検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【前編・後編】藤沢の観光親善大使・つるの剛士さんインタビュー
  • 神奈川県内の観光スポット・横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

本牧に文豪カフェがオープンしました。本牧はかつて山本周五郎が住み、書いた場所です。文豪の名前がついたコーヒー等のレポートお願いします。(もまさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

本牧「Hallo! Café」で2016年11月から始まった企画「文豪カフェ」には、本牧にゆかりある作家をモチーフとしたカフェメニューやマップがある

  • LINE
  • はてな

2017年02月28日

ライター:山崎 島

あれよあれよと文豪カフェ(つづき)

 


幸恵さんに、お店についてお聞かせ願いたく候

 
「Hello! Café」がオープンしたのは、2012(平成24)年4月1日。この場所でお店を始めた理由は「主人が学生時代から本牧が大好きで、社会人になってからはこの街に住み、私も結婚後、住み始めました。主人は会社勤めをしながら、ずっとこの街でお店がやりたかったんですって。主人が脱サラをしたことで、お店を始める準備をしました」と幸恵さん。

米軍の宿舎を模したこちらのお店は、もともと串焼き屋さんが入っていたそうで、ご主人はずっと目をつけていたそう。すると、この場所で出店できるようになり、カフェを開いたとのこと。
 


こだわりの家具や小物で飾られたお店

 
幸恵さんいわく、本牧は意外とカフェが少ないそうで、気軽に立ち寄ってのんびりできるような場所を目指して、お店作りをされているのだとか。この日のお客さんは、ほとんどご近所の方で、オープンして5年でだいぶ地域に根付いているように見受けられた。

本牧の昔の写真などが店内に飾られており、かつての本牧も感じられる「Hello! Café」。ではでは、今回投稿にあった「文豪カフェ」とは何なのか? そこでお集まりいただいたのが、こちらの「Hello! Café文豪エンジェルズ」の皆さん。下の写真で左から幸恵さん、吉岡初夏(よしおか・はつか)さん、まるやまひとみさん、古賀通代(こが・みちよ)さん。
 


「文豪エンジェルズ」の方々

 
「文豪エンジェルズ」は山崎が勝手に名付けましたが、この4名が「文豪カフェ」を設立し、運営している。皆さん、本牧にお住まい。「文豪カフェ」の成り立ちなどをお話してくれたのだが、皆さんの掛け合いも見事だったので、会話形式にてお届け。

 

ワイワイ
 

幸恵さん「えーっとまず文豪カフェっていうのは、このお店の企画の1つです。本牧にゆかりのある作家について調査や情報のまとめを行ったり、マップやグッズを作り、販売したりしています」

「企画の起こりは2016(平成28)年の6月30日。本牧神社の大祓(おおはらい)の儀式で、初夏さんと古賀さんに出会って、立ち話してたの。いろいろお話をする中で、もっといろんな人に本牧に来てほしいよね、って話題が出たのが始まりです」
 


店内に飾ってある本牧の古い写真

 
幸恵さん「本牧には昔から山本周五郎ら文豪が住んでいたことがあり、また景勝地が多く、たくさんの小説の舞台になっています。三渓園は有名だけど、そのほかにも実はいろいろなゆかりのある場所や物もあって、それをたくさんの人に知ってもらいたいなあ、と思って話をしたら、古賀さんが面白い漫画を教えてくれました」。
 


旧間門園跡に建つ小さな碑。山本周五郎が愛した海岸の景色がみられるとある

 
古賀さん角川書店の『文豪ストレイドッグス』という漫画が好きで、私も息子の影響で読み始めました。内容は、昔の文豪が現代の横浜を舞台に戦うっていう話なんですけど、これが面白くって」

初夏さん「漫画の主人公である中島敦や与謝野晶子、芥川龍之介ら、本牧にゆかりのある人がたくさん出ていて、ぜひ本牧を舞台に物語を書いてほしいね!! って盛り上がって。そしたら、古賀さんが作者の方にお手紙を書いちゃったの」

