検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜生まれのプロレスラー、鈴木みのるさんを徹底解剖!【後編】

横浜生まれのプロレスラー、鈴木みのるさんを徹底解剖!【後編】

ココがキニナル!

横浜生まれのプロレスラー、鈴木みのるさんを徹底解剖!【後編】

  • LINE
  • はてな

ライター:山口 愛愛

あらゆるジャンルの海賊が子どもに夢を与える(つづき)

 

―実行委員も出演者も豪華ですね。

今回、母校の横浜高校出身の人が異常に多いです。愛甲猛(あいこう・たけし)さん、宇野薫(うの・かおる)、大橋秀行(おおはし・ひでゆき)会長。芸能活動で所属しているサンミュージックの相澤正久(あいざわ・まさひさ)社長もなんですよ。

―大人も楽しめますが、子どもたちに向けたワークショップも多彩ですね。

小学校や中学校で子ども達に話をする機会があって「将来何やりたい?」って聞くと「サッカー選手になりたいけど僕じゃ無理なのでサッカー関係の仕事に就きたいです」なんて言うんですよ。お金持ちになりたいっていう子もいて、みんな、お母さんにそう言われたそうなんです。

僕自身が先生や親の言うことを聞いていたらレスラーになれていなかったので、「夢を叶えたかったら先生と親の言うことは聞いちゃいけない、叶えた人の話を聞いてみなさい」っていうんですよ。お母さんになりたかったらお母さんに聞けばいいんですけど、先生になりたかったら先生に聞けばいいし、学校の先生はJリーガーじゃないですからね。

どうやって聞いたらいいか分からないっていう子には、自分で努力して話を聞きに行こう、と言っています。子どもたちの可能性は無限大なので。

今回みたいなイベントのワークショップがきっかけになればいいなと思って。参加してくれるのが、ダブルダッチの世界二連覇チャンピオンやアームレスリング全日本王者などプロフェッショナルばかりなので。
 


空手、バスケット、アクロヨガ、ラグビーなどのワークショップにぜひ参加を

 
―子どもから大人まで楽しめるイベントですね。

このイベントは完全に「みのるランド」ですね(笑)。鈴木みのるの頭の中を再現しています。アーティストさんは基本的に僕のプレイリストで、俺の好きな歌を聴いてほしいだけなんですよ。プロレスは見せたい姿を見せ、飲食店やショッピングストリートは頭の中にある夢の商店街ですからね。

僕の好きなラーメン屋のラーメン、肉屋の肉とかしかない。僕の好きな帽子とか靴下とかブランドさんに話をして、じゃあ一緒にやろうって。なぜか(趣味の)釣りメーカーが3社も出ますし(笑)

一番奥まで行くと子どもの遊び場の移動遊園地があります。その裏の桟橋からは海賊船が出ます。
 


試合は子どもと車椅子席を最前列にする予定

 
―ものすごく充実していますね。楽しみ方のポイントはありますか?

お菓子の詰め放題や入口にはハーレーダビッドソンの店があって、オフィシャルバーでは僕の「ゴッチ式パイルドライバー」という必殺技を名付けたビールが出るんですよ。
ごちゃ混ぜというか。僕は基本的にノンジャンルでいいものはいいと垣根がないんですよね。

子どもには大人になったらこんなに美味しいものが食べられて飲めるよ、大人になったらこんなかっこいいおもちゃで遊べるよって教えたいし。凝り固まらずに楽しんでほしいです。
 


なんと、このタイトル題字も鈴木みのるさんの書

 
―イベントを通してどんなメッセージを伝えたいですか?

まぁ、それぞれ楽しんでもらえればいいですけど。
今回、「横浜から世界へ!子供たちの可能性は無限大」というサブタイトルをつけましたが、実はサブサブタイトルがあるんですよ。

俺みたいな50代に「お前ら老け込んでんなよ!」っていう。俺はこれだけできるぞ、お前らもできるだろうって。50代で人生終わった感出してる人けっこういるんですよ。
健康で長生きしてって言われますし、がん検診受けた方がいいよって言う人いますけど、なってみないと分からないでしょう。人は、たまたまなってないことを便利に使います。

若くても病気になっている人はいっぱいいるし、同世代の高山もあぁいう状態になっているけれどがんばっているし、俺は相変わらず元気で。俺がやれるんだから、やってやれないことはないと思ってるんですよ。

