検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

神奈川新聞花火大会が来年から当分「休止」との報道がありました。毎年楽しみにしていたのに残念。詳細と今後の再開の可能性をレポートしてください(そうてつボーイさん/うまんちゅさん/白楽の伯楽さん)

はまれぽ調査結果!

安全上の問題より休止が決定。再開の見込みや開催地の変更は未定

  • LINE
  • はてな

2016年08月25日

ライター:はまれぽ編集部

夏の夜空を彩る花火は風物詩として人の目を楽しませており、とりわけ全国屈指の規模を誇る「神奈川新聞花火大会」は横浜市民に季節を感じさせる一大行事だ。
 


横浜港に大輪の花


ところが、2016(平成28)年8月24日、主催である神奈川新聞実行委員会より衝撃の発表があった。
 


当面とはいつまでのことなのか


神奈川新聞社の発表によると、休止の理由は以下のとおりとなっている。

「空き地の減少による安全の確保が困難となり、緊急の際に警察・消防が迅速に対応できない状態になった」「立ち入り禁止区域の侵入者がいたことと、道路の座り込みなど観覧マナーが悪い人がいたこと」、以上の問題点を「関係各所」に指摘された、とのこと。

当たり前のように毎年開催されると思っていた人も多いかもしれない。まさに寝耳に水とはこのことだ。

休止となった背景に、一体何があったのだろうか。詳しい内容を伺うため、主催である神奈川新聞花火大会実行委員会のある神奈川新聞社へあらためて直撃取材した。
 


神奈川新聞本社屋がある横浜メディアビジネスセンター




主催側の意見

神奈川新聞社クロスメディア事業部企画推進室副室長の長倉さんに、歴史や近況、また休止になった理由を伺った。

神奈川新聞花火大会は、1986(昭和61)年、山下公園前海上を舞台にスタートした商工会議所が主催していた「国際花火大会」に続き、横浜の夏の催事を盛り上げるという目的で開始。1995(平成7)年の第10回以降から現在の会場へ移転し、2016年で31回を迎えた。

ここ3年の来観者数は19万人を超え、横浜市民だけでなく他県からも多くの人が訪れるようになったという。
 


2016年の臨港パークの様子。打ち上げ数時間前からこのひとだかり


はまれぽでも今年度の様子を取材したが、2015(平成27)年の時のように交通トラブルにみまわれることもなく、おおむね観覧者は満足し問題ないように見えた。しかし、神奈川県警の見方はそうではなかったという。

「マナーが守れない方が立入禁止区域に入り込んだり、道路に座り込んだりしたことで、緊急車両の通行が不可能になるのではないか、という指摘をいただきました。以前よりご指摘はあったのですが、年々増える来場者を予測し、休止に踏み切りました」
 


禁止にしている意味を理解しない人もいる
 

道路に座り込む行為は確かにいけない


マナーが悪い観覧者がいることは想定可能だが、以前より神奈川県警から指摘があったということは、市民は知らなかったのではないだろうか。指摘の内容についてさらに話を伺う。

「2011(平成23)年の東日本大震災の際、関東近郊の花火大会で中止になった会場もあり、来場者が増えました。それだけではなく、2012(平成24)年から打ち上げ数が約8000発から倍の約1万5000発強に増えたことでさらに来場者も増え、安全面に対して懸念があるとされたようです。さらに、空き地も減少し、ますますその気運が高まりました」
 


みなとみらいには空き地が減っているという


2016年の花火大会の終了直後に発表したのは、ホテルなどの観光を収益としている施設への影響を懸念し、できるだけ早めの公表をしたかった、とのこと。
 


1年に一度しか見られない景色を楽しみにしている人も多かっただろう


ここまで伺い、どうしても休止という事態にならざるを得なかった事情はのみこめた。

続いて、報道を受け誰もが思っただろう質問をぶつけてみる。

「再開の見込みは?」「場所を移転して開催の予定は?」

神奈川新聞社の回答は「いずれも未定」。これから模索する、とのことだ。
 
 
関係者や市民の声は? キニナル続きは次ページ!≫

 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

公募で決まったという「みなとみらい21」の名付け親は誰?

おかえり「FREEWAY428」! 横浜発のアパレルブランドが元町に帰ってきたぞ〜

  • PR

資生堂がみなとみらいに研究開発施設を建設! 詳細は?

「Tシャツ1枚からプリントします」デザインから製作まで一貫して請け負う「オリジナルウエア ブラスト」

  • PR

2016年第31回神奈川新聞花火大会の様子をレポート!

成人式の振袖選びから式当日まで、横浜みなとみらい駅直結の「ぷりずむ館」にすべておまかせ!

  • PR

横浜にこんなすごい会社があった!Vol.9「世界初、商用ベースのLED植物工場に成功の株式会社キーストーンテクノロジー」

職人さん全員集合! 安さと納車速度に絶対の自信を持つ、軽バン中心の中古車ショップ「Cars 4U」

  • PR

新着記事

相模原の相模川沿いに点在する「ヤツボ」という水場の正体とは?

    • 面白かった94
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2019年05月24日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった89
    • 面白くなかった0
    • コメント1
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

臨床歴17年。延べ8万人以上の豊富な経験と口コミで評判の整体院

  • PR

美女は目でキマる! 「まつ毛」で”オンナ”を上げたいあなたは上大岡へ

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

日本「シウマイ」販売の元祖「博雅亭」の味を引き継ぐ「博雅のシウマイ」に密着! アレンジレシピは必見!

  • PR

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

相鉄線沿線で発見! 鯖江産など全フレーム「30%OFF」のお洒落眼鏡ショップ。時計修理もリーズナブル

  • PR

保険選びはもちろん、金融全般の相談にも乗ってくれる保険ショップ「保険ラウンジ トレッサ横浜店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング