検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
  • 横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

ココがキニナル!

オスと間違われていたシロクマのツヨシがズーラシアに嫁入りします。 性別を間違えられた経緯やズーラシアでの暮らしぶりをレポートお願いします(たこさん)

はまれぽ調査結果!

2003年12月に札幌市円山動物園で出生。目視で性別を判断するノウハウが不十分でオスと判断された。ズーラシアの公開は3月19日から

  • LINE
  • はてな

2016年03月18日

ライター:平田 志帆

2016(平成28)年3月1日、横浜市旭区のよこはま動物園ズーラシア(以下ズーラシア)にメスのホッキョクグマが来園し、3月19日の一般公開を待つばかりとなった。しかし、メスにもかかわらず名前が「ツヨシ」・・・?

あまりにキニナルので、ツヨシのふるさと、札幌市円山(まるやま)動物園に取材を申し入れた。
ちなみにシロクマとは俗称なので、表記はホッキョクグマに統一する。
 


札幌市中央区に位置する札幌市円山動物園(写真提供:札幌市円山動物園)
 



目視での性別確認は難しい

回答してくださったのは、飼育展示課の石橋佑規(いしばし・ひろき)さん。

ツヨシは2003(平成15)年12月11日に父デナリと母ララの間に生まれ、元・北海道日本ハムファイターズの新庄剛志(しんじょう・つよし)選手にちなんで名づけられたという。
 


雪と戯れるツヨシ(写真提供:札幌市円山動物園)
 

では、なぜ性別を間違えられてしまったのだろうか。

「当時、ホッキョクグマの繁殖は非常にまれでした。当園でも数10年ぶりで、ホッキョクグマに詳しい職員がいなかったのです。そんな中、母グマと引き離されてパニック状態で暴れる子グマの陰部を確認したため、誤った判断につながってしまいました。複数の職員で二重三重に確認していれば、防げたかもしれません」と石橋さん。
 


母グマのララと一緒に(写真提供:札幌市円山動物園)
 

ツヨシがメスだったという衝撃の事実が発覚したのは、2005(平成17)年1月に釧路市動物園に移ってからだという。

札幌市円山動物園では、これを機にDNA鑑定での性別判断を導入。その後は嬉しいことにホッキョクグマが次々と誕生したおかげでノウハウが蓄積され、現在は目視で性別を確認できるようになったそうだ。

お礼を言い、性別が間違っていると発見した経緯を伺うため釧路市動物園に問い合わせをした。
 


もしや、メス・・・?

対応してくださったのは広報担当の古賀公也(こが・きみや)さん。ツヨシはクルミというメスの“お婿さん”として釧路市動物園にやって来た。

オスとして来園したツヨシだが、当初から一部の飼育員より「メスではないか?」という声があったという。たとえばヒグマの飼育に長年携わってきた職員は、お尻の形などから性別に疑問を持っていたそうだ。
  


ツヨシ、メス疑惑浮上(写真提供:釧路市動物園)
  

しかし、あくまで婿殿としてやってきたツヨシ。オスであると信じ、クルミとペアリングを試みた。
 


ツヨシの“元妻”クルミ(写真提供:釧路市動物園)
  

幸い相性が良く楽しく過ごしていたが、繁殖につながる行動は一切見られない。人間に例えるなら、男女関係ではなく友達同士のような関わり方だったのだ。

さすがにおかしいと思い、釧路市動物園は性別鑑定を実施。麻酔で眠らせている間に陰部を確認し、さらにDNA鑑定も行った。

そして結果、メスだったのである。
  


ホッキョクグマの性別判断は難しい(写真提供:釧路市動物園)
 

素人の感覚だと、性別の判断ミスはお粗末に思える。しかし古賀さんによると、目視で性別を判断するには職人レベルの経験が必要だそうだ。

その経験がなければ、ホッキョクグマを静止させ、じっくり陰部を観察しなければならない。しかし子グマに麻酔を打つのはリスクが高く、使用にはかなり慎重になるという。

確かに札幌市円山動物園の石橋さんも、子グマが暴れる中で性別の確認をしたと言っていた。ツヨシを思うがゆえの間違いだったのだろう。

ホッキョクグマの性別判断は、人間のそれとは比べ物にならないほど難しいようだ。
  


人間なら、性別の判断は一瞬(フリー画像より)
 


ツヨシ、横浜に!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

野毛山動物園がお金がないから「しろくまの家」を放置している?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

サルの種類が横浜イチ多い、よこはま動物園ズーラシア

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

プロ野球開幕!ベイスターズファンの様子は?

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

新着記事

らぁ麺ランナーズ! 藤沢の「鴇(TOKI)」店主、第四走者・横山巧

    • 面白かった38
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2018年09月22日

【編集部厳選】昨日のアド街ック天国は「横浜」! はまれぽも横浜発祥の文化をご紹介!

    • 面白かった35
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2018年09月23日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜
横浜・神奈川のお出かけ情報

はまれぽ編集部のイチオシ

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

JAZZの生演奏を聴きながら、昔ながらの手作り南欧料理に舌鼓。横浜駅西口「エルスウェーニョ」

  • PR

世界中から大注目! ここでしか買えない革製品が大人気の「レザー ファクトリー ロベル」

  • PR

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

あなたの人生を手厚く支える最適な保険を提案。100年先も愛される保険代理店をめざす「株式会社仲亀」

  • PR

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

アヒージョ専門店が野毛に。味わいとバリエーション豊かなアヒージョとお酒が楽しめる新名店「SPOON」

  • PR

労働環境改善から社員の意欲向上、業績アップへ! 助成金や雇用などを気軽に相談できる心強い存在がここに

  • PR

ペットを飼う前から相談できる!? 一生つきあっていきたい「三ツ池動物病院」

  • PR

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 二俣のジョイナステラスのエスカレーターが右側通行になっていることに何か違和感を感じるのですが、まあそ...

  • 着々と準備が進んでいる相鉄の都心直通プロジェクト、「京王ライナー」や「S-TRAIN」のような座席指...

  • LAやマンハッタンで大人気のウマミバーガー。日本での2号店が横浜の、それも最大競合のシェイクシャック...

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント