検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

毎回変わる看板? 都筑区のまるで秘密基地のような「看板市場」ってどんなところ?

ココがキニナル!

都筑区佐江戸町中原街道沿いにある、「看板市場」が気になります。時々看板が変わるので、毎回楽しみなんです!(てるてる坊主さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

看板市場はお店の認知度を上げようと、「面白いことを仕掛けていこう」という意図で看板のかけ替えをする看板屋さん。間隔は約3ヶ月から半年。

  • LINE
  • はてな

ライター:細野 誠治

秘密基地に潜入!



今度は工房の方を覗いてみよう。どんなところで製作されているんだろう?
受付の奥に足を踏み入れてみる。
 


工房内。工具や製作途中のものが沢山。


何となく学校の美術準備室を思い出す
 


案内頂いた企画営業の、新飼晴彦(しんかいはるひこ)氏。前職は映画美術さんだったそう


作業中だった製作物を見せていただくと・・・クライアントの歯科医院の看板を照らすライトに羽根を取り付けていた。
 


ライトに天使の羽根があってもいいじゃないか! と鋭意製作中!
 

木の立て看板。これから墨書をするそうだ


ここで看板市場の遊び心が爆発。もっと見せてもらう。
売り物ではないものの「面白いものを」という気持ちで、看板製作の合間に造られた逸品がそこかしこにある。
 


木目調&ミラーボール調カラーコーン。


非売品ながらミラータイプは4万円でお譲りするそうです
 


モルタル塗りされたスクーター。看板市場ではこの様な“経年仕様”などお手の物!


この工房、男の子というか男子ならきっと、みんなワクワクするんじゃないだろうか? 秘密基地のような、何か凄いものができそうな気がする。
 


秘密基地のような、ワクワクするお店


看板の製作費はピンからキリまでで、予算に応じて対応。すべてが一品物だけに、シンプルなものから凝りに凝ったものまで請け負ってもらえるという。

新飼氏にお礼を言って工房を後に。再び安井氏に話を聞く。
こちらの看板市場、従業員は9名。中途採用された方が多く、さまざまな業種を経験した者が集まっている(新飼氏の映画美術などいい例だ)。

「モノ作りが大好きである」ことを除けば皆が異業種出身。そんなメンバーが集まって、面白いことを仕掛けているそう。
「とにかく看板を作りたいという方が居れば、じっくりとお話を聞きます。どうしたら目立つか、目を惹くか。とことんヒアリングをして具現化します」と安井氏。 
相談は無料。顧客のイメージを聞いて、皆で考えて形にしていくと言う。
 


かつての看板その5/スマイル


一度、設置をしたら(普通は)外さない、外されてはならないのが看板。
破損などを除き短くても5年、10~15年間はその店を彩る看板。流行に敏感な店などは頻繁に看板の付け替えをするそうだが、それでも次にお世話をさせていただくまでかなりの時間が経過する。
「(ウチでは)長いお付き合いをさせて頂きたいので、挨拶状やメンテナンスはもちろん、そのお店のステッカーなどを製作してお渡しするなどしています」
 


ホンの一例“商売繁盛”ステッカー


このステッカー製作、車のボディに貼るものやバイクチームのエンブレムステッカーなども請け負っており好評を博しているそうだ。
(持ち込んだデザインや、イメージを伝えて製作する)
 


取材を終えて



すごく楽しいお店。記事で何度も言ったが、ワクワクがあるお店だ。
商売を営んでいないと、看板というものに接する機会はほとんどない。それでも、みんなに知ってほしい、楽しんでほしいという気持ちが強く伝わってくる。

看板とは、何かを伝えるメッセージが詰まったものだ。取材をした看板市場の看板は、間違いなく伝えたいものを、しっかりと私たちに伝えてくれていると思った。
 


かつての看板その番外編。産業フェアに出店したときの、看板市場の看板


楽しい取材だった。そして次のGW近くに掲げられるであろう看板が、今から待ち遠しい。
もっと見たいです、看板市場さん!
 




―終わり―
 
【看板市場からプレゼントのお知らせ】
記事中に登場した看板市場謹製“商売繁盛ステッカー”をはまれぽ読者20名様にプレゼント致します。

ご希望の方は、お問い合わせフォームより、以下の情報と希望商品を明記のうえ、ご応募ください。
お名前:
ご住所:
連絡先(電話番号):
希望商品名:
 
株式会社 看板市場
住所/横浜市都筑区佐江戸町220
電話/045-938-5707
URL/www.kanban-ichiba.co.jp
営業時間/9:00〜18:30
定休日/土・日・祝日
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • ここ、昔まだ中原街道が狭かった頃はリサイクルショップでしたね。そのリサイクルショップでは色々面白いものがあり、購入もしました。

  • 前のアニメキャラは自社で描いたのかな?痛車とかやってもらえないですかね?何かやってくれそうな気がしましたね。

  • 看板娘は4代目だけアニメキャラで他はモデルさんですが、看板娘の歴史についても聞いて欲しかったですね。個人的には3代目の「こっちみて」が印象に残ってます。

もっと見る

おすすめ記事

横浜なのに市外局番が044?看板に残された電話番号の意味は?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

綱島にあるコンセプトを詰め込みすぎた看板を掲げた謎のお店とは

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

横浜「1000ぶら」商店街探訪Vol.34 納涼企画!海風香る金沢センターシーサイド名店会で七福(729)神を勝手に認定

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

店主が「ヒゲだるま」!? 店頭に先代の顔が飾ってある伊勢佐木町の田中薬局にライター・クドーが突撃!

女子ウケ抜群♪ 串揚げ×ワインでオシャレにいただくのがハマのスタイル!「串揚げとワイン はち」

  • PR

こんな記事も読まれてます

サプライズ盛りだくさんの横浜DeNAベイスターズ5周年イベントの様子をレポート!

【編集部厳選】海開き記念! 今年もやりますあの企画!

【海NEWS 2014】横浜赤レンガ倉庫が南国に変わる!Red Brick Resort 2014をレポート!

鮭があるからイクラも? 磯子区のお寺にある謎の大きな慰霊碑「鮭塚」の正体は?

【編集部厳選】お花見のお供にどうぞ! 和洋の個性的なスイーツを集めました

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2012年3月15日~3月21日)

ヒトも大量発生チュウ! 2018年の「ピカチュウ大量発生」による、みなとみらい周辺の混雑状況は?

横浜「1000ぶら」商店街探訪Vol.34 納涼企画!海風香る金沢センターシーサイド名店会で七福(729)神を勝手に認定

新着記事