ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    またまた反町ネタ(?)ですが、以前反町交番から国道1号線につながる道の途中・・・有名な中華そば「八龍」さんの並びのビルの2Fに「侍」というステーキ屋さんがありました! ランチタイムにはかなりお得な価格...

    かもめぼんぼんさん

    羽衣町にワンタンスープ専門店「くぬぎ屋」があります。券売機を見たら雲呑麺は無く雲呑スープだけがある事がわかりました。何故スープだけなのかがキニナリます。

    bjさん

    三ツ境のOKストア裏手にある「イレブン」というお店は、カラオケだけでなく骨盤矯正を売りにしている模様で前を通るたびにキニナります。更に結婚式を無料で挙げられる!らしいのですが、果たして実績があるのか、...

    町田県民さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

今年の横浜DeNAベイスターズは何位? CS出場可能?

まだあきらめない! ここから優勝でしょ!
2位に入って、目指せ! 本拠地CS開催!
今年も3位で、CS出場!
4~5位に転落するかも!?
まさか・・・最下位?
興味ない

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
2位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
3位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
4位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!~学校の歴史と防大ツアー編~
5位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
6位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
7位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
8位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
9位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
10位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
11位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
12位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
13位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
14位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
15位
戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る
16位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
17位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
18位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
19位
ベイスターズジュニアチームではどんな選手が選ばれる?
20位
横浜の子どもの4万人以上が貧困? その実態と横浜市の対策とは?
21位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
22位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
23位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
24位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
25位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
26位
焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは
27位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
28位
ベイスターズジュニア、1次選考会の様子はどんな感じ?
29位
空襲体験者が語る、湘南地域を襲った空襲被害とは?
30位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

「道の駅」は有名ですが「海の駅」はご存知でしょうか?山下町にも「よこはま・しんやました海の駅」があるようです。新しいお店(モンベル?)も出来るようですが詳細が気になります(あびゃびゃびゃさん) 

はまれぽ調査結果

「よこはま・しんやました海の駅」は、マリンレジャーやグルメが楽しめる場所で、アウトドアブランド「モンベル」直営店オープンは5月下旬予定。

ライター:楪 ゆう子 (2016年05月07日)

横浜初の「道の駅」設置構想のその後がキニナル中、実は「海の駅」なら前からあるらしいというキニナル投稿が。

さっそく山下町の「よこはま・しんやました海の駅」に向かった。
 


高速「新山下出口」からすぐ。車でのアクセスが便利だ
 

「よこはま・しんやました海の駅」は、みなとみらい線「元町・中華街駅」元町方面5番出口から徒歩12分。

たどり着いたのは「タイクーン」跡地・・・。

エェ!? ここが「海の駅」?
 


「タイクーン」=「海の駅」の謎を解明!
    


オリエンタルシーフードレストラン「タイクーン」
  

「タイクーン」は、1989(平成元)年、新山下の倉庫を改装してオープンした歴史あるシーフードレストラン。2015(平成27)年5月に閉店するまで、長らく“新山下の夜の顔”として愛され続けてきた。
 


夜景が美しい大人の隠れ家的レストランだった
 

同年7月、「肉フェス」を皮切りに、さまざまなイベントのコラボスポットとしてリニューアルオープン。11月からは、広島の牡蠣や魚介・BBQを楽しむことができる『ひろしま元祖「ミルキー鉄男のかき小屋 by TYCOON」』が営業中だ。

今回はまず「よこはま・しんやました海の駅」の概要について伺い、その後、かき小屋でカキをたらふく堪能したい。
 


ベイブリッジを眺めながら新鮮な牡蠣を焼いて食べるオープンBBQエリア
 

かき一盛り(10~12個)1500円で販売中
 

うーん、ここは飲食店、というわけではなく「駅」なんですよね? 

そもそも「海の駅」ってなんなんですか?

