)年で、同業者の一覧などを調べたところ横浜で一番古い煎餅屋のようです。私の曽祖父・小野田安次郎(おのだ・やすじろう)が始めました。曽祖父は京都の嵯峨野で『嵯峨』という旅館を経営していたのですが、それをたたんで東京に出てあられ屋を始め、その後横浜・福富町に移り、この店を始めました」とのこと。

創業当初は京都風のあられがなかなか受け入れられず苦労したそうだが、大正時代になると横浜松坂屋(当時は野澤屋百貨店)に納入が決まり、従業員も増えて急成長。昭和初期には、あられ屋だけでなく、「サボイア」という飲食店も開き、俳優の上原謙(うえはら・けん)とも親交があったという。
 


関東大震災後に完成した鉄筋4階・一部5階建ての野澤屋
 

ところが、戦争によって、店の状況は一転。2代目が出征し、店は休業を余儀なくされた。その後、戦災で店が全焼。復員した2代目は、店をやめる決意をしたという。

「祖父は、一度は別の職業に就くことに決めたのですが、回りの方々から、あられ屋を再開してほしいというお声をいただき、やはり店をやろうということにしたそうです。福富町の店は焼け出されたので現在この店舗がある場所で再開しました。再開に際して、長く工場で腕を振るってくれた金井さんという職人の力がどうしても必要だったのですが、戦争で行方不明になっていました。祖父は金井さんを探しまわりました」
 


嵯峨乃家ののれんを守るには、職人・金井さんの力が必要だった
 

横浜は空襲で焼け野原に。今のように情報手段がない時代に、職人・金井さんは生死も分からない状況だったと思われるが、2代目が見つけ出し、ふたたび工場に戻ってくれることになったという。金井さんは2代目、3代目に献身的な協力をして、嵯峨乃家本店の技を伝えた。金井さん亡き今も、4代目がその味をしっかり守っている。
 


1935(昭和10)年ごろの店舗。2代目が写っている
 

それでは、昔ながらの製法が守られているという工場に、潜入! 店舗のすぐ隣が工場だ。



年季の入った機械で手間ひまかける

小野田さんによると、「今はお米を粉に挽いたものを使うところが多いのですが、うちではお米屋さんから米を仕入れて、蒸してつくところから作っています。米は季節ごとに水分量などが微妙に変化します。米と水の量によってできあがりが違ってくるんですね。年間通してまったく同じではなく、微妙に違いが出てしまうところもあるかもしれません。それでも、それが自然のものなんです」
 


煎る前の段階のもの。この中に米の味がぎゅっと凝縮している
 

嵯峨乃家本店のあられの作り方は、簡単に言うと、蒸した米をつき、形にして乾燥させ、それを煎って、しょうゆをつけるという流れ。60年以上使い込んだ煎り機で生地を煎りあげる。
 


これが煎あられになる前の状態。これを煎って出来上がる
 

このトレイに生地を置いて加熱する
 

この突起にあられがぶつかってひっくり返り、均一に熱が回る
 

しょうゆは小豆島産の生しょうゆをはじめ、複数使用。ブレンドして、コークスと鉄の羽釜で炊き、砂糖を入れて炊き上げ、最後に葛を入れてとろみをつける。「原料はしょうゆと米だから単純。うまさは原料と心の込め方」なのだという。
 


不思議な形の機械。「昔からある機械をずっと使っています」とのこと
 

あられの種類によって、乾燥の日数や火加減などは変わってくる。この一連の作業は昔ながらの製法で、手間と時間がかかり、最近の大きな工場ではやらないようなことなのだとか。

見学させていただいたときは作業終了後だったが、稼働中はかなりの熱が出るという。今の時期でも室内は30度、真夏だと40度近くまでなり、大変なのだそう。できあがったあられは次々と一斗缶につめられ、少し寝かせた後、パッケージングされる。
 


しょうゆが丸みを帯びる=「枯れる」という。枯れたあられがおいしいのだとか
 

「出来上がったあられは、出来立てよりも時間がたったものがおいしいんです。時間が経つにつれて、しょうゆが生地となじんでいき、丸みを帯びた味になります。私たちは、これを『枯れる』といいます」

「『しっかり、しょうゆの味をつけて枯れるのを待つ―』これが私たちが守っているやり方です」

最近は全体的に、薄味が好まれることもあって、昔よりはやや薄味にしているというが、製法そのものは昔から変えていないという。


老舗の味を堪能する!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

かつてあった伊勢佐木町の名門・野澤屋。その栄枯盛衰を教えて!

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

オススメの横浜土産ってなに? Vol.2

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

初回から大波乱!はまれぽ的『デカ盛り』発掘!

横浜愛あふれる店でリーズナブルに横浜の味を! 屋台のように気楽な雰囲気で、楽しくわいわい飲める居酒屋

  • PR

横浜で楽しくビールが飲めるところはどこ?

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

新着記事

神奈川県がワインの生産量日本一って本当? その理由とは

    • 面白かった139
    • 面白くなかった0
    • コメント1
  • 2018年10月15日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

良い家があるから人は育つ。パナソニック創業者の遺伝子が根付く「ビューノプラザ横浜」

  • PR

ベテラン講師が基礎から徹底指導。横浜駅のボイストレーニングスクール「プライズエンターテインメント」

  • PR

真の健やかさと充実した生活への自分づくりを手に入れる、東戸塚の「極真カラテ 神奈川県加藤道場」

  • PR

患者さんの痛みと向き合い、快方へと導く確かな腕。泉区「白百合治療院」

  • PR

思わず働きたくなる! 社員満足度ナンバーワンを目指し、業界の“当たり前”に挑戦し続ける横浜の運送会社

  • PR

信頼できる薬剤、確かな知識に基づくフォローでセルフホワイトニングできる「ホワイトニングスター」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市の指示通り、プラごみの分別を徹底していますが、そのプラごみが結局どうリサイクルされているかは誰...

  • 今年も小机城趾市民の森にて10月27日(土)に17時~20時に竹灯籠まつりが開催されます。5,000...

  • 関内にある梅香亭が閉店してから、かなり経ちますがまだ店が時間止まったように建物ごと残っています。なる...

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント