検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

日本初! 横浜市繁殖センターでふ化に成功した絶滅危惧種の野鳥「ミゾゴイ」とは?

ココがキニナル!

横浜市繁殖センターが日本で初めて絶滅危惧種に指定されている野鳥「ミゾゴイ」のふ化に成功。今後の展望は?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜市は「ミゾゴイの保全に大きく貢献する一歩」と評価。最終的には野生での保護活動を目指すが、当面は同じ環境下で再度ふ化させることが目標

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

日本で初めて!



生まれたひなは繁殖センターで飼育している。市川所長も長谷川課長も「初めてのペアリングで『うまくいった』というだけ。今後、順調に(ひなが)増えていくかについては、簡単な取り組みでない」と気持ちを緩めない。日本初の偉業だが、手探りなことの方が圧倒的に多いからだ。
 


ひなが飼育されている繁殖センター
 

現在、国内で飼育されているミゾゴイは10羽のみ。そのうち、繁殖センターが3羽、野毛山動物園が4羽。残る3羽は宮崎県の「フェニックス自然動物園」で、メスは識別不能な個体1羽を除いて1羽しかいない。

このため、飼育例が少ないことに加え、生物学的レベルで掘り下げたデータを持っている公的機関がほぼないのが現状で、長谷川課長によると「分からないことだらけ。何が分からないかということも分からない」のだという。
 


野毛山公園で飼育されているミゾゴイ。特別に飼育舎で撮影
 

センターや動物園など、本来生息する場所以外での飼育は「生息域外保全」と呼ばれており、主な目的はミゾゴイの生態を把握すること。最終的には野生に帰し、一定の範囲内での活動を行う「生息域内保全」を目指す。
 


自然の中での保全が最終目標
 

しかし、前述のようにミゾゴイの生態については公式なデータが少ない。今後は環境省などとの連携も視野に入れるが、市川所長は「個体を確保しておくことにも意義がある。当面は同じ環境下で再度ふ化できるかが課題。繰り返しふ化ができるようになれば、生態も分かってくるのでは」と話す。
 


危険が迫ると直立不動で擬態するというミゾゴイ
 

市川所長によると「かつては横浜の里山にもいたかもしれない」というミゾゴイ。「科学的興味は尽きない。日本古来の鳥なのに見たことがあるという人が少ないので、もっとミゾゴイのことを知ってほしい」と話している。

また、長谷川課長は「日本で初めてふ化に成功したということで、ミゾゴイの研究において、横浜の役割は重要なウエートを占めてくる」と気を引き締めた。



取材を終えて



「日本初」ということは、先例がないということ。保全するには、さまざまな困難にぶつかるかもしれない。試行錯誤を繰り返し、時間も労力もかかるだろう。しかし、横浜には熱い気持ちを持って、その課題に立ち向かおうとする人たちが集まっている。

ミゾゴイの保全は、まだ始まったばかりだ。
 


野毛山動物園で展示されているミゾゴイは「ミゾタロウ」
 


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 何度か野毛山動物園でミゾゴイはガイドも聞いているけれど、知名度が上がったからではないと思うのだが、参加者が減っています。鳴き声だけは良く聞かれていたらしく、呻き鳥や牛鳥と呼ばれていたそうです。しかし、一度も聞いたことがありません。

おすすめ記事

横浜にはどんな野生動物がいる?

相続問題に悩むはまれぽ編集部が、新横浜の「税理士法人小林会計事務所」で相談に乗ってもらった

  • PR

横浜に野生のハクビシンが急増しているって本当?

悩めるハマっ子へ・・・もっと知ってほしい!! 横浜桜木町に悩みを相談できる高橋知子先生がいることを!

  • PR

カップヌードルミュージアムに駐輪場がないのはなぜ?

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

港南台にお寿司屋さんの勝手口から入れる「ゲルマニウム温浴」があるって本当? 

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

こんな記事も読まれてます

横浜にLRTが走る計画はどうなった?

開業まで約1年!相鉄・東急直通線の工事進行状況をチェック!

睡眠の質が変わるって本当?「リガーレ・カイロプラクティック横浜」で不眠の悩みを相談してみた

大船方向に向かう途中の「関谷インター」、一般道なのに「インター」と呼ばれているのはなぜ?

横浜の「チベット」はどこ?

事業費約 1120 億円の戸塚駅西口再開発事業は本当に成功したのか? 後編

都筑区で起きた社員食堂食中毒事件の詳細は?

カップヌードルミュージアムに駐輪場がないのはなぜ?

新着記事