海の駅ネットワーク事務局・事務局長の中村貢(なかむら・みつぐ)さんと、タイクーンを運営する藤木企業株式会社の荻原利晃(おぎわら・としあき)さんにお話を伺った。
 


荻原さん(左)と中村さん
 

すると「全国1079ヶ所にある『道の駅』とは、成り立ちからして違うから少し分かりにくいかもしれませんね」と中村さん。

「海の駅」は、NPO法人などのさまざまな団体が集まってスタート。その複雑化した組織を一元化するため、2013(平成25)年より任意団体「海の駅ネットワーク」が事務局となって運営し、国土交通省の海事局がバックアップしている。
 


「海の駅」のミッションは、たくさんの人に“海の楽しみ方”を伝えること
 

「海の駅」は、すでにある施設と設備を活用し、従来のマリーナに加え、漁港、一般港などを「海の駅」と認定することによって“ボートなどの利用者の利便性向上に役立てる施設”。また、海に親しむことができる施設として、地域に密着した“地域活性化拠点”の役割も担っているとのこと。

海の駅認定のための要件は、海からの来訪者のための「一時係留設備がある」、「トイレがある」、「情報提供施設がある」という3つ。
 


認定されるとホームページ、ブログにて紹介し、海道通信などにて紹介される
 

記念すべき海の駅第1号は、2000(平成12)年に認定された、広島県呉市にある「ゆたか海の駅」。

現在では2016(平成28)年3月末時点で全国154ヶ所が登録されており、5月1日には「横須賀市・深浦ボートパーク」が仲間入り。進行中のものを含めると、5月末までに全国160ヶ所になる予定だ。
 


瀬戸内海「ゆたか海の駅 とびしま館」(公式サイト「ゆたか海の駅とびしま館」より)
 

その形態はさまざまで、タイクーンのような“桟橋があるレストラン”はもちろん“桟橋があるホテル”、海鮮市場や温泉まで備えた“漁港”、“遊覧船跡地”など、バラエティーに富んでいる。テーマパークの長崎ハウステンボスも、実は「海の駅」なのだ。
 


オランダ文化を満喫できる「ハウステンボス海の駅」(フリー画像)
 

なかでも、千葉県鋸南(きょなん)町の保田(ほた)漁業協同組合が運営する「お食事処ばんや/ばんやの湯」を登録した「きょなん・ほた海の駅」が、漁師の強みを生かした食堂やプレジャーボートの受け入れで来客数が急増。土日の来客が8000人を超えたそうだ。
 


大成功となった「きょなん・ほた海の駅」(千葉県公式観光物産サイトより)
 

きょなん・ほた海の駅の「漁師料理ばんや本館」(千葉県公式観光物産サイトより)
 

こうした成功事例を受けて、ここ1年は地方自治体からの視察やオファーが増加中。

横浜には、取材に訪れた「よこはま・しんやました海の駅」のほか金沢区の「よこはま・かなざわ海の駅」がある。
 


横浜ベイサイドマリーナ「よこはま・かなざわ海の駅」
 

「既存の施設があって、なおかつ“海の駅事業”に賛同いただけるところを認定していくので、関東17駅のうち10駅はマリーナが豊富な神奈川に集中しているんですよ」と中村さん。
 


ボートにとってのマリーナはベースキャンプ機能が求められる
 

関東の海の駅マップ(海の駅公式サイトより)
 

そもそもレストランだったころのタイクーンが登録されていたことも知らなかったが、いつごろから「海の駅」だったのだろうか? 

荻原さんは「認定されたのは2006(平成18)年なので、今年で10周年ですね。レストランのお客様に向けた無料の“横浜港周遊クルージング”も『海の駅』としての活動の一環で、陸からのお客さまに海を楽しんでいただくためのサービスでした」と答える。
  


横浜らしい景色が一望できる贅沢な周遊クルージング
 

桟橋があるレストランは全国でも数少ない
 

海上からの利用者は、10名ぐらいでにぎやかに乗り付けるボートもあれば、引退した夫婦ふたりが小さなヨットで立ち寄ることも。最近多いのはSUP(スタンドアップパドル)やジェットスキーを楽しむ若者たち。マリンレジャーを楽しむ人たちからは「海の駅」として十分認知されているようだ。
 


海の上を散歩する新感覚マリンスポーツSUP(ミズベリングHPより)
 

しかし、日本のボートやヨットを所有する層は、年々減少傾向にある。長引く不況と、海に親しむ環境の減少が招いた若年層の“海離れ”の影響により、マリンレジャー業界全体が縮小しつつあるという。
 


26フィートクラス国産新艇で1500万円ほど
 

そこで「電車で行ける希少な海の駅」であるタイクーンが仕掛けた次の一手こそが、5月下旬オープン予定の「モンベル 横浜しんやました店」の誘致だ。
 

期待の新施設はどんな感じ?≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事