検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

“中華街カレー” ブームのパイオニア! 横浜中華街の老舗店で50年以上前から提供している絶品カレー!

ココがキニナル!

中華街近辺にカレー屋が複数出店していますが、メニューにカレーを載せている店、裏メニューでカレーを出す店も多いので、中華街でカレー特集をまたやってみては?(bjさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

中華街カレーブームの先駆けともなった「同發本館」と「北京飯店」の歴史あるカレーをご紹介。そのちょっとキニナル調理法も大公開!

  • LINE
  • はてな

ライター:菱沼 真理奈

朝陽門とともにそびえる北京料理の名店「北京飯店」

中華街の老舗の絶品カレー、お次は朝陽門(東門)前の北京料理店「北京飯店」さんから。
 


朝陽門前に堂々たる姿で建つ店舗ビル


1955(昭和30)年の創業以来、北京・宮廷料理の伝統の味を提供する北京飯店。看板メニューの北京ダックから気軽な麺料理まで多彩なメニューをそろえ、小籠湯包(ショウロンタンタオ)をはじめとする手づくりの饅頭類にも定評がある。
 


肉汁あふれる一番人気の小籠湯包(3個600円・8個1500円<税別>)
  


シックで落ち着いた雰囲気の1階フロア
 

宴会や会食にもぴったりな2階フロア


ちなみに風格ある店名のロゴは、あの中国のラストエンペラー愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)の親戚にあたる書家・溥儒(ふじゅ)氏が記したものだとか。
 


看板の右端に「溥儒」の署名と印がある


そんな北京料理の老舗が提供するカレーがこちらの2品。創業時から続く定番メニュー「牛ヒレ肉の中華カレーライス」と「鶏肉の中華カレーライス」だ。
 


牛ヒレ肉の中華カレーライス(1500円・税別)
 

鶏肉の中華カレーライス(1200円・税別)


ところで、なぜ北京飯店では50年以上前の創業時からカレーを提供していたのだろうか? 

同店3代目常務の奥様として店を切り盛りする王子惠真(おうじ・えま)さんによると、「先々代の創業者・王子烈(れつ)が外交官をしていたため、外国人のお客様も多くいらっしゃることから、海外の方にも親しみのあるカレーをメニューに加えたのだと思います。また、カレー粉自体も排骨などの味付けに使われる中華料理の身近な調味料でした。そこから当店の『牛ヒレ肉のカレー炒め』という一品料理が生まれ、その味をお一人様でも気軽に楽しんでいただけるよう、ご飯を添えたのが始まりと聞いています」とのこと。
 


牛ヒレ肉のカレー炒め(2~3人前2800円・4~6人前4200円<税別>)
 

一品料理「ピリ辛ナス炒め」を気軽に味わえる麺メニューも人気(1200円・税込)


また、中華街でカレーを提供している“意外性”いう点でメディアにも注目されやすく、特にここ1~2年はテレビや新聞などの取材が一気に増えたそうだ。そうした各メディアからの発信が、最近のカレーブームのきっかけになったのでは……と王子さんは話す。
 


中華街コンシェルジュも務める王子惠真さん




あっという間に2品のカレーが完成

そして、こちらでもカレーの試食を前に、作っている様子を見せていただきたいと王子さんに願いしたところ、「ぜひどうぞ」と快くOKしてくださった。やはり中華街のお店の厨房にお邪魔できるのは貴重な体験だ。中華街マニアの筆者としても、ますますテンションが上がる。
 


カレーを作ってくださったコックの温(おん)さん


牛ヒレ肉の中華カレーライス・鶏肉の中華カレーライスともに、基本的な作り方は同じ。油通しした肉とタマネギを炒め、独自にブレンドしたオリジナルのカレー粉・鶏ガラスープ・調味料・水溶き片栗粉を加え、サッと炒め合わせて完成。

味の決め手は、半日かけてじっくりダシをとった同店自慢の鶏ガラスープ。上質な肉の旨みと食感を生かすために、具材を煮込まず短時間で手早く仕上げ、牛ヒレ肉のカレーは醤油、鶏肉のカレーは塩で味を調えているそうだ。
 


具材の牛ヒレ肉とタマネギ
 

具材の鶏肉とタマネギ


「じゃあ、さっそく作るよ。あっという間にできちゃうから、見逃さないでね!」と温(おん)さん。「え~、そんなに早いの??」と身構えつつ、ちょっとワクワク&ドキドキ。
 


まず、油通しした肉とタマネギをササッと炒め、
 

カレー粉・調味料・鶏ガラスープを加えて炒め合わせ、
 

水溶き片栗粉を加えて手早く火を通し、
 

ご飯の上に盛り付けて完成


温さんの言葉通り、完成までの調理時間は何と2分弱! まさに、あっという間のスピード技である。先にご紹介した同發本館のカレーもそうだったが、中華スタイルのカレーは作り置きせず、煮込まないのがポイントのようだ。

中華料理の炒め物は強火でサッと炒め合わせたものが多いが、カレーも中華では炒め物のひとつなんだと妙に感心してしまった。
 


琥珀色のソースをまとった艶やかな牛ヒレ肉&タマネギ
 

黄金色のソースがからんだプリプリの鶏肉&タマネギ




2種類の絶品カレーを食べ比べ!

