検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

相鉄線の作業車両、「じゃりべー」とは?

ココがキニナル!

相鉄線天王町駅近くのいつも同じ線路上に【じゃりべー】なる車両があります。名前から察するに砂利運搬用?いつ動いているのか、他にも脱力系の愛称を持つ車両があるのか調査お願いします。(たこさん)

はまれぽ調査結果!

じゃりべーは砂利やレールを線路上の作業現場に運搬するための車両で、稼働は原則終電から始発までの数時間のみ。じゃりべーには兄弟がいた。

  • LINE
  • はてな

ライター:すがた もえ子

じゃりべーはどんな仕事をしているの?



じゃりべーたちの作業車両は、基本的に夜間しか運行・作業しない。動くのは終電から始発までの間に限られ、平均すると月に10日前後の活動となる。担当する仕事は線路にしきつめられている砂利やレールの運搬が主な作業になる。

 

夜間作業のレール交換の様子
 

レールは分かるが、砂利ってそんなに頻繁に交換が必要なんだろうか? 富田さんに聞いてみると「それが必要なんですよ」というお返事が。線路に敷き詰められている砂利は、レールを支える重要な役目を担っているという。

 

レールを支える砂利
 

毎日列車が運行し、日々衝撃を受け続けている砂利は常にメンテナンスが必要。摩耗して砂利の角が丸くなってしまうと、レールを支える支持力が無くなってしまうからだ。

レールも同じように摩耗すると欠けたり、ひどい場合は折れたりというトラブルに繋がってしまう。

 

砂利もレールも一定期間で交換が必要になってくる
 

砂利の交換は電車の運行が終了した夜間、線路から古くなった砂利を掘り出すところから始まる。掘り出した砂利を空のコンテナのような箱型のダンプトロに積み込み、運んできた新しい砂利を敷き詰めていく。この作業はショベルカーなどの機械で行われるが、昔は全て手作業で行われていたというのだから頭が下がる。

機材を使う現代でも、一晩で入れ替えができるのは約15メートルほどだという。

 

作業はよほどの暴風雨でなければ原則行われ、雨でも関係ない
 

続いて、レールを交換する作業方法を、保坂さんが教えてくれた。
「レールの長さは1本25メートルです。これを動かす時は3人で同時にクレーンを操作するんですが、呼吸を合わせるのが大変です」と保坂さん。

1本25メートルあるレールは「60キロレール」と呼ばれていて、このレールは1メートルあたり60kgあるのでこの名前が付けられている。新幹線に使われているものと同じレールになるという。昔は「30キロレール」という軽いものを使用していたそう。

またじゃりベーは建築限界測定といって、じゃりべーに定規(白い羽根のようなもの)を取付け走行し、建築物などの構造物が列車の走行をさまたげていないか、目視で確認するという作業も行っている。

 

建築限界用のパーツを装着したじゃりべー
 

建築限界とは、沿線の建物などの構造物と車両との間に空間を確保し、その範囲を侵して構造物を設置してはならない空間範囲のこと。定期的にこの範囲を点検し列車の安全運行に繋げているのだ。



じゃりべーに乗ってみた



普段は作業担当の方しか乗り込めないじゃりべーの中へ乗車させていただいた。

 

車内には前方と後方に運転席が2ヶ所
 

こちらが後方側運転席
 

これは作業によって前後どちらでも進むことができるようにとのこと。
安全のため、どちらかの運転席のリセットボタンで運転を解除し、使用する側の運転選択ボタンを押さなければ運転ができない仕組みになっている。

 

ボタンで運転切り替えを行う
 

そのほか、深夜作業ならではの装置も付いている。踏切に近づけばセンサーが作動して踏切の音が鳴ってしまうが、踏切近くで作業を行わなければならない場合、周囲の環境に配慮して、車輪に流れる電流を切り、センサーが反応しないようにしているそうだ。

 

短絡ONで電流が流れ踏切音が鳴り、絶縁ONで音が鳴らなくなる
 

定員は5人。乗客を乗せるものではないので、普通自動車免許を持っており社内の研修を受ければ運転をすることができる。基本は普通電車と同じ仕組みになっているが、電気ではなくディーゼルエンジンで動いている。

 

じゃりべーたちは軽油で動く
 

「じゃりべーを運転する上で大変なことは、本線の運行に支障を及ぼさないようにするということですね」と保坂さん。

レールや砂利を運搬する際の荷崩れやエンジントラブル、脱線や踏切にて第三者(車など)と接触するなど、考えられるトラブルはいくつもあるのだ。

じゃりべーたち4兄弟のほかにも、「でんゾウくん」というキャラクターもいる。陸軌(りくき)両用架線作業車といって電車に電気を送る電線などの点検・修理を行う作業用の自動車である。

 

でんゾウくんはゾウがモチーフ
 

通常は自動車として道路を走っているが、線路の上も走れるようゴムのタイヤ以外に鉄の車輪も装備している。でんゾウくんもじゃりべー同様に、活動するのは夜間だ。

 

電線などの点検・修理を行っている
 

終電後の線路上を鉄の車輪で電車と同様に走らせ、始発電車までの限られた時間帯の中で設備の点検・保守を行う。また、高いところでの作業もしやすいよう、車両の上部にある作業台が上下可能となっている。

 

こちらは新型マルチプルタイタンパー「ぷるたん」
 

新型マルチプルタイタンパーとは、レールの歪みを矯正し、電車の乗り心地を良くするための保守用車両。

 

ぷるたんの全体像
 

相鉄線ではさまざまなキャラクターの作業車両たちが、終電が終わった深夜から始発電車までの間に、日々の安全を確保するために働いていた。



取材を終えて



夜間対応は難しいということで今回はじゃりべーが動く姿を見ることはできなかったが、線路に敷かれている砂利に、レールを支えるという大事な役目があり、摩耗するために入れ替えなどが頻繁に必要だということを今回の取材で初めて知ることができた。

こうした日々のメンテナンスの上に、世界最高水準ともいわれる日本の電車の運行があるのだなぁ、とあらためて思った取材だった。


―終わり―
 
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 記事にして頂きありがとうございます。まさか兄弟がいるとは。

  • もともと相鉄線は相模川で採った砂利を運ぶための鉄道だったんですよね。だからじゃりべーが本流・本業なのかも。ちなみに、うちのおふくろは「じゃり鉄はいつから人を乗せるようになったんだい?」と今でも言ってます。

  • 「ぷるたん」は西横浜駅の近くで見かけました。

もっと見る

おすすめ記事

相鉄線横浜駅の多すぎる改札機の謎を徹底調査!

横浜でリーズナブルにマイホームを持つ1つの方法

  • PR

相鉄線にスコットランド産の本革製座席の通勤電車がある?

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

相鉄線の旅のお供に、フリーペーパー『相鉄瓦版』って?

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

横浜のごみ焼却炉では分別したプラも燃やしてるの?

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

こんな記事も読まれてます

磯子区丸山町公園はかつて処刑場だったって本当?

20年以上変わらないごみ収集車の音楽って何の曲?

黄金町のオリジン弁当にワゴン車が突っ込む事故が発生! 事故当時の様子は?

ユッケ食中毒事件を引き起こした焼肉酒家えびす、その横浜上白根店の状況は?

横浜市内でまたしても雪の可能性・・・。今晩から朝にかけて要注意!

横浜で色とりどりの「秋桜」が見れる場所はどこ?

金沢区のごみ焼却工場にたたずむ市営地下鉄の旧型車両、地下鉄のない地区に渡った理由とは

横浜のごみ焼却炉では分別したプラも燃やしてるの?

新着記事