検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

舟で通勤!? 「鶴見川舟運復刻プロジェクト」とは?

ココがキニナル!

かつて盛んだった和舟による「舟運」が「鶴見川舟運復活プロジェクト」で私達も乗れたり通勤に使えたりするのでしょうか(オオバさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

舟の運行は年2回程度を目指して活動している。通勤手段としては難しいが、イベントに参加すれば舟に乗れる!

  • LINE
  • はてな

ライター:ほしば あずみ

舟運と、その周辺の歴史とは?

(つづき)
 
鶴見川流域の旧家には今でも川舟が幾艘(そう)か残っており、復活プロジェクトでは水害から避難するための「水害予備船」を譲り受けて調査、実際に浮かべる事もできた。
 


新横浜公園の遊水地に浮かんだ水害予備船(提供:復活プロジェクト 以下同)


「これをもとに舟も自作しました。まず実験的にボートのような1号艇『舟運丸』を作り、その後、和舟風の『たちばな』を。和舟を伝統の工法で忠実にとはいかなかったのですが、和舟を模した舟を、設計士や大工さんの力を借りて、みんなで作ったんですよ。大工さんといっても船大工ではなく、普通の大工さんなんですが、巻き込んじゃってね」と内山さん。

「プロが入ると仕上がりが違うね」と長谷川さんも笑う。
 


「たちばな」起工式の様子
 

2010(平成22)年11月、新横浜公園の遊水地で「たちばな」の進水式が行われた


また、実際に干潮を利用して、鶴見川を新羽橋から生麦河口まで往復する試みも行ったそうだ。上り下りそれぞれ約3時間近くかけて、達成したという。

「舟を出すって、意外と大変なんですよ。遊水地の場合は本来遊泳禁止なので許可をとらなければならないし、川でも、万が一事故を起こしてしまったらもう活動する事ができなくなってしまう。それでも年に2度くらいはイベントとして舟を出す予定です」と長谷川会長は語る。
 


1号艇「舟運丸」に乗る子どもたち


残念ながら、現在のところ通勤手段としては現実的ではないようだが、「通勤に和舟を」という投稿の発想には長谷川会長も内山さんも大喜びだった。
「それはいいなあ、そうなったら面白い!」
 


満員電車を尻目に和舟で通勤なんて趣がある!


内山さんは言う。
「鶴見川に和舟を浮かべる、というのが目標で、それは達成したわけですが、今後もプロジェクトは続いていきます。舟を出して自然観察をして、舟運だけにこだわらず鶴見川流域の歴史や伝統文化を次の世代に伝えていきたいと考えています」
 


取材を終えて



鶴見川に舟運は復活していた。舟運だけではない、地域の歴史や伝統も守り受け継がれていた。プロジェクトには誰でも参加できるそうなので、舟に乗ってみたい、鶴見川の流れも歴史もさかのぼってみたい方は復活プロジェクトに参加してみてはいかがだろう。


 
―終わり―


 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • ゆっくりと鉄橋を渡る、いつも通りギュウギュウ詰めの電車内から、ふと外を見ると、いつもの通り大渋滞の道路と、だだっぴろい川面が。ああ、たまには、小舟で通勤(通学)してみたい!と何度考えたことか!・・・無理だとは薄々気づいていましたが(^^;通勤には無理でも、いつか遍路笠を被って「たちばな」で花見や月見とかできればいいなあ、と考えています。調査ありがとうございました。

  • 真っ先にサイエンスフロンティア高校の生徒が通学手段に使いそう(笑)かはともかく天候にも左右されやすいため日常の通勤手段には解決すべきハードルが多く、なかなか難しいかもしれません。観光といっても、見るものもないし。大綱橋あたりにアザラシでもいればどうかな?

おすすめ記事

鶴見川漕艇場ってどんなところ?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

かつて水上生活を営んでいた人たちの生活環境とは?

特典あり

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

野毛の街の歴史について教えて!【後編―開港期にできたお店で一番古いのはどこ―】

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2014年1月28日~2月3日)

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

こんな記事も読まれてます

昭和30年ごろ、六角橋にロバが屋台を引いてやって来る「ロバのパン屋さん」がいたってホント?

消防救急も横浜発祥? 日本大通りの「消防救急発祥之地」の記念碑の由来とは?

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(9月29日~10月5日)

はまれぽヒストリー! ○年前の今日はどんな記事?(12月6日)市営地下鉄ブルーラインの上り・下りは同着しがちなのはなぜ?

4月28日オープンのみなとみらいグランドセントラルテラスってどんなとこ?

横浜・昭和の香りが残る弘明寺商店街で「1000ぶら」

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(1月7日~1月13日)

野毛の街の歴史について教えて!【後編―開港期にできたお店で一番古いのはどこ―】

新着記事