検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

築80年以上、知る人ぞ知る横浜の古民家カフェに突撃!

ココがキニナル!

豆松カフェという古民家を改造したカフェが本牧にあるのですが、是非取材をお願い致します。(アリスさん)/金沢区にある「カフェギャラリー&窯 ばおばぶ 」という場所が気になります。(田介さん)

はまれぽ調査結果!

中区「豆松カフェ」と金沢区「ばおばぶ」の築80年以上の古民家カフェをご紹介。敷居は高くなく誰でも自由に時を過ごせる。

  • LINE
  • はてな

ライター:カメイアコ

オーナーと年を重ね続ける古民家「カフェギャラリー&窯ばおばぶ」



続いての古民家カフェは、京浜急行線金沢文庫駅より徒歩7分ほどにある「カフェギャラリー&窯ばおばぶ」。

 

住宅街の中にある
 

まるで木と共生しているようだ
 

お話いただいたオーナーの堀越信代(ほりこし・のぶよ)さん
 

カフェをオープンしたきっかけは、旦那さんと趣味で陶芸教室を開いていたある時、陶芸教室後に、みんなでご飯も食べられるスペースがあればいいなという話になり、カフェ開業に至り13年が経つそう。

 

「ここは、小学生の時の自分の部屋だったのよ」
 

カフェとして営業しているこの家は、築80年ほどになるという堀越さんの生家だ。カフェを営むことにしてから、1階部分を改装・増築を重ね、約20名がゆったりと過ごせる空間になった。

 

畳の間は生まれ育った当時のまま
 

テラス席では猫のラブちゃんにも会えるかも
 

店名のばおばぶは、堀越さんが大好きなサン・テグジュペリ作の『星の王子さま』にある「バオバブの木」から名付けられた。大きな木が好きで、カフェ増築の際は椋木(むくのき)や古材だけを集めて作ったそうで、「椋木は磨けば磨くほど美しくなる。本物の木は私たちの心も体も豊かにするんですよ」と教えてくれた。

同カフェは飲食のメニューも充実。オーガニックやフェアトレードの商品を扱っているのも魅力だ。

 

“なるべくオーガニックなメニュー”
 

チャイは注文後、すり鉢でスパイスをひく
 

「“全部オーガニックにしなきゃ”と、気にしすぎてしまってはかえって体に良くない。良いものをできる限りで、それでいいんですよ」

筆者も体調不良に悩み、添加物や農薬に過敏になっていた時期があり、つらい思いをしたと伝えると、「何事もほどほどが大事。その経験があるからこそ、成長できる。好きな人とおしゃべりしながら好きなものを食べるって楽しい」と堀越さん。

 

自分と向き合える、そんな空間
 

お客さんも一人静かに空間に身を委ねる人もいれば、堀越さんに悩みを相談しにくる人もいるという。「私はなんでもはっきり言っちゃうから」と苦笑いを浮かべていたが、自分のために真摯に助言してくれる人って財産だと感じた。

そんな堀越さんが手作りするカフェメニューをいただくことに。

 

イングリッシュボイルドケーキのセット(800円)
 

堀越さんオリジナルのレシピで作るボイルドケーキは、卵と乳製品を使用していないのでアレルギーのある人でも安心。ナッツがざくざくとたくさん入っていて、イチジクの甘酸っぱさが軽やかなケーキだ。

 

器は堀越さんの作品
 

星の王子さまの「象をのみ込んだヘビ」をイメージした手作り皿
 

ばおばぶでは、手作りの天然酵母パン(1個200円~)やピザ(1300円)、ケーキなどを楽しめる。特にピザは、10年間ヨーロッパに住んでいた堀越さんが、スペインで出会ったイタリア人のピザ職人さんに秘伝のレシピを教わったそうだ。

 

ばおばぶの今後
 

堀越さんは横浜市で自助会を立ち上げた人物でもある。「多くの人が助けてくれたからお店ができて、続けられている。これからも人が集い、対話をし、自分自身に出会え、ほっとあたたかみを得られるような場を提供していきたい」とほほ笑む。堀越さんの笑顔は聖母のようにやさしかった。



取材を終えて



古民家カフェは、ほかのカフェよりもゆっくり時間が過ぎて行くような気がした。お気に入りの本を片手にコーヒーを飲みに行ってみてはいかがだろう。


―終わり―


取材協力
豆松カフェ
住所/横浜市中区本牧間門48-11
電話/080-3241-3471
営業時間/11時~16時(カフェタイム)、16時~21時(要予約)
定休日/日曜・月曜
Facebookページ/https://www.facebook.com/mamematsu

カフェギャラリー&窯 ばおばぶ
住所/横浜市金沢区金沢町66
電話/045-701-7516
営業時間/昼ごろ~夕刻まで
定休日/水・木曜日
URL/http://www.cafegallerybaobab.com/
 
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • カフェは美味しい珈琲と居心地がいい空間は必須です。こんどぶらっと行ってみたくなりました。

  • 豆松さんは客にたいして、閉店の信お 問うべき。これでは理由には、ならない。お読みですか  これ

  • 間門までは、高校時代3年間とOBになってからもよく言ってました。今でも産業道路や桜並木は通るので今度行ってみたいと思います。素敵な所ですね。雰囲気最高ですね。

もっと見る

おすすめ記事

川崎に異彩を放つ古民家風とんかつ屋がある?!

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

妙蓮寺、築50年以上の古民家カフェに突撃!

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

横須賀市追浜の山の上にあるカフェ「ツキコヤ」に突撃!

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

本格的な窯焼きピザを出すという、吉田町の穴場イタリアン「Tempters」に突撃!

女子ウケ抜群♪ 串揚げ×ワインでオシャレにいただくのがハマのスタイル!「串揚げとワイン はち」

  • PR

こんな記事も読まれてます

【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!

横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「六角橋商店街周辺の『隠れ』から揚げ定食」編

目からウロコ!? 世の中にこんな美味しい菌があったのか・・・。野毛の一見入りづらい「活菌酒場 菌太郎」に突撃!

家系ラーメン店なのにほかの看板ラーメンも美味い!? 魅惑のお店に突撃!! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾二

横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス2019春」が開催! 市内の参加店舗は?

【編集部厳選】マシマシで! 「26日」だから「二郎」の日!

中華街の500円ランチってどんなものが出てくるの?

本格的な窯焼きピザを出すという、吉田町の穴場イタリアン「Tempters」に突撃!

新着記事