古賀さん「毛筆でね」

幸恵さん「そして、それとは別に、ちょうどその時、『なか区ブックフェスタ』というイベントがあったんです。たまたま、その主催者の方がお客さんだったので、何かやらせてもらえないか相談したところ、関係者との縁もあって『文豪ストレイドッグス』とのコラボが実現する形で、『文豪カフェ』を「Hello! café」で行うことになったの」
 


ブックフェスタのパンフ

 
幸恵さん「イベントの文豪カフェでは、本牧にゆかりのある文豪について集めた貴重な資料を展示したり、作家にちなんだオリジナルのコーヒーとスイーツメニューを販売したりしました。集めた資料の中でも貴重なものは、本牧にかつて住んでいた谷崎潤一郎の『細雪(ささめゆき)』の初版本! これは古賀さんが探し回ってオークションに出ているのを見つけてくれました!」

古賀さん「『細雪』の初版本は紙が貴重な戦後に、谷崎潤一郎がどうしても箱型のカバーをつけたいということで、本牧の印刷所へ出向いて製本したそうです。つまり「本牧メイド」のものなんです。みんなで『これはいくらかかっても手に入れよう!』って意気込んでカンパを募り、いざ競り落としたら・・・」
 


7000円ほど。意外とお手頃価格でした

 
初夏さん「グッズは『文豪ゆかりの本牧マップ』を作成したり、カフェメニューには、近くの『本牧珈琲』さんの豆を使用した文豪珈琲を作ったりしました。マップやコーヒーのパッケージを書いてくれたのは、イラストレーターのまるやまさんです。本牧出身で、以前『Hello! Café』でアルバイトされてたんです」

 

まるやまひとみさんが手がけたマップ


それぞれの文豪をイメージしたオリジナルブレンドのドリップコーヒー(230円)

 
本牧ゆかりの文豪をイメージしたコーヒーには、「AKUTAGAWA」「NAKAJIMA」「YOSANO」「TANIZAKI」「SYUGORO」の5種類がある。
 


文豪珈琲は、お土産としても大人気だそう

 
幸恵さん「まるやまさんは、いろいろな絵柄がかけるし、それに初夏さんは元ライターさんで作家について調査し、文章を書いてくれました。本牧には今でもアーティストの方や文化人が住んでいて、今回もいろいろな方の協力を得て企画が進んでいきました」
 


わきあいあい

 
縁が重なり、運を呼び集めて始まった「Hello! café」の企画「文豪カフェ」。地元の人たちが本牧をPRしたいと立ち上がった、勢いのある活動だ。



文豪カフェを味わう

 

お店の真ん中にある文豪カフェコーナー


貴重な資料を手に取って眺められる

 
2016(平成28)年10月1日~11月30日のブックフェスタ期間中の11月1日に、「Hello! Café」で「文豪カフェ」がスタート。スイーツはブックフェスタのイベント期間中で販売終了したが、コーヒーは引き続きいただくことができる。
 


こちらはイベント期間中に提供した芥川龍之介をイメージしたスイーツ

 
芥川龍之介をイメージした「無花果(いちじく)ヨーグルトクルミ入り」は、芥川龍之介の作品の中にいちじくの表現が使われているため、開発したメニューだそう。このほかにも文豪の好物や生い立ちにちなんだスイーツもあり、ぜひまたの復活させてほしい。

今回は文豪珈琲とランチメニューから一品をご紹介する。
 


文豪珈琲「AKUTAGAWA(500円)」

 
芥川龍之介が常連だった「銀座のカフェー」のブラジルコーヒーを3種類の豆で表現したという一杯。
 


小島がいただく

 
普段の記事では、アイスを食べて「うわあ、すごい冷え冷えですね」と謎の食レポをする小島だが、今回は「苦みと酸味のバランスがとれています。香りが強く、ブラックで飲むのがいいかもしれません」とのこと。おお、今日はまともだ!!

