検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 湘南育ちの兄弟デュオ「ブレッド&バター」ってどんな人たち?
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

説明会に潜入!横浜市営地下鉄ブルーライン延伸計画はその後どうなってるの?

説明会に潜入!横浜市営地下鉄ブルーライン延伸計画はその後どうなってるの?

ココがキニナル!

横浜市営地下鉄ブルーラインのあざみ野駅~新百合ヶ丘駅延伸の計画、どうなっているのか気になります(ナチュラルマンさん/タイサンさん/神奈川の玉子さん/HIDANAGAさん)

はまれぽ調査結果!

地下鉄ブルーラインはあざみ野駅から新百合ヶ丘駅までに3つの駅を設置予定。3案のルートについて意見募集が2019年9月中に行われ、その上で2019年度中にルートを選定する。完成目標は2030年

  • LINE
  • はてな

ライター:若林健矢

湘南台(しょうなんだい)駅からあざみ野(あざみの)駅までを結んでいる横浜市営地下鉄ブルーラインの、あざみ野駅から小田急線の新百合ヶ丘(しんゆりがおか)駅までの延伸が2019年1月に発表された。それは、はまれぽ.comでも過去記事でお知らせした通り。
完成した暁には、川崎市北部エリアから横浜市内へのアクセスが格段に良くなる見込みだ。
 
しかし発表にはなったものの、完成に至るまではまだまだ先の話。うーん、一体いつ、そしてどのルートで延伸するのだろう?
ブルーライン沿線住民は気になって仕方がないことだろう。そんな折、延伸についての説明会があるという知らせを聞きつけ、はまれぽ鉄道ライターの若林が参加。気になる部分を確認していきたい。
 
 
初日の会場は麻生区役所
 
今回の説明会は、2019年8月23日(金)、25日(日)、26日(月)、31日(土)の4回に分けて行われ、初日の23日は麻生区役所で開催された。
 


8月23日の会場は麻生区役所

 
区役所に入ると、開場前なのにすでに長蛇の列。そして説明会開始時には会場がほぼ満員となった。地域の住民がブルーラインの延伸に高い関心を持っていることがわかる。説明会の内容は全日程で同じだそうなので、わたしの参加した23日の内容で大丈夫だ。
 


地域住民にとって大変興味深いブルーライン延伸の説明会

 
 
事業の概要
 
この事業では、横浜市営地下鉄3号線(ブルーライン)を、あざみ野駅から新百合ヶ丘駅まで約6,0㎞~6,5km延伸させる。2014(平成26)年から事業化に向けた調査や検討が進められ、さる2019年1月に横浜市交通局が主体となって事業化の発表が行われた。
 


「あざみ野行き」が約10年後には「新百合ヶ丘行き」に

 


あざみ野駅から新百合ヶ丘駅まで、6,0km~6,5kmの延伸となる

 
言ってみれば、横浜市交通局が「延伸したい!」と打ち出したルートに対して、延伸をして本当に効果があるのか、採算が取れるのか、などが今までは調査段階だったが、その結果鉄道事業として「延伸する効果がありますよ」と関係者に認められたことで公式発表に至ったわけだ。
 


2019年1月23日に大体的に事業化発表が行われた

 
この延伸が完成すれば、新百合ヶ丘駅からあざみ野駅まで、現時点ではバスで約30分かかるところ、地下鉄で乗り換えせずに約10分!さらに新幹線を利用する場合は、現時点では町田(まちだ)駅を経由して新横浜(しんよこはま)駅まで約35分かかるが、延伸後は地下鉄で乗り換えせずに約27分に短縮!
 
また、湘南台駅でのみ小田急線と接続しているブルーラインが新百合ヶ丘駅でも小田急に接続することで、地下鉄沿線から小田原方面、唐木田方面、そして新宿方面への乗り継ぎが格段に良くなることも予想できる。
 


現在、小田急線とブルーラインは湘南台駅でのみ接続

 


新百合ヶ丘駅まで延伸後は3方面への乗り換えがしやすくなる

 
事業の費用負担は、概算事業費を約1800億円として、以下のような内訳になる。
 


事業費を約1800億円と概算(過去記事より)

 
赤い部分が横浜市交通局、青い部分が横浜市の負担。地方負担の430億円は、横浜市と川崎市が半分ずつ出し合い、両市協調のもと事業を進める方針だ。