ワンランク上のおもてなしをあなたに・・・ | イチオシプレミアム

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

靴専科 綱島店|横浜市港北区のシューリペア工房
町のかかりつけ医・関内編
まちの不動産屋さん

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    上大岡イトーヨーカドーが3月で閉店になります。デニーズ1号店があったり、地域に密着していたので残念です。イトーヨーカドー撤退後、何になるのか気になります。どうぞ調査宜しくお願い致します。

    maru。さん

    2017年2月26日、圏央道茨城県区間が開通し 湘南から成田空港辺りまでが繋がりますが こちらを使う高速バスなどはあるのでしょうか?

    soraさん

    金魚グッズを集めています、横浜でたくさん売ってるお店ありませんか?

    ななここさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

そろそろ梅が見どころの季節。どのエリアに梅を見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
関内の激セマ駐車場にある明らかに出入りできない車! その真相は?
3位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
4位
横浜市内に創業100年を超える旅館が存在!?ライター松宮が弘明寺にある「中里旅館」に突撃!
5位
かつて花街があった開発前の「上大岡」の歴史について教えて!
6位
スポーツと横浜をつなげる横浜DeNAベイスターズの新拠点「THE BAYS」の詳細は?
7位
【編集部厳選】移り行く横浜の景色。施設編
8位
桜木町駅から迷いこんだ「不思議の野毛のアリス」? “電気も消えていて営業していない”雑貨ショップを捜し歩いて徹底調査!
9位
【編集部厳選】線路はあるのに駅がない!? JRの謎特集
10位
【編集部厳選】みんなキニナってる!? 横浜市営地下鉄の謎!
11位
かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当!?
12位
横浜から世界一の美女!? ミス・ユニバース神奈川県予選に潜入!
13位
内野席7000席が「横浜ブルー」に染まる新生横浜スタジアムはどうなるの?
14位
春節を迎えた横浜中華街2017、カウントダウンの様子をレポート
15位
【編集部厳選】あなたは全部読めるか!? 横浜の難読地名シリーズ!
16位
かつて野毛山公園にあった観覧車、20年前まで京急の車窓から見えたって本当?
17位
【速報】春節を迎えた横浜中華街の様子は?
18位
通年で需要あるの? イセザキ・モールの「尾張屋林呉服店」に潜入!
19位
こいの道を教えてくれる!? 立場駅近くの「湘南錦鯉センター」とは?
20位
「ハマの永遠番長」三浦大輔さんが就任した横浜DeNAベイスターズスペシャルアドバイザーってなに?
21位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
22位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
23位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
24位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
25位
【編集部厳選】幸せってなんだっけ・・・? 的な人必見! 「横浜ラッキーアイテム」!
26位
市内をママチャリで駆け巡る、奇抜な帽子おじさんってどんな人?
27位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(2月16日~2月22日)
28位
横浜DeNAベイスターズに加入した現役メジャーリーガー2投手の入団会見をレポート!
29位
伊勢佐木長者町で体験! “和太鼓のレジェンド”たちによる体験レッスンで「太鼓の達人」は上達するのか?
30位
横浜DeNAベイスターズの新外国人シリアコ選手とウィーランド投手の入団会見をレポート!
ハマの永遠番長! 横浜に野球人生を捧げた、三浦大輔さんを徹底解剖!
「はまれぽアプリ」で新着記事をソッコーGET!
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年2月

横浜のココがキニナル!

本牧間門にある「鉄板ダイニング 粉」の求人が秀逸なので、ぜひ先輩の定義を調査 してきてください!(たむたむたむさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

先輩とは、年上の人を敬った「人生の先輩」という意味。店長の熱い思いが伝わるお店はもんじゃが美味で、アルバイトが人としても育つ店だった!

ライター:しば けん (2017年01月27日)

こんばんは、しばけん(貧乏)です。
アルバイトの求人募集といえば「○○歳から30歳まで」など、上限のあるところが多いですよね。しかし、本牧間門にある飲食店の求人募集は「16歳から先輩まで」という変わった張り紙をしているそうです。

はたして「先輩募集」とはなんなのか。
口癖が「おやびん」、語尾が「やんす」の根っからの後輩気質・しばけんが調べてきました。

今回我々が向かったのは本牧間門にある「鉄板ダイニング 粉(こな)」さん。
 


JR根岸駅前からバスに乗って約10分で到着


お店外観

 
デカデカと「粉」の看板が掲げてあるので、迷う人はいないだろう。
肝心の「先輩募集」の求人はあるのだろうか。なかったら企画自体が成り立たない。おそるおそる店の扉を見てみると・・・
 


あった!

