検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜美術館とマークイズの間のグランモール公園。リニューアル後はどうなる?

ココがキニナル!

グランモール公園は工事でどう変わる?/スプレー書きの国名の意味は?/横浜美術館前の噴水の復旧は?(ta-TAさん/KUMIさん/じんパパさん/sariさん/アンクル商會さん)

はまれぽ調査結果!

ベンチなどが作られ、滞在性のある憩いの場となる。スプレーで書かれていた国名はベンチのレンガの積み方。噴水は2016年秋には稼働を再開した。

  • LINE
  • はてな

ライター:福原 麻実

横浜美術館やマークイズの目の前に広がるグランモール公園が現在リニューアル工事中とのこと。

グランモール公園とは、みなとみらい二~四丁目にある総面積約2万3000平方メートル、下図のように、すずかけ通りとさくら通りの約700メートルを結ぶ非常に長い公園である。
 


図の緑色の部分すべてがグランモール公園

 
2016(平成28)年の夏から横浜美術館前の噴水も「故障している」とのキニナル投稿があるが、現在はどうなっているのだろうか? また、公園のリニューアル後はいったいどんな姿になるのだろう? 早速調査へ!



現地調査へ



まず、以下の2枚の写真は、2016年7月に撮影した噴水の姿である。

 

「噴水運転停止中」という張り紙がプランターに貼られていた


広大でフラットな噴水部分は、ここも通路のよう。水は出ていなかった

 
そしてこちらが、2016年12月上旬の様子である。
 


噴水は修復が終わって、稼働しているようだ

 
公園の両端では工事が行われていた。青いフェンスが連なる、その向こう側では・・・
 


工事が広範囲で行われ


レンガが積まれていた

 
そして投稿にもあったように、スプレーで国名が書かれた何かがあった。
 


これは「ドイツ」で


こちらは「イギリス」と書かれている

 
ほかにも「オランダ」らしきものもあった。これらの国名の意味は? 何種あるのか? そしてそもそも、これは何なのか?

リニューアル工事について詳しく知るために横浜市環境創造局を尋ねた。