検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末

ココがキニナル!

グループサウンズのザ・ゴールデン・カップスが来年で50周年になるので、スタート地点の本牧のゴールデン-カップを取材してください。(tatsuyaさん、Ryo.ACさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

1964年にオープンしたレストランバー。刺激を求める日本人の若者と、米兵らであふれた。専属バンドが「ザ・ゴールデン・カップス」としてデビュー!

  • LINE
  • はてな

2015年12月20日

ライター:大和田 敏子

以前「本牧の夜のディープなスポットはどこ?」という記事を書いた。

その中に「本牧の深夜営業の酒場で、昔からあるゴールデンカップとブギーカフェを店舗情報で紹介して欲しい」というコメントが寄せられていたが、諸事情でブギーカフェの取材はNG。

でも2014(平成26)年、ゴールデンカップは開業から50年を迎えた。これまでの50年の歴史を振り返りながら、どうしてもお話を聞きたい! ということで、ゴールデンカップでゴールデンカップスのお話を伺うことに。
 


にぎわっていたころの本牧の様子をもっと知りたい!

 
1960年~70年代、本牧は欧米文化を発信する最先端の街。当時からある名店の今昔を、何度か記事にさせていただいている。

リキシャルーム」「イタリアンガーデン」「アロハカフェ」・・・。

そして、今回はついに「ゴールデンカップ」だ。ちなみに、当時と同じ場所で営業を続けているのはゴールデンカップのみのようだ。
 


は現存していない店舗、米軍住宅地区は1982(昭和57)年返還

 
緊張が半端ではない。何と言っても、あの北野武さんが「憧れていたけど、怖くて入れなかった」(音楽ドキュメンタリー『ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム』で証言)という「ゴールデンカップ」なのだから。

本牧2丁目のバス停で降りて、ほんの少し元町方面に戻ると・・・
 


カラフルに点滅するライトに縁どられた「Golden Cup」の看板が見えた
 

昔の写真やライブスケジュールなどが貼ってある壁沿いに歩き・・・
 

入口へ
 

入るともう1つ、閉じられたドアが!

 
ちょっと無理、入れない・・・。取材でなかったら、きっとこのドアを開けることはなかっただろう。
勇気を出してドアを開けると、迎えてくれたのはオーナーの上西四郎(うえにし・しろう)さん。「お写真OKですか」と尋ねると・・・
 


「見合い写真に使うからきれいに撮ってよ!」と上西さん

 
気さくな方で良かった!
まずはオープンした経緯を伺うことに。

上西さんは京都の出身で、もともとは婦人服関係の仕事をしていた。1964(昭和39)年、知人の紹介で横浜に出てきた時は、そうした仕事をするつもりだったそうだ。

当時はベトナム戦争の最中、本牧には米兵があふれていた。
「米兵を相手にする商売をするのもいいかなと思うようになった」と上西さん。「イタリアンガーデン」に行く機会も度々あり、その雰囲気の良さを気に入り、こういう店をやるのがいいかなと思うようなったという。

そうして1964(昭和39)年12月7日、「GOLDEN CUP」をオープン!
 


オープン当初のゴールデンカップ(ゴールデンカップHPより)

 
店名の由来を伺うと「カップルでしか来られない店にしようと『カップル』とつけようと思った。それをもじって『カップ』に。頭にかっこよく『ゴールデン』ぐらいつけとけってことで『ゴールデンカップ』にした」と上西さん。
 


オープンから数年後(ゴールデンカップHPより)

 
開店当時はジュークボックスで音楽をかけていた。アメリカから直接レコードを買い付け、1週間前にアメリカで流れた音楽をすぐ店で流すことができたという。当時、洋楽の新曲が入ってくるのに半年ほどかかった日本の中で、ここには最先端の音楽があった。
 


当時からあるジュークボックス。今も音が出るそう

 
営業は午後6時から午前5時まで。1晩に140人から150人が来店する店だったという。 

ベトナム戦争の最中、客の多くは戦闘と戦闘の合間の休暇を本牧で過ごす、19~23歳くらいの米兵たち。
上西さんいわく「ケンカは大なり小なり毎日。ビール瓶や灰皿が飛び交って、まるで西部劇の中のようやった」とのこと。
 


当時の雰囲気の伝わる写真が店のいたるところに

 
そのころ、山下町には巨大なナイトクラブ「ゼブラクラブ」があり、ほかにも「シーメンズクラブ」や中華街には将校クラブ「チャイナクラブ」などがあった。

それら米軍が経営するクラブが午前0時に閉店すると、まだ飲み足りない米兵たちは中華街か本牧に行くしかない。午前0時前までは米兵と日本人客が半々くらいだが、その後はすっかり客が入れ替わり、店内の客のほとんどが米兵だったそうだ。
 
 
「ザ・ゴールデン・カップス」が誕生!≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

矢沢永吉ファンの熱すぎる店主のいるラーメン店と焼き鳥店に突撃

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

イトーヨーカドー本牧店裏にある謎の巨大なスペースは?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

京急黄金町~日ノ出町の高架下に「タイヤ付きホテル」が出現! 「タイニーズ」の狙いとは?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

横浜赤レンガ倉庫が草花で埋め尽くされる「FLOWER GARDEN」の様子をレポート!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

新着記事

東神奈川の傾いた家、所有者が代執行間近に現れたため一時中断

    • 面白かった226
    • 面白くなかった12
    • コメント2
  • 2018年10月16日

台風の塩害で「横浜三溪園」の紅葉がピンチ? 秋まで尾を引く災害の爪痕とは

    • 面白かった86
    • 面白くなかった1
    • コメント2
  • 2018年10月17日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

決して周囲への配慮を忘れない。常に「顧客」の気持ちに立って工事を続ける「横浜総合建設株式会社」

  • PR

中古マンション×リノベ!余裕をもって自分らしいマイホームを作る「リフォーム不動産 横濱studio」

  • PR

財産を「負の遺産」にしないために! 相続税の相談・対策なら、関内駅徒歩2分の「北川孝税理士事務所」

  • PR

安くてハイクオリティは当然! エンターテイメント性で思い出の引っ越しを演出する「スター引越センター」

  • PR

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

徹底した車内クリーニングは掃除のプロもびっくり!車は友達!「友車倶楽部」

  • PR

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

  • PR

残業後でも間に合う! お手入れしやすいヘアスタイルをトップレベルの技術で実現する「TAKASHI」

  • PR

「海見え」「海近」物件多数! 通勤可能な海辺の住まいなら「湘南海辺不動産株式会社 湘南辻堂不動産店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 東急沿線なのに、なぜバスは東急が走っていないの?

  • 鴨居駅前は、細い道ですが、今後、発展しないの?

  • 野毛町2丁目の一区画がマンション建設の為ほぼ更地になりましたが、県道沿いにある不動産屋の建物がポツン...

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント