検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

岸根のエッソ隣にあるトントンという店名だけで業種が理解できるお店が気になるのですが、車を止められないままいつも通り過ぎてしまいます。是非調べていただきたいです(ぷさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜が大好きな洋食出身のご主人が作り出すリーズナブルでおいしいトンカツを提供する「豚2(とんとん)」は常連さんに愛される温かい雰囲気の店

  • LINE
  • はてな

2014年04月17日

ライター:はまれぽ編集部

ソースも手作り! 一番人気メニューは?

取材時はランチタイム終了後だったが、当日のメニューはこんな感じ。
 


毎日4種類

 
AランチとBランチ、カレーは定番だが、Cランチは週に数回変更する。特にAランチの特製ソースはデミグラスソースにトマトやワイン、バターなどを加えた「シャスールソース」を使用しており、矢口さんの洋食の技術が詰め込まれた逸品だ。また、「カツカレーにしてほしい」などといったわがままも聞いてくれる。

夜メニューにも「豚の角煮とビーフシチューを合わせたものを揚げたイメージ」という「とろとろかつ(1200円)」という洋食テイストが強いメニューもあるが、男女ともに人気が高い「大葉とチーズのヒレかつ包(1200円)」を注文することに!
 


これが「とろとろかつ」
 

写真付きメニューは初めての人でもイメージしやすいようにとの心遣い

 
普通に食べてもやわらかい部位であるヒレ肉を丁寧に下処理して、さらに柔らかく仕上げる矢口さん。
 


「堅苦しい」コック服でなく前掛けで
 

いざ、衣をまとって油の中に!


待つこと約10分。遂にお目見えした「横浜とんかつ」がこちら!
 


マヨネーズじゃないです。チーズです!

 
もう、見た目で間違いなくおいしい感じがする。そして、さりげないところにも「目でも料理を味わってほしいんです」という洋食出身の矢口さんならではのこだわりが。

カイワレの「青(=緑)」をまとったキャベツの「白」とトマトの「赤」、レモンとカラシの「黄」でトンカツの「茶色」を際立たせる。キャベツを山盛りにするのは、料理を立体的に見せるためなんだそう。
 


ものすごく色鮮やか!


そして、卓上のトンカツ用ソースも手作り。詳しい配合は「企業秘密」だが、2日間じっくりかけて煮込んで作られたソースは、それだけでも「ご飯のおとも」になりそうな風味。
夏は限定メニューとして、そばつゆと大根おろしのソースを作っているが、そのあまりのおいしさに「おろしソースだけ売ってほしい」と言われたことがあり、100円で提供したという話も。

と、あまり長々と話していると料理にも作ってくれた矢口さんにも失礼なので、アツアツのうちにいただくとしよう。
 


自家製ソースもたっぷりつけて

 
少し酸味が効いた力強いソースとヒレ肉の上品なうま味に濃厚なチーズが溶けあう。しかし、それでどっしり重いのではなく、中の大葉が清涼感を与えてくれるという計算しつくされた、まさに至極の味。
お米は山形県産の「つや姫」という、その名の通り艶があって粒が大きく、甘みのあるブランド米を使用。日替わりの小鉢と赤だしも、いいアクセントになっている。
 


ご飯、キャベツ、赤だしはおかわり自由!

 
あまりのおいしさに、一気に完食。と、ここで、もう一つ忘れていた重大なことを矢口さんに聞いてみる。

―なんで「横浜とんかつ」って言うんですか?
「特に理由はないんだよね。食材も、横浜産の豚肉というわけでなく、その日によって産地が違うし」
―えぇー?

まさか、ただの思いつきだなんて・・・と思っていると、「あ、でも」と矢口さん。
「ずっと都内で働いていて、地元でお店を開けたっていう思いはあるかな。それに、『横浜』っていう言葉が好きなんだよね。でも、それだけだよ」と笑顔で話してくれた。



取材を終えて

「横浜っていう言葉が好き」。それだけで、「横浜とんかつ」を名乗るには十分な理由だと思う。そして、店名について実はもう一つエピソードが。

「とんとんって名前にしちゃったからかな。売り上げも、とんとん(=収支の差がほぼないこと)なんだよね。もう一つ『とん』をつけておけば、『とんとんとーん』と(売り上げが)あがったかもね」と冗談めかしながら話す矢口さん。

横浜が大好きな、ハマっこが温かい雰囲気の中で作る「横浜とんかつ」。ぜひ一度、足を運んでみては?


―終わり―

 
横浜とんかつ「豚2(とんとん)」
所在地/横浜市神奈川区六角橋6-2-52
電話/045-491-6655
営業時間/11:00~L.O14:30(ランチ)、17:00~L.O20:30(ディナー)
定休日/火曜日、第3月曜日
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • とろとろかつがキニナった

  • ここは味噌汁が異常にうまい

  • とんとんさん、お邪魔してきました。サックサクの衣に柔らかいお肉でとても美味しかったです。ランチセットは本当にお値打ちです。持ち帰りもお願い出来るのでまた行こうと思います。

もっと見る

おすすめ記事

久保山墓地近くのお寺にいるブタちゃんの正体は?

特典あり

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

横浜市内のアットホームで美味しい洋食屋さんは?東横線編

特典あり

本場・大阪の味を横浜で! 料理のプロもうならせる、お好み焼き&近江牛「粉もの元次」

  • PR

ライター松宮が体を張って検証!野毛の三大にんにく料理をはしごすると、臭いはいつ消える!?

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

野毛には、リアルな深夜食堂がある?

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

こんな記事も読まれてます

とんかつ界に革命を起こす? 横浜の老舗のとんかつ店「美とんさくらい」に突撃!

横浜市中央卸売市場「BAM・BAM番長」名物「ねぎとろ番長」

弘明寺の謎の店「弘明人」でうっかり絶品カレーを食してびっくり!

横浜市内のアットホームで美味しい洋食屋さんはどこ?「東急東横線沿線」編 第2弾

横浜で美味しいうなぎが食べられるお店はどこ?

酒場のメッカ、野毛にある個性的なお店はどこ?

横浜最古の酒場はどこ!?

ライター松宮が体を張って検証!野毛の三大にんにく料理をはしごすると、臭いはいつ消える!?

新着記事

はまれぽ編集部のイチオシ

豊富な経験をもとに不動産や相続の悩み解決をサポート。明るく前向きな社会づくりの活動にも注目!

  • PR

ハマの最旬スタイルは横浜・伊勢佐木町にあり!

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

頭金10万円で中古マンションが買える!? 常識を打ち破る独自のシステムとは?

  • PR

独自メソッドで楽しく習字! 幼児でも汚さず書ける“水の毛筆”で字がきれいに!「ふでともかきかた教室」

  • PR

穏やかな語り口の中にある熱い思い!「子どものいない夫婦における遺言書作成の大切さ」を説く!

  • PR

成人式の振袖選びから式当日まで、横浜みなとみらい駅直結の「ぷりずむ館」にすべておまかせ!

  • PR

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

企業のヒトにまつわる問題解決を担い、企業の長期発展とともに笑顔をもたらす「横山社会保険労務士事務所」

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング