検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

狸小路にある「豚の味珍」、その注文の仕方は?

ココがキニナル!

横浜・狸小路にある「豚の味珍」の、料理の食べ方とお酒の頼み方を教えてください。(たかべえさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

焼酎を頼む時は「やかん」、豚を食べる時は「特製タレ」を混ぜ合わせ、自分好みのツケダレを作って付けて食べるのが常連客の常識だった!

  • LINE
  • はてな

ライター:ワカバヤシヒロアキ

名物である豚は?



さて、お酒もさることながら、ここでのメインは店名にもなっている「豚」だ。
足、頭、尾、耳、胃、舌など様々な部位がメニューにある。
 


初心者用にメニュー写真も用意されていた


さすがに全部は食べきれないので、オススメを尋ねると「お客さんに人気なのは、しっぽと足ですかね」と教えてくれる。

この場合の注文の仕方は簡単で、部位をそのまま言えば注文が通る。
「足ください!」と言えば「豚の足」が出てくるし、尾の場合は「しっぽ」と言えば大丈夫。
 


これが豚の足(700円)
 

豚のしっぽ(700円)


どちらも、二日間かけて煮込まれた豚肉なので、すごく柔らかくて食べやすい。
いや、食べやすいというより、素直に美味しい!

醤油で味付けされているようで、正直「豚肉ってこんなに美味しかったんだ」と感動するレベルの味だ。
コラーゲンもたくさん含まれているのも人気の秘訣なんだとか。

常連客にもなると、からしと酢、特製タレを混ぜ合わせ、自分好みのツケダレを作って豚肉に付けて食べている。初めての私にはその作り方を教えてくれた。
 


カウンター越しにツケダレを作ってくれた


小皿にからしを入れ、酢をたっぷり入れる。
からしをよく溶かすとちょうど良いタレになって美味しくなった。
 


これが特製のツケダレ


酢がかなり効いているので、豚に酸味が増して美味しく食べられる。ただ、前述のとおり豚には醤油で味付けされているので、このツケダレがなくとも十分美味しい。このあたりは、お客さんの好みに任せているのだろう。

だんだんお客さんも増えて来たところで、「ラッパ」と頼んでいる人がチラホラ耳に入った。「ラッパとは何だ?」と思ってマスターに言うと出て来たのがこちら。
 


ラッパ!それは、白菜の甘酢漬け(300円)


ラッパと呼ばれるそのメニューは、白菜の甘酢漬けだった。
正式名称は辣白菜(ラッパーツァイ)といい、略してラッパというらしい。

肉がメインのこのお店の中で、あっさりとしたアテとして貴重なメニューなのかもしれない。

豚を頼む時には、部位の名前でOK。
白菜の甘酢漬けが欲しい場合は「ラッパ」と言うのが常連客の証だ。



さいごに


 


本店マスターの鈴木さん


この店には「やかん」、「ラッパ」など特殊な呼び名があるので、なかなか初めて訪れるのはハードルが高いかもしれない。

ただ、マスターは丁寧に教えてくれるし、初めてのお客さんを見ればバイトの男の子に「タレの作り方教えてあげてね」と指示を送っている姿も見られ、一見さんお断りという雰囲気では決して無いと感じた。

また、もう一つ私が感じたのは、常連さんが皆さん紳士的であるということ。

こういうお店では皆、どんちゃん騒ぎをしているのではないかと先入観も抱いていたが、料理が美味しいからか、一つ一つ味わって食べているお客さんが多かったという印象がある。

そういう意味でも一つでは入りやすく、じっくり豚の味を堪能できるのではないだろうか。

横浜駅西口に残された、狸小路という飲食街。
昔ながらの雰囲気も合わせて、ぜひチャレンジしてもらいたい。


―終わり―


◆豚の味珍
住   所 横浜市西区南幸1-2-2
電話番号 045-312-4027

営業時間 16:30~22:30
定休日 日曜祭日
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 最近、アーカイブ記事が多くて編集側の手抜きが多いと感じられる。家系のまとめ記事は読者の意見聞いてるのかわからないけど、今のところフェードバックは何もないし。読者の意見をしっかり聞いて欲しい

  • ところで、店名の読み方が「まいちん」だとは知らなかった。「昧珍」じゃなくて「味珍」なのに…。今まで「みちん」って読んでた。そういえば、西口地下の中華料理の龍味もなぜか「りゅうまい」と読ませるね。漢字に詳しい人に今度、聞いてみようかな。

  • 懐かしい…豚の昧珍。自分の仲間うちでは、『ブタチン』と呼んでいました。あの急な階段だけは酔っ払っても落ちないようにしないと、マジで怪我する。あんな急勾配な階段はいまどき無い!(笑)また日本に帰った時には是非寄りたいお店のひとつです!!

もっと見る

おすすめ記事

横浜駅前の「仙台のお菓子屋さん」は被災地の人?

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

横浜の主要駅周辺でオススメの喫茶店は?

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

毎週土曜日に三崎港の新鮮なまぐろが食べ放題!?野毛の寿司店「秀吉」に突撃!

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

横浜税関の穴場食堂で、大満足ボリュームのワンコインランチ!~社食・職食を巡る

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

こんな記事も読まれてます

センター北にあるキャッツカフェ名物「アンビリーバブル」は完食できるのか!?

横浜で一番小さくて新しいチョコレート工房!「2U chocolate」

スナック隣接の「餃子居酒屋」? 鴨居のディープスポットに突撃!

【編集部厳選】追っかけてでも食べたい! 横浜ならではの「屋台の味」!

横浜にある昔ながらの立ち飲み「角打ち店」のある場所を教えて! 番外編

生まれ変わった重慶飯店本館! 60年の歴史を詰め込んだ内装と金色のエレベーター

「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六

毎週土曜日に三崎港の新鮮なまぐろが食べ放題!?野毛の寿司店「秀吉」に突撃!

新着記事