検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

伊勢佐木町のミニシアター、JACK&BETTYが25周年だそうです。横浜の映画館やミニシアター、また映画の歴史なんかレポートしてください。(Kane-gonさん、マサスーンさん)

はまれぽ調査結果!

2016年12月に開館25周年を迎えた「シネマ・ジャック&ベティ」記事の後編では、ジャック&ベティの今とこれからについて紹介

  • LINE
  • はてな

2017年01月13日

ライター:紀あさ

25周年、ふたつの挑戦

2010(平成22)年12月のプログラムに「小林副支配人調査員の度重なる、図書館での昔の新聞や文献の捜索によりまして、1991年12月21日がジャック&ベティのオープンした日であることが、つい先日、判明いたしました。途中で、閉館や運営会社交代などの経緯があり、正確な情報がなかったのです」と記載がある。
 


当時の上映プログラム (クリックして拡大)

 
梶原さんらは19年目にしてやっと、翌年が20周年だという事実を発見したという面白いエピソードだ。そしてその6年後。建物が出来てからの25周年は、梶原さん運営の10年目とも重なるという偶然。25周年の当日は、ジャック&ベティで盛大な祝賀会が行われた。

祝賀会の最前列には、大分市のミニシアター「シネマ5」の田井肇(たい・はじめ)支配人や、元キネマ旬報編集長の植草信和(うえくさ・のぶかず)さんら、映画人の姿も多数見受けられる中、「25周年は街の人と一緒に祝いたい」との願いから、近隣商店街関係者や一般入場客の姿もあった。
 


田井支配人(左)と、植草さん

 
横浜の美術家・森直実(もり・なおみ)さんも来場。
 


「街なかにある映画館としてこれからも応援したい」

 


映画と映画館の本『ジャックと豆の木』創刊

祝賀会の名称は「シネマ・ジャック&ベティ 開館25周年&『ジャックと豆の木』創刊記念祝賀会」。なんと、25周年記念に、映画館自らが、映画の雑誌を創刊した。
 


映画と映画館の季刊誌『ジャックと豆の木』創刊号


写真からも文字からも映画愛が溢れる

 
編集長はゴダールや鈴木清順(すずき・せいじゅん)といった世界の巨匠らの映画のポスターデザインを手掛けてきた小笠原正勝(おがさわら・まさかつ)さん。
 


ジャック&ベティ外壁の看板は、名画座から数えて60年の記念に小笠原さんが製作

 
祝賀会は小笠原さん による乾杯の発声で開幕した。
 


「ジャック&ベティとジャックと豆の木、ふたつのジャックのために」

 
編集者一覧を見ると、1940年代生まれの小笠原さんと元キネマ旬報編集長の植草さんのふたりのほかは、80年代生まれを中心とした14人の若手。小笠原さんが映画というバトンを次世代に手渡す本だともいえるかもしれない。
 


編集者の小林幸江(こばやし・さちえ)さんと、息子さん

 
「小笠原さんの映画への熱い情熱をこめたこの本の取材を通じて、映画ってこんなに熱い思いを産んでいるんだって思いました」そういう彼女は実は、小林副支配人の奥様。

「ジャック&ベティもそういう映画館でいたい。25年後もあることを祈って」と話してくれた。



映画を見るためのシート

さらには、座席のシートを長く座っていても疲れないと定評のあるフランスのキネット社製の椅子に入れ替えた。

渋谷のミニシアター「UPLINK」代表の浅井隆(あさい・たかし)さんは「国産に比べ、一脚あたり2万円くらいキネット製の方が高い。お客様のことをよく考えているのと経営がしっかりしているからできること」と評価。その座り心地は・・・
 


「座り心地いいですね」

 
一方、梶原支配人は・・・
 


「皆さまがもっと映画を見に来ていただければ、(椅子代の)借金が早く返せます!」

 
客席からは温かな拍手と笑い声。

これまでの椅子は希望者に引き取られ、うち50脚は春にオープン予定の東京・吉祥寺の映画館へと移る。

梶原さんは学生時代を吉祥寺で過ごしている。祝賀会に訪れた梶原さんの同級生だったという女性が「もしあの椅子で、吉祥寺で映画が見られたら、すごい繋がりだなって、なんだか泣きそうになります」と話していた。
 


中郡大磯町のエーティーギャラリーアンドカフェでは、旧映画館の椅子で寛ぎの時間

 


街の映画の歴史を継いで

そんな25周年を迎えて、新旧支配人に今の思いをきいてみた。
 


「25周年にはたいして意味がない」

 
「前の映画館を戦後すぐ作って、戦後71年を迎えた方に意味がある」と重みのある旧支配人・福寿さんのことば。そして「この街に、映画館があってよかった」と続けた。

幾十もの映画館があった時代は過ぎ、界わいには今、ジャック&ベティ、シネマリン、横浜ニューテアトルの3館がある。

現在のジャック&ベティを支える社員は5人。
 


左から大澤綾さん、梶原さん、小林さん、澤さん、写真にいないが永島幹さん

 
現支配人・梶原さんは、この先の夢を「映画を好きな人たちの集う場でいたい」と語ってくれた。



取材を終えて

集う人たちが、この街が好きなだけでも、映画が好きなだけでも、映画館が好きなだけでもなくて、みんな「ジャック&ベティが好き」なんだな、と感じられた。

このごろ映画に思うことは、何ヶ月も、時には何年もかけて作られた作品を、2時間ほどで受けとり、丁寧に編まれた濃縮された時間と出会うこと。その大切さ。

インターネットの波に浮かんで、10秒で書かれたものを10秒で読む日々を過ごす中、人の時間はそれでは減ってしまうのではないかと危惧したりもする。

時間はさまざまな軸で流れていく。

映画が100歳になってから、ジャック&ベティは生まれた。ジャック&ベティが100歳になれば、映画は200歳になる
 


ジャック&ベティ開館から25周年までの四半世紀
 

29歳で15年目の映画館の支配人になった梶原さんだから、25周年後に40歳に、そして50周年のときには65歳になる。ジャック&ベティが人生になるんだなぁ、まさにライフワークだなと思いながら、次の四半世紀もその先もずっと、この街に映画館があることを、ジャック&ベティの傍にいられることを、心から願った。

