検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン
  • はまれぽイチオシ 忘年会・新年会 2018年-2019年 平成最後も横浜呑み!
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

ヨコハマの伝説、白塗りの“メリーさん”って一体どんな人だったの!?(カイトーさん、yoshihiroさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

メリーさんは1960年頃に横浜へ来て以来、74歳まで街頭に立ち続けた“伝説の娼婦”。1995年に横浜から姿を消し、2005年岡山の老人ホームで亡くなった。

  • LINE
  • はてな

2013年07月21日

ライター:松宮 史佳

横浜の伝説=白塗りの娼婦(続き)
 
そこで、メリーさんのエピソードを伺うため、「柳屋」に行ってみることに。
 


化粧品店「柳屋」(イセブラ百科 神奈川新聞社より転載)

 


現在は建て替えて新しくなっている


メリーさんは「亡くなる2、3年前まで店に来ていた」とオーナーの福長さん。生前、先代の女将さんからよくメリーさんのことを聞いていたが、「悪い話は聞いたことがない」とのこと。

女将さんは“夜同業者に追われていたメリーさん”を助けるため「2Fにかくまい、泊めてあげたこともある」とか。また、メリーさんが紙袋を持ち歩く理由は、「一度全財産を盗まれたことがあるから」だそうだ。

ちなみにメリーさんは“総入れ歯だった”とのこと。
 


メリーさんが愛用していた黒のアイライナーとおしろい


晩年に使用していた香水


メリーさんは毎朝開店前に来て「(おかみさんに)あいさつに来ていた」。義理堅い人で毎年お盆にはお菓子を、お歳暮には「松坂屋で買った刺繍(ししゅう)入りのタオル」を届けていたそうだ。
 


「メリーさんを接客していた」というスタッフの方々

 
 
 
メリーさんゆかりの地へ
 
メリーさんは外国人専門の娼婦だったが、時が経つにつれ日本人客も取るように。しかし、声を掛けるのは「恰幅がよく、メガネを掛けた、身なりのよい中年男性のみ」。つまり、メリーさんに声を掛けられると“頭がよく、お金持ち=社会的信用のある男性”と見なされ、自慢できたらしい。
 


1980年代には「横浜名物白装束おばさん」と週刊誌に掲載された
(写真提供:森日出夫)


また、「夜明けのマリア(根本美鶴)」や「昨夜の男(淡谷のり子)」等、メリーさんをイメージして創られたという曲も登場した。
 


伝説的タウン誌「浜っ子」にも登場(1990年11月号)


メリーさんはタウン誌「浜っ子」の中で「進駐軍のダンサーだった」と語っている。トレードマークの白が好きなのは「ダンサー時代から」とのこと。

と、ここでメリーさんゆかりの地を巡ることに。
 


メリーさんがお気に入りだった馬車道の老舗レストラン「相生本店」


スタッフの方に取材を申込み、お話を伺う。

「メリーさんはコーヒーを飲むのが好きだった」とスタッフの方。

“ほかの客や店に迷惑がかからぬように”との気遣いから専用カップを持ち込み、かなり特徴的なかわいらしい声で「私のカップでおコーヒーを」と注文していたそうだ。


メリーさんが愛用していた美しいカップは今も店の入口に飾られている


次に「よくメリーさんが座っていたベンチがあった」という「アート宝飾」へ。社長の六川さんを訪ねる。

六川さんによると、メリーさんは「アート宝飾で小さな宝石を買ったことがある」そうだ。また、伊勢佐木モールでメリーさんが「酔っ払いに蹴飛ばされたのを目撃した」とのこと。

某デパートやかつて山下町にあったレストラン「スリー・ネーション」などでも「追い払われる」などしていたらしい。


メリーさんが座っていたベンチは「社内にまだある!」


だが、お盆や暮れにメリーさんからもらったタオルは「もうない」とのこと。


伊勢佐木町の有隣堂周辺も目撃情報が多い


再び伊勢佐木モールへ。商店街の方々にお話を伺ってみることに。
 
 

人々には、メリーさんはどう映っていたのか?・・・続きは次のページ≫  

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

中区曙町に風俗店が多いのはなぜ?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

有隣堂が「10色のブックカバー」にこだわる理由とは?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

「新横浜花火大会2018」が初開催! 港北区で19年ぶりに花火大会を復活する理由は?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

江戸時代から鶴見川に架かる「鶴見川橋」は歌川広重の浮世絵のモデルになったって本当?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

新着記事

崎陽軒の紙袋に描かれた14の横浜のシンボル、全部言える?

    • 面白かった205
    • 面白くなかった3
    • コメント1
  • 2018年12月18日

相鉄星川駅~天王町駅、全線高架化記念「星天レールウォーク」で線路を歩いてみた!

    • 面白かった125
    • 面白くなかった3
    • コメント0
  • 2018年12月19日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシ 忘年会・新年会 2018年-2019年 平成最後も横浜呑み!
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

ここが横浜の新特等席! 絶景レストランで「伝統」と「革新」の日本料理を味わえる「横浜 星のなる木」

  • PR

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

アロマに癒される空間で、プロの手によるトータルケア。足裏を整えて、正しく歩くことで美と健康を叶える!

  • PR

中山を愛する名物社長に会える! 住民と入居者のマッチングを大切にする「丸進不動産」

  • PR

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

思わず働きたくなる! 社員満足度ナンバーワンを目指し、業界の“当たり前”に挑戦し続ける横浜の運送会社

  • PR

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

  • PR

レアなストレッチジム「five」で身体を整えトレーニング効率アップ。ホットヨガ専用のフロアも完備! 

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 帆船「日本丸」が20年ぶりの大修理で、水を抜いて船底が見られるそうです。1月にある船底見学ツアーのレ...

  • 青葉区の藤が丘第六公園横の坂がめちゃくちゃ急です。どれくらいの坂なのか是非調査をよろしくお願いします...

  • 横浜駅西口近くにある「昭和秘密基地」というお店が気になります。どうやら居酒屋のようなんです。私はお酒...

あなたはどう思う?

年末年始はどこで過ごす?

最近のコメント

アクセスランキング