検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

本牧の深夜営業の酒場って、どんな感じ?(brooksさん)、本牧のアロハカフェが歴史に幕を下ろすそう。(zionzion)、ハワイ風カフェの元祖『アロハカフェ』のその後は?(おとうさん)

はまれぽ調査結果!

1976年開店のアロハカフェは2014年4月一時閉店。同年12月移転し再オープン!深夜営業のバーは個性派ぞろいでフレンドリーな雰囲気の店も多い

  • LINE
  • はてな

2015年01月29日

ライター:大和田 敏子

本牧の「アロハカフェ」はカフェバーの元祖的な存在だったらしい。
何度か本牧を取材した筆者にとって「アロハカフェ」はキニナル店のひとつだった。ところが、2014(平成26)年4月に閉店。一度、行ってみたかったな~と残念に思っていた。

そんな中、最近、再オープンしたと知る。情報が遅いよ・・・と、つっこまれるのを覚悟で、ワクワクしながら、新「アロハカフェ」に向かった。

元町方面から本牧通り沿いに山手警察署を過ぎ、しばらく歩くと、ビルの2階に「ALOHA
Cafe」の鮮やかなネオン看板が見えた。
 


ネオンサインが鮮やか!
 

赤い手すりの外階段を上がって
 

ドアを開けて中へ入ると・・・
 

左側の壁はアメリカンテイストのディスプレイ

 

右手にはビリヤード台! 旧店舗から引き継いできたものだそう


店に入ったとたんに、異世界に来てしまった感じ・・・なんだかすごく楽しい気持ちになる。

迎えてくれたのは、アロハカフェの3代目オーナー、西山奈里(にしやま・なり)さん(34歳)。本牧生まれの西山さんが店を引き継いだのは2006(平成18)年のことだという。若い女性のオーナーで驚きだ!
 


西山さん、周りを元気にさせるような素敵な笑顔!


この新店舗のオープンは、2014(平成26)年12月15日。まずは、キニナル、旧店舗から移転した経緯をうかがうことにした。

アロハカフェのオープンは1976(昭和51)年、今から40年前のこと(なんと、初代の店長は、あのIGの八木さんだったとのこと。八木さんにも、ぜひ話を伺わなくては・・・)。
 


本牧町1丁目、2014(平成26)年4月のIG


建物自体はオープン時よりも前からあり、築60年を超えていた。老朽化によって起こってくるトラブルや破損に対処しながら、営業を続けてきたが、2011(平成23)年、壁の中の配線が老朽化して出火。そこで、更なる老朽化が発覚し、このまま店を続けていては店の歴史にも傷がつくし、何よりお客さまに迷惑がかかってしまうと、移転を決め、2014(平成26)年4月14日に一旦閉店。12月15日に再オープンした。
 


アロハカフェの旧店舗(画像提供:アロハカフェ)


「旧店舗はベースの目の前、ここはエリア1と呼ばれていたところ」と伺うと、自然と本牧の歴史に思いを馳せてしまう。
 


1981(昭和56)年フェンス越しに見たアメリカ
 

「温かい笑顔があふれる店、いつでも帰ってこられる場所にしたい!」


新・アロハカフェについて、西山さんは「昔の店を再現しても意味がない。かつてアロハを作った人たちが、当時、新しいカタチを作ったように、今、店をやっていく私たちが良いと思う店、長く続けていける店を作ろうと思いました」と話してくれた。

ここで、店内を順にご紹介!
 


広々とした空間に並ぶテーブル席とカウンター
 

カウンターは、旧店舗(6~7メートル)より、さらに長くして10メートル
 

壁側はクッションを置いて座りやすいように、幅を広めにした
 

スロットマシンとジュークボックス


昔懐かしい雰囲気! 旧店舗から引き継いだものだそう。
 


キッチンの目の前は、コの字型のスペース
 

一番奥は、ソファのあるゆったりとしたスペース


このスペースだけは禁煙でテラス席もあるので、お子さま連れの方なども利用しやすそう。ただし、お子さまは午後10時まで。女子会にもピッタリな感じだ!