 


25周年おめでとうございます! この先も走り続けていきますように

 

―終わり―
 


取材協力

シネマ・ジャック&ベティ
住所/横浜市中区若葉町3-51
電話/045-243-9800
HP/http://www.jackandbetty.net/

映画と映画館の本 ジャックと豆の木
・ジャック&ベティで販売
・ジャック&ベティのネットショップから購入可能
 同ショップでは映画パンフレットも通信販売可能



参考文献

映画伝来 シネマトグラフと<明治の日本> (岩波書店)
ジャックと豆の木 創刊号 (ジャック&ベティ)
シネマトーク作成 横浜映画館地図
日刊スポーツ(2007年5月18日~24日「オレたちの映画館 封切り黄金町」)
神奈川新聞(2005年1月16日記事他)

他下記サイトを参考にしました
一般社団法人日本映画製作者連盟
一般社団法人映画産業団体連合会
OGASAWARA Design
Lifeworks
大磯町エーティーギャラリーアンドカフェ
http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/kichitaisaku/rekishi/yokohhama-rekishi01.html
http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/gyosei/sisi/web-air-raid/ks-nenpyou4.html
http://www.hamakei.com/special/74/
http://www.hamakei.com/headline/915/
http://kannai.jp/20141015_movie/
http://www.webdice.jp/dice/detail/5280/
http://www.cinema-st.com/classic/c001.html
http://eiga.com/news/20120615/12/
http://static.cinema-magazine.com/new_tokubetsu/zyousetsu/history.htm
https://www.youtube.com/watch?v=P_6RIWrY0Os
http://www.kotobuki-seating.co.jp/cd/app/?C=news&H=default&D=00033
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 昔のジャック&ベティは、かなりマニアックな上映企画が多く、たまにしか観てなかった。関内アカデミーが閉館した時は、いったい横浜のどこで名画が観られるのかと心細かったけど、ここが様々な名画を上映してくれるので、とても嬉しい。日本中で良い映画館に限って閉館してしまうので、横浜の映画文化のためにも、ずっと存在して欲しい。

  • すごいんだな。ジャックアンドベティ。椅子が新しくなってからはまだ行ってないや。今度行ってみよう。

  • 大作記事になりましたね(笑) 横浜の映画館の歴史からジャック&ベティーの知られざる取り組みまで、丁寧な取材で充実した内容に仕上がってましたね。たまに観に行くだけでは、ここまで知る事は出来ませんでした。とても良い記事にして頂きありがとうございました。 Kane-gon

こんな記事も読まれてます

横浜中華街で何も食べずに歩き続けるとどうなる?

相鉄線の運転士“疑似”体験パネル! 神奈川県の「顔ハメパネル」追跡記(2)

横浜「1000ぶら」商店街探訪Vol.17お寺と、お地蔵さまがとりもつご縁。鶴見西口商店街で鍋を味わえるか

【横浜の名建築】近代建築の父レーモンド設計 エリスマン邸

誕生から25年を迎えた「横浜ベイブリッジ」、保守点検の現場を密着取材!

【編集部厳選】やだなぁ~、怖いなぁ~。心霊特集。

みなとみらいのショートフィルム専門シアターってどんな感じ?

開港前の横浜、旧海岸線を探し歩く旅! 西区~中区編

おすすめ記事

「日本一小さい」フィルム上映の映画館に突撃!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

シネマ・ジャック&ベティで振り返る横浜と映画館の歴史とは?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

開港前の横浜、旧海岸線を探し歩く旅! 西区~中区編

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

横浜生まれの逸品を探せ! 新商品をチェック!(9月14日)

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

新着記事

元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

頭金10万円で中古マンションが買える!? 常識を打ち破る独自のシステムとは?

  • PR

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

腰痛で悩んでいる人は必読! 腰の痛みを改善するには生活習慣や体質も変えなきゃいけないって知ってた?

  • PR

万が一「介護」が必要となったときも安心!介護業界で最先端を走る戸塚区「クラシック・コミュニティ横浜」

  • PR

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

気軽な雰囲気でテニスクラブに入会経験のない人も安心。業界きっての理論派コーチの指導でスキルアップも

  • PR

日本に約4%程度しかいない国際基準を満たすカイロプラクターが、頭痛や肩こり、腰痛、膝の痛みを改善!

  • PR

残業後でも間に合う! お手入れしやすいヘアスタイルをトップレベルの技術で実現する「TAKASHI」

  • PR

本当に適正で二人に合ったウエディングを提案してくれる「ウエディングエージェンシー」

  • PR

【スタッフも募集中】「東宝タクシー」の新しい取り組みがすごすぎる!鶴見の名所巡りをしながら聞いてきた

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • https://news.mynavi.jp/article/20190716-sotetsujr/...

  • 関内のマリナードの広場にピアノが置いてあって、弾いている人がいます。設置の経緯やどんな人が弾いている...

  • 中村俊輔が横浜FCに完全移籍するそうです。キングカズと同じチームになるのは久しぶりですね。どんな横浜...

あなたはどう思う?

横浜市内で遊びに行くならどこが多い?

最近のコメント

アクセスランキング