検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

六角橋商店街にある銭湯「千代田湯」で行われる銭湯寄席はどんな様子?

ココがキニナル!

銭湯寄席が、六角橋商店街内の銭湯千代田湯で行われているようです。ぜひ、レポートをお願いします。(行方不明さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「二つ目」と呼ばれる真打ちになる前の落語家に、機会を与えようと生まれた寄席。2003年7月から奇数月の第三金曜に開催されるようになった、心温まる寄席だった。

  • LINE
  • はてな

ライター:河野 哲弥

町内の人にとっては、頑張っている息子を応援する気分

まだほのかな薄明かりを残す、下町六角橋。開演の30分ほど前になると、まるで日の入りを開場の合図とするかのように、多くの観客たちが千代田湯へ集まってきた。
 


この日は50席を用意、中には若い女性の姿も


開発さんによれば、寄席が終わった後は、親しい人たち同士による「囲む会」が開かれるそうだ。取材をするなら今のうち・・・とのアドバイスを受け、来場客にお話を伺ってみることにした。
 


左から、吉浜さんと、そのお友達の吉崎さんご夫妻


「(三遊亭)好の助さんはドジだから、それが楽しみ」とは吉崎さん。吉浜さんは、「でも、正月の寄席以来9カ月ぶりだから、どれだけ成長しているかも見どころ」と話す。何だか、子どもが出る学芸会で、その両親に話を聞いているような感じを受ける。
一方、どこかでお見かけしたような気がしたのは、この方。
 


以前「提灯祭」の取材でお世話になった、宮前商店街の小西会長(中央)


宮前商店街の小西会長は、同じ商店街の取り組みとして参考にするため、ときどき聴きにくるのだとか。そんな会長いわく、「銭湯建築の中で『大工調べ』を楽しめたらおもしろいなぁ」とのこと。すっかり役目を忘れ、自分が楽しんでいらっしゃるご様子だった。
 


開発さんを中心に、三遊亭好の助(左)と、柳家初花(右)
 

第一回目から前回までの演目が記された「ネタ帳」


さて、本日の主役、両「二つ目」にもインタビューしてみた。
三遊亭好の助は、「普段接することのない、他の流派の噺家さんたちと交流が持てて、刺激になる」との談。柳家初花は、「練習の機会が持てて非常にありがたい。真打ちになるのが、皆さんへの何よりの恩返し」と話していた。

やがて会場にはお囃子が流れ出し、いよいよ開演の時刻となった。




いよいよ二つ目の寄席、はじまりはじまり

ハナを切ったのは、柳家初花。演ずるは、奥さんとおめかけさんの両方の家から閉め出されてしまった旦那の話、「権助提灯」である。
対する三遊亭好の助は、まだ女性経験の少ない若旦那を、町の悪友が吉原へ連れて行く「明烏」を演じた。
 


柳家一門のご多分に漏れず、どっしりした体格の柳家初花
 

若旦那役がぴったりハマった、三遊亭好の助


多少のたどたどしさはご愛敬。下町の温かい人情に支えられ、最初はぎこちなかった「二つ目」たちも、次第にエンジンがかかってきたようだ。前半戦では、若旦那役を見事に演じきった三遊亭好の助が、一歩リードといったところだろうか。「うまくなったよねぇ」という声も上がっていた。

ここで休憩を挟み、今度は三遊亭好の助が、カゴ屋のドタバタコントともいうべき「蜘蛛駕籠」を披露。柳家初花は、伝説級の横綱が負け相撲を取った人情話「佐野山」で応じた。どうやら、こういった“聞かせる話”は、柳家一門のお家芸なのかもしれない。来場客のハートを、うまくつかんだようだった。



記念すべき100回公演、2020年を目指して

六角橋の人情が、若き落語家を支える銭湯寄席。このまま公演が続けば、2020年には100回を迎えることになる。現在75歳の開発さん、「それまでコッチが持たないよ」とおっしゃるが、何とか続けてほしいものである。
 


千代田湯のネタ帳に、また新たな1ページが追加された


もしかしたら、それまでには何人かの「真打ち」が、この千代田湯から生まれているかもしれない。しかし、彼らは「真打ち」になると、もうここには戻れないのだ。そんな巣立ちのはかなさも、この寄席にはある。
体だけでなく、心もじんわり温まる「銭湯寄席」。次の楽しみは、11月16日(金)だ。


―終わり―


千代田湯
http://home.netyou.jp/zz/tiyodayu/index.html
横浜市神奈川区六角橋1-7-20
電話:045-432-2783

 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

野毛の「横浜にぎわい座」ってどんなとこ?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

約80年の歴史を誇る「三吉演芸場」とはどんなところ?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

子どもと一緒に思いっきりはしゃげる川崎の遊び場に潜入!

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

横浜市内に点在する杉山神社を全社制覇!vol.4

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

  • PR

こんな記事も読まれてます

【横浜周辺で遊ぼう!】今週のオススメイベント情報(10月23日~10月29日)

ハマスタのほかに3会場で開催! 横浜DeNAベイスターズの「YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2018」をレポート

横浜市交通局が若きハン・ソロのオリジナル乗車券を販売! スタンプラリーを巡ってみた

【編集部厳選!】定番の味から、変わりダネまで! 中華特集

港北土木事務所のゆるキャラ「どぼくねこ」、その誕生秘話とは?

パシフィコ横浜で開催中!「Nostalgic 2days」の様子は?

巨大花火を打ち上げた幻の「丸子多摩川大花火大会」とは?

子どもと一緒に思いっきりはしゃげる川崎の遊び場に潜入!

新着記事