ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    毎日横浜公園でおもちゃを用意してくれたり、子供と遊んでくれるおじさんがいるのですが、キニナリます。子供に危害が加える人ではないですし、非常に助かっているので感謝していますが、素性を知りたいです。

    中居屋さん

    Instagramで「元町ラバーズ」と言う名前で横浜元町を紹介しているのをよく見かけます。いろんなイベントやお店を紹介してるのですが一度はまれぽさんも取材拒否してもらいたいなぁと思いました。双方向コラ...

    bachplayerさん

    先日、桜木町から新港地区へのロープウェイが計画されているという報道が出ましたね。その報道の中で、以前に報じられた横浜駅東口から山下公園へのロープウェイも協議中であるとの話がありましたが、こちらの進捗状...

    ねこまんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市内全駅全下車の「はま旅」第60回は和田町駅。横浜国立大学の学生さんに馴染みの町は素朴で庶民的な雰囲気。

ライター:吉川 ゆこ (2012年05月19日)

相鉄本線和田町駅。観光スポットはない。大きなデパートがあるわけでもない。「はま旅」の取材で機会を得なかったら、降り立つことはなかったかもしれない。
 


今日もぼちぼち頑張ります




コミュニティカフェで大歓迎

和田町駅は線路を挟んで北側に常盤公園、横浜国立大学があるものの、その周辺はごく普通の住宅街といったところ。とりあえず駅前のロータリーに立ち、駅周辺に何かないかな?とぐるっと見渡す。
 


駅前のロータリー。平日の昼間でも人が多い


メディアで取り上げられるほど人気のある商店街でもなければ、どこの町の商店街でも活気に溢れているとは言いにくい。和田町駅周辺の商店街も少し寂しい感じだ。商店街好きとして現状を憂いでいると、人だかりのできている店が見えた。
 


お兄さんの元気な声に吸い寄せられる


渡辺さん(お兄さん)が売っていたのは「パンの季」(http://pannoki.jimdo.com/)という店のパンだった。これが次々と売れていく。渡辺さんのお母さん手づくりなのだという。
 


100円から300円とお手頃価格が並ぶ


私は食パン(半斤で200円)と揚げていないカレーパン(120円)を購入。どちらも優しい味がした。
渡辺さんの笑顔も素敵だが、きっとお母さんの笑顔も素敵なのだろう。作り手の顔が想像できるようなパンだ。
厳選した食材を使ったパンをお手頃な値段で届けたいと店舗を持たないことでコストダウンを図っているのだが、知人の紹介でこの店頭で販売を行っているそうだ。

…と、ずいぶん前置きが長くなったが、パンが店頭に置いてある店はコミュニティカフェ「わっか」。社団法人横浜建設業協会、社団法人横浜市商店街総連合会と横浜市の3者が連携して行っている商建連携事業の一環で1年半前にオープン。地元の企業さんがスポンサーになり、運営をサポートしている。
 


スタッフの川田さん(左)と山崎さん
 

珈琲などを飲みながらゆったりできる


カフェとしても利用できるが、手芸教室やハンドマッサージなど毎日のようにイベントが開催されているのでイベント目当てに出かけてもいい。地域の子育て支援も兼ねているので授乳できるスペースも完備。おもちゃもたくさん置いてあった。
壁一面にはレンタル棚が並び、手づくりの手芸品などが販売されてる。これがけっこうレベル高い。
 


かわいい!手のひらサイズの猫ちゃん


同店では「取材なの!?嬉しい」と、こちらが恐縮するくらい大歓迎を受けた。スタッフさんは皆さん気さくで、「わっか」を好きだという気持ちが伝わってくる。いつまでもここに居たかったけど「はま旅」の先は長い。後ろ髪を引かれながらも店を後にした。



パンからたいやき、そしてナン。粉もんを巡る旅

駅前から横浜国立大学のある北側に広がる和田町商店街を歩く。まだまだ個人商店の多い商店街だ。
 


和田町商店街
 

風情のある店が残る


ぷらぷらと歩いていると小さな店を発見。たいやき!
 


おしゃれな店構え。たいやき「おたぎら」
 

店長の川田さんが1人で焼いている


特筆すべきは皮の薄さだ。「おたぎら」のたいやき(つぶあん150円)は、とにかく皮が薄い。食べると皮が厚くて、なかなかあんこにたどり着かないたいやきってある。けど、ここのたいやきはひと口目から、あんこが飛び出してくる。私は気に入った!

でも店長の名前でもないし、なんで「おたぎら」なのだろう?
川田さんに聞くと「ありがとう」をローマ字で書いて「ARIGATO」。それを逆から読むと「おたぎら」。1つ1つに感謝の気持ちを込めて焼いているそうだ。
 


甘さ控えめのあんこが外にはみ出している


食事の後は緑の中で静寂の時を満喫! 次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事