 
「16歳から先輩まで募集」の求人を発見。
安心したところで、早速お店の中に入りましょう。
 


とぼり「じゃあ、入りましょうか」

 


とぼりひっちって誰?

編集部・広瀬「あんた誰!?」

とぼりひっち「パントマイムを生業としている“とぼりひっち”です」

しばけん「僕が呼びました」

広瀬「なんでパントマイムをやっている人を呼ぶんですか? そもそも、とぼりひっちってなんですか? 聞きたいことが山ほどあるんですけど!?」

しば「説明の前に、まずこの写真からご覧ください」
 


とぼりひっちのツイッター

 
広瀬「これがなんだっていうんですか?」

しば「とぼりさんの12月21日のツイートを見てください。『借金、あと175万円』と書いてますよね? そのあとになんて書いてありますか?」

広瀬「え・・・? 『競馬で勝って返すぜ』・・・」

しば「そう。とぼりさんは、借金175万円を作ってもマジメに返さず、ギャンブルで返そうとしているクズなんです。そのクズが、先輩募集をしているお店で働いたら・・・?」

広瀬「絶対に面白い!」

しば「はまれぽの読者は・・・?」

広瀬「大満足!」

しば「とぼりひっちの名前の由来は、ひとりぼっちと掛けている、というユニークな理由については?」

広瀬「わかりにくい!」

しば「よし、早速中に入りましょう!」

広瀬「強引すぎるでしょ!?」
 


長い前フリ

 
とぼり「あの、盛り上がってるところすいません・・・『競馬で勝って返すぜ』というツイートは、アプリの名前みたいなもので、僕自身競馬で返すつもりはありません」

しば「ぁぇは!?」

とぼり「あと、借金理由は奨学金の返済なんですけど・・・」

しば「(絶句)ウソッ・・・!?」

広瀬「えっ、えっ、じゃあ、とぼりさんクズじゃないんですか?」

とぼり「そうですね・・・アルバイトは掛け持ちしてますし、人からお金は借りないです。今回、しばけんさんに呼ばれたのは「面白い企画があるから来てくれ」とだけ言われて・・・もう少し企画説明をしてくれたら、辞退してたんですが・・・」

広瀬「おい! しばけん!!」

しば「ひー! おやびん、許してくれでやんす~!!」



気を取り直してお店に潜入

ということで、マジメなとぼりさんは後々何かに使うとして、「鉄板ダイニング 粉」へ入店。
 


広々として非常にキレイな店内にビックリ。新店なのか、ここは?

 
鉄板ダイニング粉に入店したのが午後7時。
 


我々を迎えてくれたのが、店長の藤野正宏(ふじの・まさひろ)さんです。

 
とっても気さくな藤野さん

しば「きょうはよろしくお願いします。僕と広瀬さんのほかに、よく分からない金髪もいますが、気にしないでください・・・」
 


よく分からない金髪

 
藤野さん「うん。本当によく分からないけど、気にしないことにするよ」

しば「まず、このお店はオープンしてどのくらいなんですか?」

藤野さん「2010(平成22)年12月にオープンしたから、今年で7年目かな」

しば「7年目なのに、お店ピカピカですね!」

現在、スタッフは藤野さんを入れて3名で切り盛りしているが、平日は藤野さん1人で対応することもあるらしく、接客、調理、掃除など全部1人でやるんだとか。

それでこのキレイさはすごい。
 


新品と間違うくらいピカピカの鉄板

 
もともと藤野さんは、株式会社NEXTという建設関係の会社の代表取締役で、これまで500から600店のグルメやアパレルの店舗を作ったそうだ。

しば「お店を作るって、一から考えるんですか?」

藤野さん「そうそう、『ドアはどういう形にしよう』とか『椅子やテーブルはどこに配置するか』とか。楽しい仕事だよ」

そして、その仕事がきっかけで自分でもお店をもちたいと、鉄板ダイニング粉をオープン。以前は別のスタッフが切り盛りしていたものの、諸般の事情で藤野さんにバトンタッチ。

