検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

初心者でも楽しめる! 一見敷居が高そうな野毛・関内のシガーバーに突撃!

ココがキニナル!

初心者でも気軽に立ち寄れるシガーバーを取材してほしい/関内駅周辺にシガーバーがあるようです。敷居が高そうで行き辛いので取材をお願いします。(紀洲の哲ちゃん/Shibaさん)

はまれぽ調査結果!

野毛のアンティクァリー、関内のスーパーノヴァを調査。どちらも初心者も安心して入れるお店。またシガー(葉巻)だけでなくカクテルも充実したお店。

  • LINE
  • はてな

ライター:細野 誠治

関内の超新星 スーパーノヴァ

2軒めはShibaさん投稿のキニナルにあった「関内」に目を向けてみよう。関内にも確かに数軒のシガーバーがあります。今回はその内のひとつ、ちょっと面白スゴいお店を紹介しますね。
 


夜の関内。この街にもシガーバーはあります
 

場所は相生町通り
 

Bar Super Nova(スーパーノヴァ)


こちらのお店は2010(平成22)年にオープンしたお店。
 


店内はこんな感じ。実際は写真より暗めかと


約17坪にカウンター10席、テーブル席が12席のゆったりめな店内。この配置が、煙の籠(こも)り過ぎないGOODな空間。ちなみにチャージ料は300円。
 


オーナーの石井豊氏


横浜に「シガー文化」を根付かせたいという思いでこちらのお店をオープンさせた石井氏は35歳。学生時代から中華街や元町などのバーで腕を磨いてきたという経歴を持つ。
 


スーパーノヴァの“ヒュミドール”
 

ハバナ産のものを取りそろえている


「スーパーノヴァ」では、プレミアムシガーのみを取り扱っている。
 
さて、何をやろうか? 石井氏と軽く話してハバナ産シガーの「パンチ」というブランドにする。
 


吸い口のカットと着火は、お任せにした
 

これがブランド名”パンチ”からでている「パンチパンチ(1800円)」


前述した通り、プレミアムシガーの望ましいコンディションは気温18~20度、湿度70パーセントという環境での保管。気温湿度計を使っているものの、石井氏は手のひらで葉巻の状況を読む。うん、職人さんだ。そして、そんな状況で熟成されたものは、やっぱり美味い。
 


豊富なシガーメニュー(クリックして拡大)


置かれているシガーの価格帯は1000円台から。シガーの世界では一本が高価なものもある。メニューを見るに、高すぎずにコストパフォーマンスの良いブランドをそろえていると思う。

さて、ここまではごく普通のシガーバーだ。こちら「スーパーノヴァ」はシガーを一層楽しめるようさまざまな工夫が凝らされている。

そのひとつが、自家製漬け込みをしたスピリッツ。さまざまなものを酒に漬け込み、カクテルとして提供をしてくれるのだ。「常時50種類ほど、常備をしております」と石井氏。

酒飲み歴は長いけど、そんな量をそろえているなんて聞いたことがない・・・。 
「恐らく東京でも無いかと・・・。もしかしたら日本でもウチだけかも知れません」
 
へぇ~!(ただ漬け込んだものを店が提供をすると法律違反となる。「スーパーノヴァ」では届けを出しており特別に許可を得ている)
 


特製スピリッツたち


上の写真は左から、リンゴのライウイスキー、ベーコンのウオツカ、シナモンのラム漬け。

ベーコンのウオツカ!?  豚肉・・・ですよね? 
「海外では珍しくはありませんよ。特にアメリカとかは」
 
そうなんですか・・・。
 


ベーコンを漬け込んだウォッカ!


このベーコンウオツカ、石井氏が丁寧に脂を濾(こ)してあるので嫌な脂浮きがまったくない。

ホンの少しだけ飲ませてもらうと、まろやかで濃厚な薫製の匂いが鼻に抜けて美味い。肉汁と蒸留酒が複雑に絡む感じで、もっともっとと口に入れたくなる(ウオツカだけにキツいが)。

これでカクテルを作ってもらうことに。
 


それがこちら。オーダーしたのは
「ベーコンウオツカのブラッディメアリー(1250円)」

 
飲むとぶっ飛びます。喫煙者の方は分かると思いますが、脂っこい料理の後の一服って美味いですよね? そんな食後の「満足感」というか口内の状態が再現されるカクテルです。味はもちろんブラッディメアリーですが芯があって、強い満足感が口内に広がります。
 
カクテルを飲んでシガーを吸うと「最高の食後の一服感」が! 葉巻とベストマッチします。
 


シガーが何倍も美味くなります


この石井氏の作るカクテルが、「スーパーノヴァ」のスゴいところ。石井氏はシガーを何倍も楽しむことできるよう工夫を重ねている方で、シガーとカクテル、酒を知り尽くしているのだと分かる。
 


こちらもスゴ腕のバーテンダーと知れる


石井氏いわく「シガーバーではありますが、お煙草や葉巻を吸われない方もぜひ、お越しいただければと思っています」とのこと。

筆者も、そう思う。これはお酒を嗜まれる、はまれぽ読者さまはぜひ! 美味しいものを追求する姿勢に感動できますし、話のネタにだって持ってこいだと思います。

もう一品、筆者が気に入ったカクテルを紹介。それが・・・
 


黒ゴマのカルーアミルク 1100円


カクテルに「和テイスト」を取り入れた石井氏、渾身の逸品。コーヒーリキュール(カルーア)とミルクの甘さのなかに、ゴマのほのかな甘みが加わり良いアクセント。鼻に抜ける香ばしさが後引くポイント。ついついグラスを口に持っていってしまう。

とても美味しい!!!
 


