検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

鶴見川の土手がスパイシーな香り? 都筑区にある「マスコット」ってどんな工場?

鶴見川の土手がスパイシーな香り? 都筑区にある「マスコット」ってどんな工場?

ココがキニナル!

鴨居駅より鶴見川上流にある「mascot」という工場が気になります。鶴見川の土手がスパイシーな香り…どんなスパイスを加工しているの?販売先は?(白マントさん/ナチュラルマンさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

130種以上のスパイスを充填する工場。20年前はスパイスの粉砕工程も行っており鴨居駅まで匂いがした。人気商品はカレーペーストの「印度の味」

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

まるでスパイス王国!


 
工場内に入ると、日本ではない国へ来たかと思うほどスパイシーな香りが充満している。どこかで嗅いだことがある、これは何の香りなんだろう・・・。
 


あ、シナモンだ!

 
シナモンが置かれているのは、静岡工場から届いたスパイスを保管する倉庫。その隣にはスパイスを充填する工場があり、分厚い壁で仕切られていた。
 


こちらがスパイスを充填する工場。倉庫とはまた違った香りに包まれている
 


取材日は目にも鮮やかなスモークパプリカの充填中

 
燻製されたパプリカの香りが体中に染み入るようだ。
基本的には機械で容器への充填を行うそうだが、1日の稼働時間や必要な本数を考えて手作業で行うことも珍しくないという。
 


容器のギリギリまでスパイスが入っている

 
キャップはキャッパーと呼ばれる機械で取り付けており、まるで電動ドリルのよう。
 

 
こちらの機械でキャップをしたら、
 


熱を加えて本締めをして
 


ラベルを貼る

 
こちらの工程では、ラベルが斜めになっていて“自分だったら買わない商品”などが市場に出回らないよう、人の目で確認をしている。
 


皆さん手をとめて、「こんにちは!」と挨拶してくれた

 
このあと、もう一度人の目を通してダブルチェックされた商品は、6本で1組にパッキングされて商品名と賞味期限を印字。
 


レーザー光線で印字! これがとてもカッコイイのだ

 
最後にダンボールへ梱包され、商品を保管している倉庫へと運ばれる。
 


写真左が境野さん。エレベーターの大きさは一目瞭然!

 
倉庫には130種以上のスパイスやパウチ商品、業務用の調味料などを保管。数名のスタッフさんが倉庫で注文を確認しながら配送作業を行っていた。
 


マスコットのロゴにもなっているクローブ(丁子)(410円/1本)

 
工場で働くスタッフさんについてうかがうと、「この近辺に住んでいる女性スタッフさんが多く、10~20年近く働いてくれている方ばかりです。皆さん本当に商品に愛情を持ってくれているので、お店でマスコットの商品を見つけると綺麗に陳列し直したり、見た目が気になった商品を買い取ったりするほどです(笑)」という。
 


工場にはこんな貼り紙も

 
流れるような作業の中にも人の温かさを感じたのは、スタッフさんの商品に対する愛情なのかもしれない。
 


「炒めたまねぎ(270円/1袋)」は1袋でタマネギ約1個分

 
「1万本作ろうと、お客さんの元へ届くのは1本。1本1本を大事に愛情をもって仕事をしようと、日々工場のスタッフと共有しています」と境野さん。

また近所でお祭りなどがあると、スパイスを寄贈することもあるのだとか。「地域へ貢献したいという想いをこれからも繋げていきたいです」と話してくれた。
 
 
 

取材を終えて


 
取材後、「印度の味」でカレーを作ってみたら、家族から、「こんなスパイシーで本格的なカレーを家で作れるんだね~」と絶賛された。
 


食べ終わった後には汗だくになり、スパイスの力を実感する

 
少々お値段は張るが、その味と商品に込められた愛情は本物だ。
もしお買い物中にマスコットの商品を見かけたら、「あ、鶴見川沿いの工場で作っているやつだ!」と思い出してほしい。
 
 
ー終わりー
 
 
取材協力
ヤスマ株式会社 横浜工場
住所/横浜市都筑区佐江戸町443
電話/045-933-4741
https://www.yasuma.co.jp/

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • この近くよく通ってたの気になってました。

  • 印度の味、ってここで作ってたんだ!美味しいって評判だよね。

  • 取材、ありがとうございました!いつも鶴見川をサイクリングするとカレーが食べたくなるのは、この工場のせい!(笑)厳選のスパイスなのは匂いでわかりました。港北区には富士食品工業がありますが、横浜市のスパイス、調味料工場のタイアップ期待したい!(笑)マスコットスパイスのカレーキット、インド風、西欧風のカレーの双方作れて良かった!変な話、本当にマスコットスパイスさん、良い香りだから工場の前で匂いおかずに白米飯食べられたくらいです。これからも頑張って下さい。

もっと見る

おすすめ記事

レストランの軒先にある食品サンプルの工場、鶴見の「イワサキ・

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

昔ながらの町の納豆工場、西区「ハマ食品」に突撃!

特典あり

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

工場見学もリニューアル! 崎陽軒の横浜工場内で新弁当製造ライ

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

中華街も初参戦! 一味違う2018年「横浜運河パレード」見どころは?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

こんな記事も読まれてます

横浜にもゆかりがあるという築城の名人・太田道灌ってどんな人?

臨海の女神をさがして・・・はま旅Vol.108「弁天橋・鶴見小野」編

【編集部厳選】【I☆DB】祈念! 横浜DeNAベイスターズ日本一!  

のどかさと平和を感じる旅、はま旅Vol.91「港南中央編」

女子校生やハーフ美女も一挙出演! キニナル水着女子2016【総集編】

京急横浜駅構内で期間限定スイーツを販売する「スイーツカレンダー」

【編集部厳選】タダで連休を楽しみたい! 横浜「0円スポット」!

中華街も初参戦! 一味違う2018年「横浜運河パレード」見どころは?

新着記事