こうして、あっという間に完成した2種類のカレーは、上階の厨房からダムウェーター(小型エレベーター)で下階の客席フロアへ。出来立ての熱々カレーが、さっそくテーブルに運ばれてきた。
ではでは、いただきます!! 
 


まずは、鶏肉の中華カレーライスから


鶏肉のカレーは、優しい塩味でとても上品な味わい。程よい食感のタマネギとプリッとした鶏肉の歯応えが心地よく、それぞれの素材の滋味がしっかりと感じられる。あっさりしているのに深いコクがあるのは、やはり特製の鶏ガラスープを使っているからだろう。
 


お次は、牛ヒレ肉の中華カレーライス


こちらの牛ヒレ肉のカレーは、ほんのり醤油味のどこか懐かしい味わい。辛さはないが、鶏肉のカレーと比べるとちょっぴりコショウが効いている感じ。甘みたっぷりのタマネギと、柔らかくてジューシーな牛ヒレ肉のコンビネーションは、まさに「絶妙!」のひと言。何にも増して、この牛ヒレ肉の美味しさは半端ではない。
 


グルメな山岸もご満悦の様子


どちらのカレーも素材がシンプルだからこそ、その旨みが存分に発揮されている。素材の持ち味を引き立てるソースは、親しみのある優しい味わいで、子どもからお年寄りまで楽しめそうだ。
実は筆者、以前からこちらのカレーのファンなのだが、何度食べても食べ飽きず、食べるたびにホッとできる絶品カレーだとあらためて実感した。
 


完食しつつも名残惜しそうな小島
 

ちなみに、同店ではコース料理を予約すると、シメのご飯物をカレーに替えたり、お好みの料理にアレンジすることも可能だそう。「ご希望があればできる限りお応えいたしますので、ぜひ気軽にご相談くださいね」と王子さん。

と、ここで・・・ご馳走さまの前に、王子さんから「デザートはいかが?」と思いがけないスペシャルサービスが!! テーブルに運ばれてきたのは、王子さんがレシピを考案した同店オリジナルの手づくりデザート「そのまんまアンニンドウフ」と「マンゴープリン」。ありがたく頂戴いたします!
 


そのまんまアンニンドウフ(500円・税別)
 

マンゴープリン(500円・税別)


そのまんまアンニンドウフは、その名の通り、器に入れたままではないと提供できないほどフルフルでトロトロ。そっと一さじすくって口に運ぶと、そのままトロ~~リと溶けてしまうほど。
 


トロ~リとした口どけにうっとり


マンゴープリンもプルプルの優しい口どけで、中にはフレッシュなマンゴーの果肉がたっぷり。思わず「幸せ~」と笑みがこぼれる至福の一品だ。
 


マンゴーの果肉がたっぷり入った贅沢デザート


カレーの後のスイーツは、言うまでもなく最高であった。こうして、2種類のカレーを試食させていただいた上に、食後のデザートまで頂戴し、お腹も心もたっぷり満たされた取材班。あらためて、大変大変ご馳走さまでした!



取材を終えて

誕生から半世紀を経た今、中華街カレーブームの先駆けとして注目されることになった「同發本館」と「北京飯店」のカレー。その“意外性”とともに、カレーがここまでブームになったのは、日本人の食の嗜好にピタリと合致したからではないだろうか。

大人から子どもまで、日本人にとってカレーライスは、国民食といわれるほど親しみ深いメニューのひとつ。そんな日本の食文化を一工夫して取り入れる、中華街ならではの懐の広さと柔軟性を感じた。そして、両店をはじめとする中華街のカレーが単なるブームで終わることなく、多くの人たちにいつまでも愛され続けてほしいと願っている。


―終わり―


同發本館
住所/横浜市中区山下町148
TEL/045-681-7273
みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩3分
営業時間/11:00~21:30(ラストオーダー20:30)
※定休日は問い合わせを
URL/http://www.douhatsu.co.jp/

北京飯店
住所/横浜市中区山下町79-5
TEL/045-681-3535
みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩1分
営業時間/11:30~23:00(ラストオーダー22:00、年中無休)
URL/http://pekinghanten.com/
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 儲かるんだったらカレーでも神戸牛でも出すアルヨ。

  • 北京飯店のカレー食べたくなったマジうまそ〜エマさんいるかな〜

  • どれも美味しそう。行きたい......食べたい!ああ、もう堪らないッ!!

もっと見る

おすすめ記事

中華街でカレーがブーム!? どんなカレーが食べられるの?

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

横須賀でしか味わえない「よこすか海軍カレー」ってどんなもの!

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

「日本ナポリタン学会」は、どんな活動をしているの?

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ!

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

こんな記事も読まれてます

大船にオープンしたハングリータイガー系列店「TORAのお肉屋さん」ってどんな店?【本社直撃】

横浜市内で初詣帰りにあったか~い鍋料理が食べられる店を教えて!

横浜駅西口周辺で土日の昼間から気軽に呑めるいい感じのお店を教えて!

【編集部厳選】食欲の秋にぴったり! 横浜のボリューム飯!

「天そばの『ぬき』ちょうだい!」粋でイナセな横浜の老舗蕎麦屋で食べられるツウな一品とは!?

大さん橋近くにある妙な名前の店「横浜観光取引所道中」の正体は?

横浜駅周辺、〆の人気店はどこ?

「日本ナポリタン学会」は、どんな活動をしているの?

新着記事