ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    コスモクロックは横浜を象徴する建物のひとつだと思います。市民としては『どんな時は消灯しているのか』『どんな風にメンテナンスするのか』『灯りの色が変わる時があるのか』くらいは 説明出来るようにしておきた...

    たかし君さん

    ブルーラインと比べて、駅も両数も少ないグリーンラインの方が、ブルーラインより豪華な車両(液晶パネルが付いていたり…)なのは何故?

    Number_09さん

    みなとみらい線とグリーンラインの本牧・根岸エリアまで線路を作る計画はまだ廃止にされていませんか?

    Number_09さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

桜木町ぴおシティ地下の立ち飲み屋さん「はなみち」には200円を入れると自動的にコップに日本酒が注がれる自動販売機が。他の店では見たことないが特注品?なぜあのような販売システムに?(ときさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

日本酒の自動販売機は、特注品ではないが手軽さが受け「はなみち」の前身「キンパイ」時代から愛されて続けている

ライター:ほしば あずみ (2014年02月06日)

お酒好きなら夢のような装置

200円を入れるとコップに日本酒が注がれる自動販売機。
最近、コンビニエンスストアのレジ横でコーヒーサーバーのセルフサービスが見られるようになったが、感覚としてはあんな感じだろうか。ただし注がれるのは日本酒。
どうにもキニナルのでさっそく現地へ行ってみる。
 


ぴおシティ地下2階の立ち飲み屋「はなみち」


歴史を感じる佇まいの外観。昭和レトロを模しているのではない、本当に古いのだ。
はたして、「日本酒の自販機」とは? 店内で話をうかがおうと取材を申し込んだところ・・・

「常連さんを大事にしたいから取材は受けたくないんです」

という、ごもっともな理由で丁重なお断りを受けてしまった。【まとめて報告】・・・とは諦めきれない。そこをなんとか、と数ヶ月交渉を重ねた結果、「1000ぶら」桜木町ぴおシティ商店会のご縁もあり、晴れて噂の「日本酒の自販機」をご紹介できることとなった。
 


これが噂の日本酒自動販売機
 


紹介します、日本酒の自販機です
 

100円玉を2枚投入し
 

コップをセットして「かん酒」を選んでボタンを押すと
 

温かそうな湯気を立てて、日本酒が注がれた!
 

お燗の温度は65度、「ひや酒」は常温だそう


お店同様、風格ある佇まいのこの日本酒マシーンは店内に2台ある。注がれるのは宝酒造の「松竹梅 豪快」と白鹿の「伝承仕込」。いずれもすっきりした辛口のお酒だ。
これが忙しい時で日に10本(10升)空くというからすごい繁昌ぶりである。
レトロな見た目ながら現役バリバリに稼働中なのだ。
 


いかにも「スイッチ」なボタンの押しごこちがたまらない


マシーンの購入記録は1991(平成3)年となっているそうだが、「もっと昔からあったはず。ただ、いつからあったのかはわからない」と土橋オーナー(残念ながら今回も写真NG)。

「昔はあちこちにあって、珍しくなかったよ。お客さんが自分で好きに飲めるから手軽だし、待たせないでしょう」とオーナーは語る。
立ち飲み形態の酒場が姿を消していくのに合わせ、日本酒マシーンも減っていったのだろう。創業以来の立ち飲みスタイルを変えずに営業を続けているこの店だからこそ、日本酒マシーンも現役であり続けているのだ。
 


レジも年季が入っている。実は壊れていて計算はできない
 

はまれぽステッカーを貼ってもらった!



常連客が口をそろえて美味しいという料理とは?≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事