検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

ラーメン二郎鶴見店の跡地に入った526鶴見店が気になります。店長が元プロボクサーで世界ランカーだったらしいです。(ヤスさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

2013年、ラーメン二郎鶴見店跡に開業した「らーめんこじろう526 鶴見店」。元世界フライ級8位の店主が作る“二郎系ラーメン”は絶品!

  • LINE
  • はてな

2014年10月25日

ライター:松本 伸也

ラーメン二郎――。

大量の太麺にうずたかく積まれたモヤシなどの野菜類、チャーシューと表現していいのかわからないほどの塊肉(かたまりにく)、トッピング類の増量に使う“マシマシ”の呪文、そして「ニンニク入れますか?」・・・。

実のところ食べた経験のない筆者にはこれくらいの予備知識しかないので、おそらく読者のみなさんの方が味もなにも詳しいはずである。どうもすみません。で、そんなラーメン二郎の鶴見店があった場所に、“526鶴見店”が入ったというのが今回のキニナルである。
 


二郎の関内店にて


526鶴見店?
とりあえず「526 鶴見店」をキーワードにググッと検索してみると、答えは簡単に弾き出された。見つかった公式ホームページによると、東京の渋谷に本店がある「らーめんこじろう526」で、神奈川県下には鶴見店以外にも武蔵小杉店があるらしい。そして、そのほかラーメンサイトなどによると、ラーメン二郎のテイストを持った“二郎系”や“二郎インスパイア”と分類されるお店のようだ。
 


こちら同じく“二郎系”の『ハングリー・ピッグ』

 
いわゆる“本家”の跡にオープンした“二郎系”はいったいどういうお店なのか。毎度ながら、百聞は一見に如かず。HPで確認した住所を頼りに鶴見区岸谷に飛んだ。
 


飛んでない。最寄り駅は京急の生麦。GOGO赤い電車

 
目的地は地図によると国道1号沿い。生麦駅から山側に何気なく歩みを進め、途中の商店街や住宅街を10分ほど歩くと国道1号に出た。
 


出ましたけれど、ここまでだと行き過ぎ。横浜方面に少し戻る

 
最初に出た「岸谷」の交差点では少し行き過ぎたようなので、3分ほど横浜よりの「岸谷二丁目」の交差点に戻ると、すぐ目の前に「らーめんこじろう 526鶴見店」と書かれた鮮やかな黄色のテントが見える。自家製麺でもあるのですね。
 


到着しました。黄色が目に鮮やかです

 
さっそくガラガラと入店すると、間もなくお昼の営業終了という時間ながら、10席ほどのカウンターはほぼ満卓。ちょうど2人分の空きがあったので、まずは食べてみるべく食券を買って着席。
 


ガラガラガラ~と・・・お、満員御礼だ
 

満席の状況をひとりで切り盛りする店主

醤油をベースに、スープのある「ラーメン」と「汁なし」の2種類が券売機には並んでいる。そこで筆者がラーメン、同行の編集部・宮城氏が汁なしを選択した。で、麺の量が普通で約300グラム、大で約600グラムとある。
 


券売機がこちら。「ミニ」もあります

 
なんとなくのイメージだと、1人前のスパゲティが約100グラム・・・うん、どちらにしろ多いなこれは(笑)。しかし噂に聞く二郎や二郎系はそんなものなのだろうと納得半分、宮城氏ともども大に走った次第である。
 


野菜マシとかはきっと辛いなと忘却

 
「はい、ありがとうございます・・・って、あの、量多いですけれど大丈夫ですかね?」
実直そうな店主さんによる笑顔を交えての確認が嬉しい。「大丈夫ですよ」と返すこと数分でドーンとお出まししたのがこちら。
 


「正油(大)」(900円)がドドンと。地味にタンブラーと比較されたし

 
うん、やっぱりすごいね(笑)。ちなみに宮城氏の汁なしもどうぞ。
 


こちら「汁なし(大)」(950円)です。卵黄がいいですね

 
ははは(笑)。ではまあ、とにもかくにもいただきましょう。と、まずはモヤシの山を食べ進めてみようやっと麺にたどり着く。

何本かをつまみ上げたものの、ずっしりと重みのある太麺を一口・・・おおお、美味い。

脂やニンニクが混在するスープはやや濃いめに感じたものの、太麺だけに絡みすぎずちょうどいい味わい。そして“添えられた”どころの存在感ではないチャーシューの脂の美味いこと。
 


いやあ、美味しいじゃないですか

 
麺量はさすがに600グラム。食べても食べても減らない風情ではあるが、大量の野菜に「自家製ですよ」と出していただいたラー油を“味変調味料”にしながら、不思議とするする食べ進められる。
 


自家製のラー油で“味変”を

 
大盛り、というかいわゆる“デカ盛り”では「美味くなければとても食べ切れない」が重要なポイントだが、このラーメンはとても麺が美味しい。食べたときの小麦の風味がとてもいいなあ・・・なんて思っていたら、筆者の丼はいつの間にか空いていた。
 


ごちそうさまでした。ああ、美味しかった

 
ということは、麺の味わいが強調される汁なしはより・・・と宮城氏のを少しいただくと、丼の下にある少量の濃縮スープにやはり麺の風味が負けておらず、麺を味わうには汁なしがオススメかも知れない。
 


はまれぽおなじみの宮城氏の食べっぷり

 
あ、さすがにお腹はふくれていたので、味見で一口にしておきました結果、やや苦悶の表情を浮かべた宮城氏が頑張ることになりましたが、最終的にはキッチリ完食。さすが、お疲れさまでした(笑)
 


宮城氏も完食。ごちそうさまでした!

 
「おおおー、全部召し上がってもらって、ありがとうございます」と嬉しそうな店主さんに「麺やスープ、美味しくなければあの量は食べられませんよ」と振ると、さらに相好を崩す。そんな一本筋の通った表情にたまの笑顔が似合う店主さん、小林孝康(たかやす)さんがお昼の営業を終えて時間ができたところで、さあ、お話をうかがおう。
 



 

横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

天王町で30年以上続く居酒屋さん! 本格的な料理がリーズナブルに味わえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

創業88年の老舗。“お酒のプロ”として、地元横浜の飲食店に最高のお酒を提供し続ける「酒の島崎」

  • PR

本場・大阪の味を横浜で! 料理のプロもうならせる、お好み焼き&近江牛「粉もの元次」

  • PR

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

万が一「介護」が必要となったときも安心!介護業界で最先端を走る戸塚区「クラシック・コミュニティ横浜」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 林市長のカジノ誘致に対して藤木氏はどのようなお考えなのかインタビューしてください。

  • 横浜市がカジノ誘致する報道がありました。林市長は住民投票しないとの見解を示していますが、到底納得でき...

  • 鎌倉由比ヶ浜通りにあった和菓子屋さん「桃太郎」が、なにやらお化け屋敷になっていました。いきさつ含め、...

最近のコメント

アクセスランキング