しば「本牧にオープンしたきっかけってなんですか?」

藤野さん「地元だし、動きやすいっていうのが一番の理由かな」

しば「鉄板焼き屋を開こうと思った理由はなんですか?」

藤野さん「お客さんに焼いて楽しんでもらいたいというのと、大阪に行ったときに食べたタコ焼きの味に感動してね。「これを本牧でやろう!」と思ったの」

しば「ん? でも鉄板焼きでタコ焼きはできないのでは・・・」

と、疑問に思ったところ、藤野さんが指さしたところには・・・
 


タコ焼き器!


バーカウンターもある


後ろには駄菓子が

 
このようにタコ焼きを食べながら、お酒を飲めるバースペースを併設。
そして、後ろには駄菓子コーナーがあり、なんでもありなお店だ。

しば「おもちゃ箱をひっくり返したようなお店ですね」

広瀬「何その表現!?」

ただ、現在はスタッフが少ないこともあり、タコ焼きやバーカウンターは休業中とのこと。う~ん、残念。

しば「客層はどういう方が多いですか?」

藤野さん「地元の家族連れが多いね」



真相に迫る! 求人の「先輩募集」の意味とは?

しば「へ~。あ、そして一番聞きたかった事なんですけど、表にある『先輩募集』というアルバイトの張り紙・・・あれは、どういう意味なんですか?」

藤野さん「求人の募集年齢を明確な年齢で限定せず、人生の先輩なら何歳でも歓迎です! という意味で作ったんだよね。たとえば、『65歳や75歳の人募集』って書くと、相手を年寄り扱いして失礼でしょ?」

しば「たしかに、年齢が限定されていないほうが応募しやすいですね」
 


藤野さんの気持ちが伝わってくる

 
藤野さん「あと、ここが地元っていうのもあるかな。地元だと年上の人たちを『先輩』って呼ぶでしょ? 先輩ってさ、学ぶことが多いじゃない? 一応、店長だから仕事のことは教えるけど、それ以上に先輩からいろんなことを教わりたいし、中学・高校の先輩がフラッと来る感じで来てほしいというか、ね」

先輩の求人募集にそんな意味が込めてあったなんて。
深イイ話を聞いて、しばけん、広瀬、とぼりはジーンときました。

しば「ちなみに、藤野さん今年齢は?」

藤野さん「46歳」

しば「どんどん先輩が狭まっていきますね・・・」

藤野さん「そうなんだよ・・・」

この記事を読んでいる先輩の皆さん。
スタッフに興味があるようでしたら、鉄板ダイニング粉に連絡してください。

そろそろ3人ともお腹が空いてきたので、メニューを見ることに。
 


豊富なメニュー

 
鉄板ダイニング粉のメニューは「お好み焼き・もんじゃ焼き」「鉄板焼き」のほか、「おつまみ・サラダ」「揚げ物」「ごはん/スープ・デザート」「お飲み物」「ル・ヴォルカン(果実リキュール)」「ドーバー和酒(リキュール)」と非常に豊富。
 


鉄板焼きのコツ(お好み焼きver.)


鉄板焼きのコツ(もんじゃ焼きver.)

 
そして、鉄板焼きのコツがメニューに載っているのがありがたい。
たまに鉄板焼きデートに行ったときなんか、もんじゃ焼きの作り方が分からずに適当にやってしまい、女の子をドン引かせたことは男性なら誰しも経験するはずだし(・・・経験するよね?)。

せっかく来たので、藤野さんオススメの「おまかせもんじゃ(400円+トッピング代)」「国産なんこつから揚げ(380円)」、「シーザーサラダ(780円)」を注文。

しば「じゃあ、とぼりさん。出番です」

とぼり「えっ、あっ、はい」
 


急にエプロンの付け方を指導される・・・

 
 
とぼりさんの仕事体験! お客さん役はしばけんです ・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

本牧でサバサンド!? 三渓園近くの超ディープスポットに突撃!

知られざる横浜名物、上田屋の「本牧シュウマイ」とは?

本牧にオープンした「ふくろうカフェ」ってどんなところ?