検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

子どもの時間に合わせて働ける! 全国のママ作家の作品を販売する「ウッビースタイル」ってどんな会社?

ココがキニナル!

南万騎が原駅に全国のママが作った雑貨を販売してくれ、子供のスケジュールに合わせて働けるお店があるって聞いたけど、本当?(かなぶんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「ママの笑顔は家族の元気」を掲げるウッビースタイルは、全国のママ作家が作った布製品の販売などを行う。社員も子供に合わせた勤務時間を選べる

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

本当に子どものスケジュールに合わせて働けるの?



会社の概要について分かったところで、投稿にあった「子どものスケジュールに合わせて働ける」という点について聞いてみた。

現在は新規採用をしていないが、そもそも、このようなスタイルを採用したのは「働きたい意思と能力はあるけど、働ける場がない、子育てしながら働ける場所を知らない」というママに積極的に社会参加してほしいから。

ウッビースタイルは現在、野村社長と夫で同社管理部管理主任の勇樹さんを含め、8人(うち男性3人)の従業員がいるが、全員家庭を持っている。
 


ウッビースタイルの事務所に直営店「Woo-By(ウッビー)」が併設されている
 

従業員は子どもが通園・通学する時間に合わせて出勤時間を自由に選ぶことができ、毎年4月に学年が変わるたびに変更できる仕組みだ。また、長期の休みにも応じる。例えば、子どもが夏休みということになれば、1ヶ月ほどの休暇もできるそうで、その間は「時間が融通できる従業員でローテーションする」のだという。

なぜ、このような就業体系が可能かというと、野村さん夫婦以外は「パート職員」として採用しているから。野村社長は「インターネットを使って自宅でも作業ができる時代。決められた時間までに決められた仕事をしてくれればいい」と話す。その上で「従業員も子育てが落ち着いて、『正社員になりたい』という声が多くなったら検討する」と将来のビジョンも語ってくれた。

女性社員の一人は、「子育てについて、社長をはじめ全員が理解してくれているので、本当に働きやすい職場」と話していた。

作家については現在120人ほどに作品を依頼しているが納期は決めていない。というのも、作家の多くが育児中のママであるため、納期を設定することで、子育てにしわ寄せが出ないようにとの配慮から。
 


ほとんどがママ作家
 

「納期を設定しない、できる時間にできる分だけ作品を作るといった、作家さんにとって働きやすい環境を整えることで、作家さんもいい作品を生み出してくれる」といい、「いつでもいい」と言っても、在庫が切れたことはないのだそう。
 


良い環境で作るからこそ、いい作品が生まれる

だからといって、誰でもウッビースタイルの作家になれるわけでない。昨年は1年間かけて新しい作家を発掘するために審査を行って数人を採用したが、競争率は160倍だったという。野村社長は「作品としてお客様に届ける以上は一定のレベルが必要」と話す。
 


量販店のものに比べて縫製も素材も、そん色ない
 

細かいところにも気配りされた商品
 

テレビ番組で紹介されるヒット商品も


野村社長は「きれいごとかもしれないけど、ママが作ったものでママと家族、社会を元気にしていければと思っている。でもきれいごとも、本気で追及すればきっと叶うと信じている」と語ってくれた。



取材を終えて



子どものスケジュールに合わせて働ける店は、ママ起業家の「ママの笑顔で社会を救いたい。ママの笑顔は家族の元気」という“きれいごと”から生まれた店だった。野村社長の言葉を借りれば、「働きたいのに子育て中だから働けない、社会とのかかわりかたが分からない」という女性は多いはずだ。

ウッビースタイルのような会社が増えてくれれば、女性がもっともっと社会で活躍できる場が増えるだろう。一日も早く、そういう社会が実現することを願いたい。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 売上をあげている、社会に貢献しているなどの記載がない。結局、自分勝手で自己満足な会社ってことでしょ。

おすすめ記事

イクメンスクールに来る人は育児に積極的なパパ?

社交ダンスを始めるのは勇気がいる。そんなあるあるを払拭するため横浜随一の広~いダンススタジオに密着!

  • PR

横浜の主婦が発明した究極のおむつポーチとは?

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

横浜の小児医療費助成対象が拡大するって本当?

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

横浜市は安心して出産できる街なの? 医療施設や医師の数は足りている? 「産科不足」の噂の真相に迫る!

受験対策はテスト対策にあらず。点数より、知ることへの興味を伸ばす「啓進塾 金沢文庫校」

  • PR

こんな記事も読まれてます

のぞき部屋「横浜マンボー」、女子高生は何人補導された?

磯子区杉田を自販機から見守る! 「ウメニー」っていったいなに?

横浜市の中学教科書が一本化される問題とは?

教員免許偽造!?疑惑の副校長、その真偽とは?

DeNAベイスターズジュニア2013、第一次選考会の様子をレポート!

2年続けてのトラブルで一時、式典中断も! 2016年の横浜市の成人式の様子をレポート!

ラグビーで優勝した桐蔭学園が閉会式で審判に渡した募金ってなに?

横浜の小児医療費助成対象が拡大するって本当?

新着記事