検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。絶賛公開中!
  • 横浜の花見スポット2019 ~シーン別桜の名所20選~
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
  • はまれぽ.comに、あなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

野毛の都橋商店街2階の“華”。スナックだけど、中華料理が大人気のよう。キニナルけど怖くて入れません/ママさんは中華のコックさんだったの?(よこはまカエルさん・Walkman8888さん)

はまれぽ調査結果!

父は元・華正樓の料理人、弟は崎陽軒本店の初代総料理長だった中華料理人一家。美味しい広東料理と、店主の人柄がお客さんを繋ぐ居心地の良いバー

  • LINE
  • はてな

2017年05月06日

ライター:紀あさ

横浜に夜のとばりが下りる。野毛の時間の始まりだ。
 


大岡川を泳ぐ鯉のぼりすら、どこか艶っぽく見えるような

 
いざ、酒場へ。



都橋商店街へ

都橋商店街は、JR桜木町駅と京急日ノ出町駅の間、大岡川に沿う形で建っているビル。両駅からは徒歩10分圏内だ。
 


「街」の名のつく「ビル」である。(Google Mapに著者が橋名を書き込み)


日ノ出町側から川沿いの道を行く


都橋商店街に到着。1階は外から様子の分かる店もあるが


階段を上がり、2階に行くと


扉を開けるのがドキドキのお店が並ぶ

 
しかし、ご安心ください。はまれぽでは、かつて記念すべき100本目の記事で都橋商店街を調べた折に、「大丈夫です。雰囲気は怪しいですが、勇気を出して入ってみてください」という、心強い調査結果を出している。

 


でもちょっとドキドキ、で扉を開けた

 


「華」

扉の向こうは、カウンターのみで8席のバーだった。

 


こぢんまりとしているが、窮屈な感じはない


出迎えてくれたのは店主の容子(ようこ)さん

 
「呼び名はママですか? 容子さんの方がいいですか?」と尋ねると、「一人でやっていて、ほかに女の子がいるわけじゃないから、ママではないのよ」という。

 


まずはお通し。イカと野菜のあえもの

 
素材の味も色もやさしい。

「お通しがおいしいと、そのあと頼むのが楽しみになるでしょう」と容子さん。お通しと最初の1杯で1000円と、お財布にもやさしい。

ビールにしようかと思っていたが「うちのはカメ出し」と言われたので、紹興酒に。

 


透き通ったカメ出し紹興酒

 
香りと味に透明感があり、薄いわけではないのだけれど、レモンのアクセントと相まって、飲みやすい。実は普段はあまり紹興酒を飲まない筆者だが、こんなにおいしい紹興酒初めてかも! と思うほど!

 


中華街でカメから仕入れてきた紹興酒。ボトルキープも見られた

 
壁に張られたメニューを眺める。

 


何にしようかな

 
値段表示がないが、尋ねてみると、ウイスキーがグラスで500円、ビール中瓶700円、焼酎ボトルキープ4000円、食べ物は餃子が800円と、とくに怖がることはない価格だった。

「華」のお客さんがまず絶賛するのは、餃子。容子さんの手作りで、粉から全部自分で取り寄せているという。水餃子、蒸し餃子、焼き餃子の3種。

 


あつあつ、ゆでたて水餃子


ほかほか蒸したて蒸し餃子


パクチーが入った特製の薬味に


しょうゆ少々とレッドビネガーと酢を十分に混ぜる


たっぷり絡めて、パクン!

 
肉、キャベツ、ハクサイ、ニラ、ショウガ、ニンニクのじゅわっとした素材感が、薬味とタレと混ざり合って、至福。水餃子はぷっくら。蒸し餃子はぎゅっと濃縮された味。


開店当初からある麺類(1000円)も人気メニュー。「『野毛のラーメン屋』って呼ばれながら、商店街のほかのお店に出前したりもしていた」と容子さんは当時を振り返る。

 


ネギソバ(汁あり・なし)のうち、汁なしをオーダー

 
麺はラーメンの様にゆでてから、汁を切っていた。パクチーや腸詰などの具材は広東風なのだろうか。かなりのボリュームだったが、後をひくおいしさで完食。
 


ヤキソバの麺ではなく、ラーメンの麺を使用

 
席にいると、だんだん後から入ってきたお客さんたちとも話がはずんでくる。「ここはね、旨いんだよ。何が旨いって、メニューにない食べ物が出てきたときが旨い」など口ぐちに絶賛。

隣にいた男性は、いつもフードは容子さんにお任せのようで「おなかすいてる?」「うん」の会話で出てきていたのはこんなメニュー。

 


すこし分けていただいたオイルサーディンは、ふわふわでとろけそう

 
 
36年目の「華」、今日までの歴史は? >>
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

土日の昼だけ野毛に現れる“幻のラーメン店”ってどんなところ?

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

スナック隣接の「餃子居酒屋」?鴨居のディープスポットに突撃!

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

電気も消えていて営業していない雑貨ショップを捜し歩く!

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

崎陽軒のお弁当&シウマイ人気ベスト3など、崎陽軒に関する疑問を一挙に解決!

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

新着記事

締切迫る!相鉄新型車両12000系に一番最初に乗りたい人、急げ~!

    • 面白かった47
    • 面白くなかった4
    • コメント0
  • 2019年03月26日

2020年春開業!「ビルボードライブ横浜」が馬車道の「生糸絹物専用倉庫」に登場

    • 面白かった48
    • 面白くなかった5
    • コメント1
  • 2019年03月26日
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。絶賛公開中!
横浜の花見スポット2019 ~シーン別桜の名所20選~
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.com無料掲載のお知らせ

はまれぽ編集部のイチオシ

受験対策はテスト対策にあらず。点数より、知ることへの興味を伸ばす「啓進塾 金沢文庫校」

  • PR

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷オートマン」

  • PR

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

思わず働きたくなる! 社員満足度ナンバーワンを目指し、業界の“当たり前”に挑戦し続ける横浜の運送会社

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

フカヒレ姿煮がのった豪華メニューも1人2400円で食べ放題! いま中華街で話題沸騰の「中国飯店」

  • PR

証拠を掴んで新たなスタートを目指すなら、横浜駅東口徒歩9分の浮気調査専門探偵社「調べ屋本舗」

  • PR

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • あざみ野駅構内にリニューアルオープンしたetomoあざみ野について調査してください。

  • しばらく前に大型ライブハウスのZeppがみなとみらいにできると聞いたのですが、現在の進捗はどうなって...

  • ラグビー発祥地の横浜の記念碑が中華街の山下町公園に建立されるそうですが、なぜ中華街なのですか? 日本...

あなたはどう思う?

「横浜スタジアム」のことをなんて呼びますか?

最近のコメント

アクセスランキング