地球上の全員ができないことを俺ができたら別ですよ、でもそんなことはないと思うんで。みんなやれるだろうって。

―Twitterに高山さんからの応援メッセージも掲載していましたね。

あいつを悔しがらせてやろうと思って。いいだろう、お前何で来られないんだよって、ね。

―プロレスファンだけでなく、多くの方に楽しんでもらいたいですね。

企画書には予定来場者数3万人と控えめに書いているんですけど、僕の中での目標は10万人ですから、呼びますよ。赤レンガに人が溢れる前代未聞の事件にしたいんです。

このイベントは商業目的ではなく、ノーギャラでやるんですよ。少しはもらっているんでしょうと言われるんですけど、最後にビール一杯分だけはくださいとは言ってます。興行ではないんで。やる側も参加する側も楽しむのが一番。

ワンピースオタクもここまでくれば大したもんでしょう(笑)。
俺、少年漫画の『ジャンプ』のまま大人になっちゃったんですよ(笑)。努力と根性と友情で何とか乗り越えて女にはモテない、それが『ジャンプ』なんですよ。これが『マガジン』とかになると彼女ができるんですけど、『ジャンプ』はだいたいフラれるんですよね(笑)。
 


6月23日午前10時から開会式。サプライズを見逃すな!

 
―では、多くの方に来ていただけるよう、最後にメッセージをお願いします。

本物の超一流の人たちが集まるイベントで、二日間まるまる遊べると思うので楽しんでください。入場無料で損はしないので、食べて飲んでグッズ買って楽しんでください。

僕がデビューした日が30年前の6月23日なんですけど、横浜赤レンガ倉庫に申請を出したら、ここだけが空いていたんですよ。それで決めたんです。

初日の23日は開会式をやるんで、そこからできれば見てほしい。そこでしか見れない仰天のものがあるので! これはまだ言えないです(笑)ヒントは“大海賊”祭です。
僕の言葉で始まって僕の言葉で終わりたいというアイデアを出したので、見届けてほしいですね。本当は、「はい、どうも~っ」て前説やりたいだけですけど(笑)
 
 
 

取材を終えて


 
高山さんのことを語るときのやさしい表情、試合を語るときの鋭いヒールの眼力、横浜のこと、子どもたちのことを語るときの笑顔。ひとつ、ひとつの言葉と行動に熱い魂を感じた。
被災地、盟友、子どもの未来を考えて行動を起こしているバルタン星人は、悪党なんかではなかった。

さぁ、6月23日、24日は大海賊祭へ!
 


貴重なサイン入りポスターとうちわを抽選でプレゼント!

 
 
-終わり―
 
 
鈴木みのるさんのサイン入りポスターとうちわのどちらかを抽選でプレゼントいたします。
ご希望の方は以下の情報を明記の上、お問い合わせフォームからご応募ください。
 
・お名前
・ご住所
・連絡先(電話番号)
・「はまれぽ.com」および「はまびとインタビュー」についてのご意見・ご感想
 
※当選の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。(応募締切:2018年6月29日<金>まで)


【大海賊祭】鈴木みのるデビュー30周年記念 野外フェスティバル
日時/2018年6月23日(土)午前10時~午後7時、6月24(日)午前10時~午後6時
会場/横浜赤レンガ倉庫イベント広場
入場料/無料
http://www.piledriver.jp/event/gp/
※試合、ステージ、ショッピングストリート、ワークショップ、大海賊船号横浜クルーズなど盛りだくさんのイベント詳細はホームページでご確認ください
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • あと最近、ブログを更新していないみたいだけどいい加減、更新しろって(かつて職場の先輩の越中詩郎さん風で)。

  • コイツとオレは平沼小学校で同級生だったんだけど、コイツは強いヤツに弱く、弱いヤツに強いウルトラスーパーチキン野郎だったんだぜぇ~w そんなチキン野郎のみのる先生が今では、各団体のチャンピオンベルトを総取り(特にみのる軍団はノアのベルトを総取りしていた)できるのを見て、今ではみのる先生を尊敬しているよ。命ある限り現役で頑張ってくれよな。

  • 横浜は奥が深い……

    ニワカファンとして参加したいのですが、先約があり、行けません。出来れば当日の様子も記事にしていただきたいと思います。

もっと見る

おすすめ記事

横浜生まれのプロレスラー、鈴木みのるさんを徹底解剖!【前編】

特典あり

大口商店街でワンコインのマルゲリータを食べてきた。自家製の窯で作る本格ナポリピッツァは絶品の味!

  • PR

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

横浜市神奈川区に、K-1全盛期を肌で知る男「佐藤匠」のアツい道場があった

  • PR

新着記事