検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

故郷に帰ることなく山手の横浜外国人墓地にて永眠、世界遺産の富岡製糸場のフランス人設計者「バスチャン」の生涯とは?

ココがキニナル!

世界遺産に登録された富岡製糸場を設計したフランス人が、山手の外人墓地に眠っているらしい。生まれ故郷のフランスに帰ることなく横浜の外人墓地で眠るその人の足跡を是非調査して!(横濱マリーさん)

はまれぽ調査結果!

富岡製糸場を設計したフランス人、エドモン・オーギュスト・バスチャンは若くして病死してしまい日本で埋葬されていた。その足跡はいまだ謎が多い

  • LINE
  • はてな

ライター:ムラクシサヨコ

いざ、群馬へ!



高崎駅から上信電鉄で最寄りの上州富岡駅へ。
 


サファリパークがあるからか、こんな車両


駅から10分ほど歩くと、富岡製糸場に到着。
 


平日でもたくさんの人が訪れていた
 

「おとみちゃん」が迎えてくれた

では、構内へ。
 


バスチャンが設計した繰糸所
 

内部はこんな感じ
 

東繭倉庫。こちらもバスチャンの設計


思っていたより敷地は小さかったが、レンガが当時のまま、きれいに残っていてビックリ。
しかし、説明パネルなどで総指揮者だったブリュナの名前はしばしば目にしたが、バスチャンの名前はあまり出てこない。あれ・・・と思ったら・・・。

資料コーナーにバスチャンが!
 


開業期に関わった4人のうちの1人として紹介されている


さらに・・・
 


売店で売られていた「絵手紙カルタ」にバスチャンの名が
 

報告書もゲット! この報告書に、最新の調査研究の結果が記されていた!



2014(平成26)年度富岡製糸場総合研究センター報告書に記載された「富岡製糸場のお雇いフランス人たち-フランス現地調査の成果から-」によると、渡仏中だった幕府理事官柴田・剛中(しばた・たけなか)がシェルブール造船所の船工だったバスチャンと契約締結。バスチャンは横須賀製鉄所で働くことになり、マルセイユから上海経由で横浜に到着した。

バスチャンは給料が安いことに不満を言ったり、ヴェルニー(横須賀製鉄所の首長)から「私生活がだらしない」と怒られたりしていたらしい(どんな人物だったのだろうか)。
 


パネルにあったたバスチャンの顔。集合写真の小さく映っているものしか現存しないようだ


その後、富岡製糸場の設計に携わり、完成後は横須賀に戻る。フランスに帰国することになり、旅費も受け取っていたが、当時の乗船名簿にバスチャンの名前がなく、フランスに帰ったのか、日本にとどまっていたのか不明のようだ。

途中の記録はないが、そののち横浜居留地でピヨンという大工のもとで働き、工部省営繕局に雇われ、東京に移り住む。そこを解雇された後は横浜に戻り、建築事務所を開業した。

1882(明治15)年には娘ジョセフィーヌが誕生。出生証明書がフランス領事、フランス外務省を通じてシェルブールで受理されているが、母親は氏名不詳となっているという(・・・え?)。1884(明治17)年、バスチャンは上海へ渡る。同年に日本人・ヤマダオラクと結婚(オラクは1857<安政4>年生まれで結婚当時27歳、バスチャンは1839<天保10>年生まれなので45歳)。オラクが子どもの母親かどうかは不明。

1888(明治21)年、妻子を伴い、上海から蒸気船で横浜に上陸。その3ヶ月後に死去した。
 


現在の横浜港。かつて横浜港では、たくさんの「御雇い外国人」が日本と海外を行き来していた


このとき、なぜバスチャンが妻子とともに横浜へ向かったのかは不明である。上海で仕事を解雇されたわけではなかったようだ。

これまではバスチャンの妻子について不明だったため「妻子に自分がかつて働いていた土地を見せるための旅行」という説があったが、この報告書の調査により妻子が日本生まれだと判明したため、「妻子に日本を見せるための旅行」とは考えにくいことが分かったという。報告書には、たまたま旅行をしただけなのか、死期を悟って横浜を終焉の地に選んだのかは不明とある。

バスチャンの死後、妻子は上海に戻り、その後の足跡は分かっていない。また、墓碑にある「La Municipalite Francaise de Shanghai」の意味は「フランス租界工部局が故人を偲んで墓を立てたのではないか」としている。
 


横浜外国人墓地に眠るバスチャン


<バスチャンの生涯・まとめ>

1839(天保10)年 フランス・シェルブール生まれ
1866(慶応2)年 来日・横須賀製鉄所勤務
1870(明治3)年 富岡製糸場の設計者に
1872(明治5)年 横須賀に戻る
年号不明 横浜で大工の下で働く
1875(明治8)年 工部省営繕局に雇われ、東京に住む。解雇された後、横浜で建築事務所を開業
1882(明治15)年 長女誕生
1884(明治17)年 結婚
1884(明治17)年 上海へわたる
1888(明治21)年 横浜で死去(49歳)




取材を終えて



バスチャンの生涯についてはなかなか資料がなく戸惑ったが、ちょうど2015(平成27)年3月に「平成26年度富岡製糸場総合研究センター報告書」が発行され、そこに詳しく記されていた。バスチャンについてこれまで不明点が多かったが、フランスの現地調査などが行われ、新事実が判明したようだ。

20代の若者が、腕一本で異国の地でたくましく生き抜いた人生は興味深い。「私生活がだらしない」と怒られていたようなので、そのあたりもキニナル。どんな人物だったのだろうか。バスチャンの死後上海に戻った妻オラク(日本人らしくない名前だが日本人だったようで、その名前もキニナル)、娘のジョセフィーヌのその後はいまだわかっていないようだが、二人の人生もまた、キニナル。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • とても興味深く、謎も深い記事になりましたね。もっと掘り下げて欲しいと思いますが、当面は無理そうな感じです。富岡製糸場が世界遺産登録されてから、横浜市も急に生糸貿易の話で盛り上げようと言う機運が出てきました。いち早くはまれぽで取り上げておくとよいかも。

おすすめ記事

外国人墓地で聞かれる戦後の混血嬰児遺体の話とは?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

「財政難」という横浜外国人墓地の財政状況はどうなっているの?

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

ちょっぴり大人のはまれぽ特集(2013年9月27日号)

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

横浜に球春到来! ウマも走った横浜DeNAベイスターズ本拠地開幕戦の様子は?

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

こんな記事も読まれてます

【編集部厳選!】お盆休みの帰省に! 横浜・鎌倉のオススメ「お土産」特集

【I☆DB】ベイ戦士に思い出してほしい! あの試合あの場面!

編集長・吉田が泉区の世界的に有名な手相の先生に占ってもらった結果は!?

復刻版まで登場!? 瀬谷区のご当地かるた「瀬谷歴史かるた」について教えて!

【編集部厳選!】はまれぽ地域別オススメ記事特集 Vol.8「上大岡特集」

横浜の奥座敷、かつて西区にあった幻の温泉宿「鉄温泉」ってどんなところ?

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(1月28日~2月3日)

ちょっぴり大人のはまれぽ特集(2013年9月27日号)

新着記事