検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

川崎の人気店「のらくろ」のチャレンジメニュー“激辛ジャンボマーボー麺”。これまでに完食できたのはたった1人という、このチャレンジメニューの味と量はどれくらいなの?(よしさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

総重量5.8kgの激辛ジャンボマーボー麺は、規定時間30分で半分を食べるのがやっと。辛いだけでなく味わい深いので、残りはシェアして楽しむべし!

  • LINE
  • はてな

2014年05月10日

ライター:山口 愛愛

激辛ジャンボマーボー麺、制覇なるか!(続き)

動揺しているヒマなどない。いざ、宮城のチャレンジスタート!
 


明らかに、ドン(丼)引きしている宮城

 
「いやぁ、もう匂いが辛い」と顔をしかめる宮城をよそに時計は進み出した。
れんげにすくい、まずスープを口にすると「あっつい! い、いたい!」と大騒ぎ。

マーボー麺を引きずり出し、自分を落ち着かせるように、「ふぅふぅ」と吹いて冷まし、口に運ぶ。「あっつい! うん? でも美味い」と勢い良く、すする。
 


ボリュームと匂いに圧倒され、なぜか半笑い
 

「うぉー喉を通るときに、辛味が増してきた」

 
「ちょっと、気の利いたコメントを・・・!」と促しても、「あ、熱い、辛い」としか言わない宮城。麺と豆腐を先に片付ける作戦に。
 


額に汗が滲む

 
5分経過。「熱いなんてもんじゃない」と曇ったメガネをすぐに外した宮城。続いて上着も脱ぎ、シャツのボタンも外し、どこまで脱ぐ気だ・・・
 


口の中も体も熱い
 

汗が噴き出す

 
10分経過。少し麺が減ってきたようだ。スープや水を飲むと豆腐が膨張するかのように胃がどんどん張ってくる。辛くて水を欲するが、満腹感にやられてしまうので、水をがまんして箸を動かす。
 


多少減ったが、豆腐と麺が膨張しているような気がする

 
20分経過。
麺は8割程度食べきったが、まだ豆腐とスープが半分以上残っていた。
 


汗がしたたり落ち、ズボンにしみる

 
「舌と喉が痛いけど、辛さが麻痺して、わからなくなってきた」と宮城。
「20分経っても、まだスープが熱い。辛さよりも、お腹が限界」
 


悲しそうな顔と半笑いを繰り返す

 
「そんなもんでは、はまれぽ編集部はつとまりませんよ!」と激を飛ばす筆者。「1万円!1万円!」とあおるが、あきらかなペースダウン。
 


まだ具がだいぶ残っている

 
25分経過。
なんとか麺は食べ切ったが、もう豆腐とスープが入っていかない。
「なんか、もう・・・」宮城は言葉にならない気持ちを、涙目で訴える。
 


汗と涙が入り混じる
 

麺を先に食べきったは良いが・・・

 
残り、後1分。「ほら、ラストスパート!」と声をかけるが、無言の宮城。力を振り絞り、れんげを口にするが、なかなか飲み込めない。
ここで、無常にもタイムアップ。約3kg分を残して、チャレンジ失敗。
 


「すみません、食べきれませんでした」

 
見守っていた内田さんが、「麺は食べきったからね、がんばった方だと思いますよ」と労いの言葉をかけてくれた。
「本当ですか? ありがとうございます」と弱々しい声。面白いコメントも出てこない宮城。
チャレンジは失敗だが、せっかく作ってくれた逸品なので、せめて具だけは完食していこうと、筆者も手伝うことに。

「あーあ、せっかくのマーボー麺残しちゃって・・・。これくらい、がまんして食べてほしかったですよ!」と言って、スープを口に運ぶ筆者。だが。
 


「ギャー!!」素のリアクションです

 
「痛さ」の後に、幾重にも「辛さ」が襲い、妙な刺激が喉から胃に流れ落ちていく。久しぶりに泣いた。
どうやら、いきなりタイのプリッキーヌを噛んでしまったようだ。

「よく、これだけ食べられたね」とすっかり宮城への態度を変え、ゆっくりとマーボーの具を口に運んでいく。確かに激辛だが、辛さの中にもコクのある旨みがしっかり主張してくるのがわかる。慣れてくると、美味しさが少しずつわかってきた。
しばらく、無言のまま豆腐とスープを口に押し込み、トータルで約50分をかけ、具は完食。
 