山崎はブラックが飲めないので迷っていたら・・・
 


「YOSANO(500円)」をおススメいただきました

 
夫を追ってパリへと渡った、与謝野晶子の情熱をフルーティーな酸味で表現したのだそうで、コーヒーにお詳しいまるやまさんいわく「フランスではコーヒーにミルクを入れる飲み方が好まれます。ミルクは酸味を和らげるために入れるそうで、ミルクと相性が良いのがYOSANOなんです」とのこと。

やわらかい苦みとほのかな酸味が、ミルクをより引き立てるように感じられて良い! ミルクをたっぷり入れてもコーヒーが弱くなることもなく、とても理想的なミルクコーヒーをいただけました。もちろん、ブラックで飲んでも美味しいそうですよ。
 


それから、ランチタイムの人気メニュー「ハローカレー(1000円)」

 
こちらは中辛と辛口が選べるそうで、今回は中辛を注文。スパイスが効いてピリ辛なカレーは、野菜の旨味が溶け込んでいて、まろやかな味わいだった。また、鶏肉、パプリカ、ズッキーニなどの付け合わせが、食べ進めるうえで、カレーを引き立てる良いアクセントになっていい感じ。セットには、コーヒーか紅茶が付いてくる。

本牧にゆかりのある文豪について学べて、味わえるお店「Hello! Café」。カフェメニューはもちろん、見どころ聞きごたえがあるお店だった。今後もいろいろなイベントの企画もあると思うので、「Hello! Café」に足を運んでみたいと思った。



取材を終えて

皆さん、すごい勢いとエネルギーがあった! 本牧ってなんとなくブランド感もあってとっつきにくいのかしらと思ったが、皆さん、ほんとに気さくで楽しい取材をさせていただきました。今、本牧が熱いぜ!!


―終わり―
 

取材協力

本牧ハローカフェ
住所/横浜市中区本牧間門1-7
電話番号/045-263-6404
営業時間/11:30〜16:00 、17:30〜22:00
定休日/月曜日
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • なんか面白そうっすね。今度、近くにいったら行ってみます!

こんな記事も読まれてます

創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!

立飲み屋激戦区!? 東神奈川で突撃1000べろツアー!

【編集部厳選】今年最初の3連休、昼から飲んじゃう?

センター北にあるキャッツカフェ名物「アンビリーバブル」は完食できるのか!?

終電前にお茶ができて美味しいスイーツがあるカフェを教えて!

知る人ぞ知る超ディープスポット! 「鶴見川沿い」に突如現れる駄菓子屋で定食屋で飲み屋の「何屋なのか分からない店」に突撃!

中華街のとある店にある名前からして恐いメニュー、「豚殺し鍋」ってどんな料理?

JR関内駅の近くに、元国鉄マンが経営する鉄チャン居酒屋がある?

おすすめ記事

知られざる横浜名物、上田屋の「本牧シュウマイ」とは?

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

本牧でサバサンド!? 三渓園近くの超ディープスポットに突撃!

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

電源難民必見! 横浜駅近郊の電源付「深夜カフェ」徹底調査!

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

JR関内駅の近くに、元国鉄マンが経営する鉄チャン居酒屋がある?

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

新着記事

神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

憧れの「マイドレス」が叶う、元町のウエディングドレスショップ「Jellish(ジェリッシュ)」

  • PR

不器用でも完璧に作れるの!? 指輪が手作りできる「工房スミス」で結婚指輪作りに挑戦

  • PR

串カツなのに超ヘルシー? 揚げ物大好きなオジサンも女子も要注目のお店が関内にオープン

  • PR

京都の自園で栽培した最高品質のお茶を横浜パッケージで! 忘れられない京都・宇治茶の味「又兵衛」

  • PR

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

結婚相談所はモテない人の集まりじゃなかった! 理想の相手を“きちんと”見つけたい人必読!

  • PR

トッププロと一緒にShall we Dance?横浜駅近の笑顔が弾ける社交ダンススタジオに体験入会!

  • PR

アンティークウォッチの世界、のぞいてみませんか? マニアだけでなく初心者にオススメする、その魅力とは

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • コインランドリー、多くは「水洗い」ですが「30度くらいの温水洗い」や「石油系ドライクリーニング」「ド...

  • 「寒川町倉見地区と平塚市大神地区」近辺 と 地下鉄、小田急、相鉄 の湘南大駅を結ぶ鉄道の話題が、神奈...

  • 2019.09.04 AM8:29 投稿の「カジノ賛成派」さん。「横浜環状鉄道」という『元町~根岸~...

最近のコメント

アクセスランキング