それぞれのスペースに個性があり、スペースごとの貸し切りもできるとのこと。幅広いお客さん、さまざまな用途に利用できそうだ。
取材時は、若いお客さんが多かったが、最近は50~60代のお客さんも増えてきたという。アロハカフェ開店当時、20代くらいだった方が懐かしいと来てくれるなど、入りやすい店になったと言われることも多いそう。

豊富なメニューの中から、いくつかいただくことに・・・。
 


カクテル3種類と彩りのきれいなお料理に感激!


カクテル3杯を目の前に・・・、酒飲みライターのレッテルを貼られてしまいそう。
一人で飲んだわけではないです。編集部・山岸とおいしくいただきました!
 


ヒプノモーニ(900円)。トロピカルフルーツリキュールとグレープフルーツを使ったカクテル


見た目がきれいなだけでなく、フルーツの味をしっかり感じられるカクテル「ヒプノモーニ」。ジュースのように飲めてしまう・・・、ヤバイ! 
 


いつも豊富にフルーツを準備。フレッシュフルーツを作ったカクテルは人気!
 

ドリンク担当は、マネージャーの山口真志(やまぐち・まさし)さん
 

ブラッディ・マリー(850円)。セロリが入っているなんて、ほかでは見たことがない!


飲みながらセロリをかじるのは初体験。ヘルシーな感じで、お酒を飲んでいる気がしない。
 


モスコミュール(800円)。初めて日本に入ってきた時のレシピを再現している


ライムではなくレモンを使っている。当時は、ライムは手に入らなかったのだとか。
 


本牧と言えば四角いピザ!


これはペパロニのピザ(950円)。生地は手作りで結構もっちりとしている。チーズもしっかり味わいがあっておいしい!
 


メキシカンサラダSサイズ(650円)(レギュラーサイズは950円 )


グリーンリーフ、サニーレタス、水菜、ニンジン、トマト、アボカド、ラディッシュ、ブロッコリーなど、野菜の種類を数えて、うれしくなる・・・。そして身体に良さそう!
「食事をしてくださるのは、一人暮らしの方も多いので、なるべくたくさんの野菜を摂ってもらえるように考えています」と西山さん。
 


トッピングができるのも、うれしい!


おいしく飲ませていただいているこのときの時間はすでに午後11時過ぎ。
「こういうヘルシーな感じのメニューだと、夜中に食べている罪悪感がなくていいですね~」と山岸。

それならば、罪悪感なく食べられるデザートもと、西山さんが「本日のスイーツ」を出してくれた。
 


トマトを使ったデザートと聞いて驚く! これも初体験
 

ベジスイーツ(550円)


トマトのソルベとクリームチーズのトマトコンポートのせ(写真は2人分)。すごく甘いトマトが手に入ったので、ぜひお客さんに食べていただきたいとデザートにしたのだそう。

「古いものを守るだけでなく、新しく良いものを取り入れてやっていきたい」と西山さんは話す。だから、アロハカフェの名物だったアロハバーガーを封印し、開店記念日限定メニューにした。

「『いらっしゃいませ』ではなく、『お帰りなさい』『こんにちは』とお客さまを迎えたい。さまざまな年代の人が来てくれる、ライフスタイルが変っても長く来ていただけるような店にしたい」と西山さん。
2015(平成27)年2月からはランチも始めるとのこと。新しいアロハカフェは、より幅広い年代のお客さんに親しまれる店になっていきそうだ。
 
 

 

はまれぽ編集部のイチオシ

肌が健康的に美しくなれば生き方が変わる! 医療をベースに肌の悩みを解決する「テティス横濱美容皮膚科」

  • PR

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

一切れで酔えると噂の「Happy Rummy」のアルコールケーキ製造現場に密着。つまみとの相性検証も

  • PR

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

ストレス社会を楽に生きるための処方箋。まずは“気づき”を得ることから!

  • PR

「なごみ空間 ~ネコもなごむ箱庭~」に、はまれぽが潜入。人に優しく寄り添う“横浜弘明寺の母”がいた!

  • PR

美容院が苦手な床屋難民必見! メンズ専門GREEN THE BARBERがポジティブ男子に人気なワケ

  • PR

トッププロと一緒にShall we Dance?横浜駅近の笑顔が弾ける社交ダンススタジオに体験入会!

  • PR

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング