検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

田園都市線・藤が丘駅前の目立つ噴水ってどういう経緯でできたの?

ココがキニナル!

青葉区の藤が丘駅前のバス停付近に、昔から噴水がありますが、作者、建設経緯など是非取材してください。キニナル。(にゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

1966(昭和41)年に路線の延伸を記念して、志水晴児氏によって作られた作品だった。残念ながら現在は噴水としては稼働しておらず、再開の予定もない

  • LINE
  • はてな

ライター:田中 大輔

しかし、残念ながら・・・



さて、この「掌の家族」だが、現地で写真を撮りながら水が景気良く噴き出す瞬間を待っても、一向に噴水らしい姿を見せてくれない。不思議に思い地元の人に聞いてみると「今は噴水としては動いていないんじゃないか」という答えが返ってきた。

もう長いこと稼働しているのを見たことがない、とのことで噴水としての役割は果たしていないのだろうか。
 


池には水が張られていて、今にも水を噴き上げそうだが・・・


東急に尋ねてみると「2008(平成20)年度までは稼働していたんですが、今は動かしていないんです」と、ちょっとさびしい答え。

その理由は、維持費削減のため。
横浜市内の噴水は撤去が進んでる!? 噴水を取り巻く事情を調査!」でも取り上げた通り、噴水というのはとかくお金がかかってしまう施設でもある。水道代はもとより、ポンプの電気代や水質を保つためのお金、メンテナンスにも費用がかさむ。

そんな「きれいだけどお金がかかる」という噴水の宿命を背負っているのは「掌の家族」も同じようで、もう4年以上も動いていないことになる。
機能としては動かすこともできるそうだが、現時点では再開の予定はなし。
 


植え込みの片隅にはこんな機械も。「噴水制御盤」と書かれている


というわけで、今となっては噴水というよりも、石のモニュメントといった趣が強いようだ。



取材を終えて



周囲をたくさんの緑に囲まれ、今でも池に水を湛えている「掌の家族」。
実際に見ると分かるが、なかなかの存在感を放っている作品ではある。それだけに動いている姿を見てみたかったものだ。ちょっと残念だが、費用の問題ばかりはどうしようもない。
 


暮れなずむ街に映える「掌の家族」


それでもあのモニュメントは、藤が丘駅のシンボルとして存在感を示し続けている。
開業当時から47年間、駅前の風景を彩り続けた「掌の家族」は、噴水としては動かなくとも、今後も変わらず人々の生活を見守り続けていくのだろう。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

はま旅Vol.56「藤が丘編」

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

山下公園のモニュメントの歴史とモチーフを教えて!

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

戦後、横浜にもあった「外食券食堂」の歴史が知りたい!

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

綱島街道沿いマンションの1Fに神社がある!?

横浜屈指のパワースポットを目指して、眺望も楽しめる「LM総合法律事務所」

  • PR

こんな記事も読まれてます

みなとみらいエリアで導入される「連接バス」って?

美容医療とエステのコラボ!? 横浜で美白やリフトアップなら「テティス横濱美容皮膚科」

本日梅雨入りした横浜。2014年の降水量は? おすすめの雨の日グッズはどんなのがあるの?

振り込め詐欺被害防止マジックを披露する、防犯エンタ-テイメント集団「GIFT」の正体は?

アプリまである? 横浜市のご当地体操「はまちゃん体操」ってなんだ?

ハマスタ約9個分? 戸塚区で進む「舞岡リサーチパーク」構想とは?

ありがとう片瀬江ノ島駅!2020年5月に「竜宮城」がパワーアップしてカムバック!

戦後、横浜にもあった「外食券食堂」の歴史が知りたい!

新着記事