検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜F・マリノス J1優勝! 沸騰するサポーターの声を日産スタジアムで聞いてきた!

横浜F・マリノス J1優勝! 沸騰するサポーターの声を日産スタジアムで聞いてきた!

ココがキニナル!

もしもマリノスが優勝したら記事にして下さい!去年が去年だけに号泣するかも。(ホトリコさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

15シーズンぶりのJ1制覇を果たした横浜F・マリノス。この日、日産スタジアムはF・マリノスサポーターの熱気で確実に沸騰していた!

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

シャーレを掲げる優勝セレモニー


 
試合終了後、ほどなくして日産スタジアムで横浜F・マリノスの優勝をたたえる優勝セレモニーが始まった。F・マリノスのキャプテン・喜田拓也(きだ・たくや)選手が優勝トロフィー、続けざまにシャーレを受け取った。
 

横浜F・マリノス J1優勝
シャーレを掲げるF・マリノスのメンバーたち ⒸY.F.M

 
その後も次々とシャーレを掲げるF・マリノスのメンバーたち。この試合を最後に現役引退する栗原選手が、F・マリノスのレジェンド松田直樹(まつだ・なおき)選手の永久欠番#3のユニフォームを着て、シャーレを掲げる姿は筆者も目頭が熱くなった。
 

横浜F・マリノス J1優勝
サポーターに優勝の喜びを語る選手たち ⒸY.F.M

 
 
 

栗原勇蔵選手引退セレモニー


 
優勝セレモニーで選手たちがサポーターに感謝を告げ、日産スタジアムを1周周った後、1度選手たちはロッカールームにはけていった。その後、スタジアムの照明が一旦暗転し、今日を最後にプロサッカー選手としての現役を引退する栗原選手の軌跡をたどる映像が流れ出した。

マリノスの黄金期を栗原選手と共に戦った、ドゥトラ選手や安貞桓(アンジョンファン)選手からのコメントが流れ、栗原選手のサッカー人生を労った。
映像が終わると栗原選手が、ピッチに1人で現れ自分のサッカー人生について栗原選手らしい独特の間で振り返った。
 

横浜F・マリノス J1優勝
自身のサッカー人生を振り返り、サポーターへの感謝を伝える栗原選手 ⒸY.F.M

 
スピーチの最後には、栗原選手自身がサポーターにコールを呼びかけ、日産スタジアム全体が勇蔵コールに包まれ、栗原選手のプロサッカー選手人生と共にセレモニーも幕を閉じた。
 
 
 
優勝で歓喜に沸くサポーターたちにインタビュー!
 
編集部も優勝の余韻に浸りながら、スタジアムの外に出ると日産スタジアムがトリコロールカラーにライトアップされていた。
 

横浜F・マリノス J1優勝
優勝を称えるトリコロールライトアップ

 
また、優勝が決まった直後に大型フォトスポットのデザインも変わったようで、試合後その前で記念撮影をするサポーターたちが後を絶たなかった。
 

横浜F・マリノス J1優勝
“WE ARE THE CHAMPIONS” エンブレムの上には4つ目の星も追加されている

 
ここで、はまれぽ編集部では歓喜に沸くサポーターたちの生の声を聞くべく、サポーターたちに再度直撃取材を行った。

まず話しかけたのは、子どものサッカークラブが一緒だという複数家族のグループ。
 

横浜F・マリノス J1優勝
大所帯で選手たちに応援を届けた

 
「前回の優勝時は、まだ子どもたちも生まれていない頃なので、子どもたちに優勝の瞬間を生で見せれてうれしい。マリノスのサポーターは熱くて、優しい方ばかりなので一緒に優勝を祝えてよかった」と写真右のお父さんが応えてくれた。子どもたちも一生忘れない思い出になるだろう。