本当にすごいモノが飲めます!


こちらの「スーパーノヴァ」さんは毎月21日に創作カクテルのメニューが替わる。行く度に新しい発見があるお店なのだ(研究熱心な石井氏は年に一度、旅に出るという。訪れた先のバー文化や、新たな食材・味覚探しをするという。毎年3月中旬の2日間だけ、お店を休むそうだ)。
 


すべては、いい夜のために


ほのかに甘い口内に葉巻を・・・。
 
店内に流れる音楽。くわえたシガーを吸い込む。チリチリと葉が燃える音。内頬に刺激が。トロリとした煙が視界を曇らせる。いいカクテルで口を湿らせる。このくり返し。
 
うん、まさに横浜・関内にある“大人の隠れ家”ってところだ。
 


良い時間が流れます




取材を終えて

知らない世界に飛び込むことは勇気がいる。でも、一度入ってしまえば世界が広がる。広がった先は広大で、奥がとてつもなく深い。

 

奥深いから、入ってみたくなる
 

シガーには作法が少なからずあって、人それぞれに“こだわり”がある。
 
知らないことは聞けばいいし、聞いて実践してみて自分のものにすればいい。
そして慣れてきたら、少し、はみ出してもいい。それが、その人の“こだわり”になればいい。
 
筆者は、そう思っている(何でもそうですよね?)。シガーは作法で縛るものではなく、緊張を解(ほぐ)す嗜好品なんですから。

 

こだわり
 

ぷかり、と一服。
 
今回のキニナル、葉巻吸いとして個人的にも収穫あるお店を発見できたと思う。いいお店でした。もし記事を読んで出向かれまして私がいたら、ぜひお話がしたいモンです。
 
盛り上がりましょう!

それでは、また。


―終わり―


葉巻&カクテル アンティクァリー
住所/横浜市中区野毛町1-45 横浜港興産ビル 1階
電話/045-252-5113
営業時間/月土19:00〜翌4:00/日・祝19:00翌2:00
定休日/無休
チャージ/500円(ドライシガー付き)

Bar Super Nova(スーパーノヴァ)
住所/横浜市中区相生町4-65 ポラリスビル3F
電話/045-641-8086
営業時間/月土17:003:00/日・祝19:0024:00
定休日/無休
チャージ/300円
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 記事の感想ではないのですが。。。「敷居が高い」とありますね。今、「大辞林」という辞書を引いてみました。「敷居が高い: 不義理や面目がないことなどをして、その人の家へ行きにくい。」 とあります。 この記事の場合の、「ちょっと入りづらい」と言う意味ならば、「ハードルが高い」が適切かなと思います。

  • アンティクァリーの渡辺さんって、昔アクアビタエでノーブルの山田さんと仕事してたんだよね。二人とも180cmくらいあってカッコよかったなぁ。渡辺さんは路線変えちゃったけど、らしさがあって充実してるようですね。何よりです。アクアビタエにいたバーテンダーさんは渡辺さん、坂下さん、北島さん…一流の人ばかりでした。

  • 以前、タバコを喫っていた頃に安いシガーを試した事はありました。今はもうタバコは喫っていないのでシガーにも縁はありませんが、うーん、一度高価なハバナ物も試してみたかったなあw

おすすめ記事

JR関内駅の近くに元国鉄マンが経営する鉄チャン居酒屋がある?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

ガンダムバー「Casval(キャスバル)」に突撃!

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

「ヨコハマカクテルコンペティション2014」

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

「幸福のチケット」付き? 崎陽軒の限定弁当も味わえた「シーサイドラインフェスタ」の様子は?

本当のセキュリティとは!? 1級錠施工技師がいる「カギの横浜ロックサービス」

  • PR

こんな記事も読まれてます

ドヤ街宿泊レポート第2弾!ライター井上がドヤ街の実態を調査!

わざわざ各駅停車を降りる価値あり! はま旅Vol.85「西谷編」

黄金町や日ノ出町、寿町・・・縁起の良い名前が集まっているのはなぜ?

「MARK IS みなとみらい」で初めてのクリスマスイルミネーションがスタート

根岸にある『馬の博物館』ってどんなところ?

はまれぽヒストリー! ○年前の今日はどんな記事?(12月4日)綱島がかつて温泉町だったって本当?

エスニックの老舗「チャイハネ」が中華街に系列店含め11店舗も出店しているのはなぜ?

「幸福のチケット」付き? 崎陽軒の限定弁当も味わえた「シーサイドラインフェスタ」の様子は?

新着記事