スープは残してしまったが具は胃の中へ

 
「それだけ味わってもらえれば上出来」と、内田さんの言葉に救われ、箸を置いたのだった。
 


ごちそうさまでした

 
こうして戦いは終わったのであった。賞金の1万円を手にするはずだったが、激辛マーボー麺代4500円を支払う。
 


お互いに「ありがとうございました」


支払い終えると「6~8月限定で、氷結ジャンボ冷やし中華もありますからね、また来てくださいね」と内田さん。
手作りの氷の器に入ったキンキンの冷やし中華は5人前の量。20分で完食すれば、食事代は無料だそうだ。チャレンジ失敗は4500円のお代をお支払いとのこと。

「では、また来ます!」
夏のリベンジを誓い、店を後にしたのであった。



取材を終えて

ただ量が多いだけでなく、辛味には内田さんの調理経験を生かした奥深さがあり、楽しみながら味わえる逸品だった。1人前の激辛マーボ麺(1100円)もあるとのことで、まずは味見をしてみてはいかがだろうか。激辛ジャンボマーボー麺にチャレンジしたら、コメント欄から結果を知らせていただきたい。


ー終わりー

おやじの厨房のらくろ(飲楽食朗)
所在地/川崎市川崎区桜本1-7-6
電話/044-287-8555
アクセス/JR川崎駅より臨港バス「川崎大師行き」にて「桜本」下車
桜本商店街中央「パチンコ大島球殿」前
営業時間/11:30~14:00、17:30~22:30
定休日/日曜
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

こんな記事も読まれてます

東神奈川にある謎の居酒屋「係長」と「食句」ってどんなところ?

王道奪還!? 「ある物」が看板メニューにのっている家系ラーメン店を独占取材! ~家系全店制覇への道 其の拾七~

野毛にある「大正ろまん」ってどんな店?

中華街から姿を消したヤシの実ジュース、今も買えるってホント?

横浜で最も古い1902年創業の銘菓「敷嶋あられ」の歴史とハマっ子に愛される味の秘密を徹底レポート!

横浜限定のご当地お菓子はどんなのがある?

【編集部厳選】いろんな「シチュー」集めました!

中華街の500円ランチってどんなものが出てくるの?

おすすめ記事

横浜にデカ盛りならぬ「小盛り」の店があるってホント?

「鎌倉野菜」や「ジビエ」などの素材にこだわった本格イタリアンを楽しめる上大岡のトラットリア!

  • PR

横浜中央卸売市場にある竹家食堂のデカ盛りに挑戦!

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

中華街の500円ランチってどんなものが出てくるの?

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

横浜の個性的なスープのラーメン店って?

野毛で希少な大人数で宴会できる「叶家(かのうや)」が、お1人様のカウンター利用も大歓迎って知ってた?

  • PR

新着記事

横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

おかえり「FREEWAY428」! 横浜発のアパレルブランドが元町に帰ってきたぞ〜

  • PR

自分が暮らす空間だから自分が暮らしやすい、暮らしたい部屋をつくりたい。そんな思いを実現する「3rd」

  • PR

あなたと地域の橋渡しをしてくれる、地域愛あふれる「街の法律家」におまかせ! 「田近淳司法書士事務所」

  • PR

上大岡駅前で“気軽な贅沢”。日本庭園と癒しの空間が自慢の「懐石 花里」はさまざまなシーンで利用できる

  • PR

残業後でも間に合う! お手入れしやすいヘアスタイルをトップレベルの技術で実現する「TAKASHI」

  • PR

思わず働きたくなる! 社員満足度ナンバーワンを目指し、業界の“当たり前”に挑戦し続ける横浜の運送会社

  • PR

ギター専門の整体師!?音楽の街横浜でギターやベースの修理・メンテナンスを行う、リペアマン常駐の楽器店

  • PR

1929年創設の歴史に裏打ちされた確かな実績。横浜で本物を学ぶ浅野の建築「浅野工学専門学校」

  • PR

ペットを飼う前から相談できる!? 一生つきあっていきたい「三ツ池動物病院」

  • PR

信頼できる薬剤、確かな知識に基づくフォローでセルフホワイトニングできる「ホワイトニングスター」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 港南区から大和市へ引っ越して以来夜勤明けで朝から飲める酒屋、立ち飲み屋を探してはいるんですが、大和、...

  • 山下埠頭を見ると多くの倉庫が解体されていますが、未だに残っている建物があります。新たにIRを誘致する...

  • 「菅田羽沢農業専用地区」の広大なキャベツ畑の真ん中に、確か「緑の大地」という大きな石碑が立っていたと...

最近のコメント

アクセスランキング