次に話しかけたのは、名古屋からこの試合を見るためだけに横浜に訪れたというご夫婦。「とにかくサイコーです」と旦那さんが興奮を隠しきれない様子で応えてくれた。
 

横浜F・マリノス J1優勝
快く質問に応えてくださった名古屋在住のご夫婦

 
お次は、ひときわ目立っていた、文字通り“ストローハット”を被ったお父さんが属するファミリー。
 

横浜F・マリノス J1優勝
ちなみにストローハットは100均の材料で作ったとか

 
「うれしくてたまりません。日産(Jリーグ発足前のマリノスの前身チーム)の時からのファンなので何回も泣きました! 最高の環境で優勝できて良かったです」とストローハットのお父さんが応えてくれた。古くから応援しているファンにとっては、15シーズンぶりの歓喜は感無量だろう。

次は若い層のサポーターにも声をかけた。高校のサッカー部時代の仲間で観戦したというグループ。「率直にサイコー!」と若者らしい感想を言ってくれた。
 

横浜F・マリノス J1優勝
写真右の青年は喜田選手と同じボランチだったそうだ

 
最後に話しかけたのは彼女たち。高校の女子サッカー部のチームメイトだったという2人。
 

横浜F・マリノス J1優勝
サッカー女子!

 
写真右のサッカー女子は、左の女子に誘われて仕方なく寒い中ついてきたようだが・・・
「優勝してうれしかったので、今日を機にマリノスファンになりました!」と100点満点の回答をいただけた(笑)。きっかけは何であれサポーターの輪が広がるのはとてもいいことだろう。

ここまで、F・マリノスサポーターの生の声を聞けて、編集部もサポーターと共に優勝の喜びを分かち合うことができた。最終節のテーマになっていた「“THE BIG FINAL”~最高の最終戦~」。この試合は多くのサポーターにとって、一生忘れられない最高の最終戦になっただろう。
 
 
 

取材を終えて


 
15シーズンぶりのリーグ優勝を果たした横浜F・マリノス。来シーズンからは同じ横浜をホームタウンとする横浜FCもJ1昇格が決まっており、2007(平成19)年以来のJ1での横浜ダービーも盛り上がること違いないだろう。

サポーターの生の声を現地で聞くことができ、筆者自身もF・マリノスを応援したいという気持ちも再確認できた。
来シーズンもはまれぽでは、横浜F・マリノスを応援していきます!
 

横浜F・マリノス J1優勝
この街には横浜F・マリノスがある!

 
 
ー終わりー

 
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 横浜Fマリノスが15年ぶりにJ1優勝し、63,000人を超えた大観衆がいる日産スタジアムでシャーレを揚げたことは誇り。J1リーグ後半を力強く連勝し横浜市歌の一節のごとく「この横浜に優るあらめや」をまさに体現したと思う。2019年師走に大きな喜びと勇気を横浜にもたらしてくれたと思う。横浜はJ1、J2サッカー、プロ野球、ラグビーW杯などスポーツで大きな盛り上がりがあり素晴らしい年だったと思う。

  • 実際に日産スタジアムにも来てくれたんですね。ありがとうございます。結局2013のトラウマで、試合終了直後まではりつめていて号泣したのは表彰式でした。日産スタジアムから出たら飲み過ぎちゃって象鼻パークには間に合わず爆睡してました。

おすすめ記事

横浜F・マリノスとマンチェスター・シティが強力タッグを結成!

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

日産スタジアムで横浜F・マリノスの運営を支える仕事とは?

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

マリノスタウン最後の日、ファン感謝イベントをレポート

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

横浜F・マリノス サポーターと作り上げる「沸騰プロジェクト」

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

こんな記事も読まれてます

一見地味な駅で見つけたこの土地ならではの魅力、はま旅Vol.99「北新横浜」編

新旧入り交じる魅力溢れる街。はま旅Vol.15「山手編」

2013年は大さん橋ではまれぽ初日の出レポート!

横浜・花見シーズン直前!桜まつり最新情報!

横浜の山奥にある思金(おもいかね)神社の種類豊富な御朱印を調査!

横浜スタジアムのスタンドが急勾配なのはどうして?

ズーラシアの隠れた人気者「ヤブイヌ」、数が減っているというウワサは本当?

「濱コンスペシャルイベント」、いつもの濱コンと何が違う?

新着記事