検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

塾なのか学校なのかわからない!? 石川町にある「もうひとつの学校」ってどんなところ?

ココがキニナル!

石川町の南口の改札の出口(元町側のメインではない方)を出て右へ少し行くと「もうひとつの学校」と看板の出ている建物があります。塾なのか学校なのかよくわかりませんが、調べてほしいです。気になります。

はまれぽ調査結果!

勉強はもちろん、コミュニケーションスキルや集団規律など、本来学校で身につける能力を総合的にカバーする学習塾。ゲームや社会見学も行っている

  • LINE
  • はてな

ライター:河野 哲弥

どんな授業をしているの?



では、いよいよ活動内容を見ていこう。
小嶋さんによれば、学校教材、市販の参考書・過去問題集などを中心に、ときにはオリジナルの素材を用意して、授業を行っているそうだ。
ただし、遊びの要素を取り入れたり、上級生が下級生を教えたりする、自由な校風が特徴となっている。
 


学年もまちまちな授業風景の様子
 

例えば、遊びの要素であれば、「運と実力」のゲームなどが代表的。これは、テストの点数(実力)に応じて抽選(運)を行い、期間中の獲得ポイントが最も多かった人に景品が贈られるというもの。
 


例えばテストで100点を取れば、3回ビンゴが引ける
 

出てきた球の番号が、獲得ポイントになる


また、知らなかったら「0」だけど知っていれば「1」という発想のもと、地元商店街の各店舗を巻き込んで社会見学を行うことも。中華料理店「旭酒楼(あさひしゅろう)」で行われた様子は、フジテレビ系列のバラエティ番組『ホンマでっか!?TV』で紹介された。

同塾の授業は曜日と時間帯が選べるようになっていて、料金は週1コマ45分あたり月額8000円。生徒は、小学生を中心に中学・高校・大学生まで。その範囲は、英数を中心とした小中高の各教科と、大学の就職ガイダンスなど、実に多彩。
なお、入塾のきっかけは、成績が伸びている子を見習って、その親から紹介されたケースが多いらしい。
 


算数のテスト一例、地頭が試される内容となっている


「今、子どものコミュニケーション能力が問われているようですが、場所さえ与えれば、彼らはしゃべるようになるんです。生徒同士はもちろん、私から話しかけることもありますしね。ところが、ひとりで勉強ばかりしていると、その機会に恵まれない。ですからウチでは、『まず遊び、そして学べ』なんですよ」と小嶋さんは続ける。
 


現在の学校に欠けている部分を補う、「もうひとつの学校」


もちろん、道徳教育や集団生活に必要な規律についても、指導している。
「テストの採点中にポッと出た会話がきっかけになることが多いですね。なぜケンカになってしまったのか、どうして親の言うことを聞かなくてはいけないのかなど。そういうときは、授業をいったん中止して、全員で議論を深めることも。生徒のお母さんが、議題や相談を持ち込んでくることもありますよ」とのこと。
 


現状の問題点と、これからの課題



最後になるが、小嶋さんに、「もうひとつの学校」のコンセプトをたずねてみた。
すると、「家(コミュニケーション)のような、学校(集団生活・規律)のような、塾(勉強)のような場所」であるそうだ。

子どもたちには、知識を詰め込むばかりではなく、どう関連しているかという「頭の訓練」も必要。それらを年代や環境が異なる集団生活の中で、社会見学や会話をしながら身につけていく。それが、同塾のねらいなのだろう。
 


勉強で基本を覚えた後、手品師をゲストに迎えて応用を会得
 

一方で、「塾なんだから、余計なことをせず、点が取れるようにしてよ」というスタンスの保護者もいるそうだ。また、事業の継続性が1人の身にかかっているところにも、問題点を感じる。

この点について小嶋さんは、「保護者の方には、丁寧に説明するしかないでしょう。事業については、フランチャイズの話も出ましたが、マニュアル通りの仕事というわけではないので悩んでいるところです。実は、最初の卒業生がそろそろ20歳を迎えます。後継者とは言わないまでも、ひそかな期待を寄せているんですけどね」と話す。

周囲の理解と次世代の育成、どうやらこの両者が、これからのカギとなりそうだ。今後、卒業生たちがどのような大人に育っていくのかも含めて、温かく見守っていきたい。


―終わり―
 
◆株式会社横浜教育研究社(もうひとつの学校)
http://mouhitotu.com/
横浜市中区石川町 2-69
Tel/045-681-2616
休日/土日祝日、開港記念日、年末年始、お盆期間
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

浅間町に石碑が建てられるほどの先生ってどんな人物?

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリッ

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

2018年「成人式」にはいくらの税金が利用されている?

受験対策はテスト対策にあらず。点数より、知ることへの興味を伸ばす「啓進塾 金沢文庫校」

  • PR

野毛山動物園の小動物は、他の動物のエサになっている?

横浜市神奈川区に、K-1全盛期を肌で知る男「佐藤匠」のアツい道場があった

  • PR

こんな記事も読まれてます

横浜に炭鉱があったって本当?(後編)

横浜の子どもの4万人以上が貧困? その実態と横浜市の対策とは?

横浜市中央卸売市場本場にできたという事業所内保育園「こまつな保育園」はどんなところ?

【編集部厳選】71回目の終戦記念日。後世に残すべき戦争の記憶

2学期制って良くなかったの?

東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!

「よこはま洋館付き住宅を考える会」とは、どんな活動をしている団体?

2018年「成人式」にはいくらの税金が利用されている?

新着記事