検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

mixiコミュニティ「ハマラブ」の清掃活動ってどんな感じでやってるの?

ココがキニナル!

mixiコミュのハマラブが主催してるクリーンアップイベントってどんな感じでやってる? 雰囲気が知りたいです。(ハ毛さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

アットホームな感じで、参加者年齢層も幅広く、横浜が好きな人なら誰でも気軽に参加できるイベントだった!!

  • LINE
  • はてな

ライター:二階堂 イズミ

なぜ、mixiコミュ「ハマラブ」がクリーンアップイベントを行っているのか?



4月2日(土)、SNSサイトmixi内にあるコミュニティ「I LOVE YOKOHAMA」(以下ハマラブ)が主催する「ゴミを集めて・募金も集めて…大岡川桜祭クリーンアップイベント」(13:30~16:30)が開催された。

ということで、イベントの様子を調査するため、実際に参加してみた。
まずは、今回のイベントのまとめ役、安武さんにイベント開催のきっかけを伺った。
 


まとめ役の監督は持ち回り、今回は安武さんが担当


「大岡川桜祭りでのクリーンアップイベントは、今年で3年目になります。ただ、ハマラブが行っている清掃イベント自体は、今回を含め48回目になるんです。きっかけは、コミュニティの中で、大好きな横浜をきれいにしよう!という書き込みがあったことです」と教えてくれた。

最初の清掃活動は2006年。有志による清掃活動は月1回のペースで行われ、度々メディアにも取り上げられた。今回のイベント参加者にも、新聞記事でハマラブの活動を知り、mixiコミュニティに参加、清掃イベントにも足を運ぶようになったと話す20代女性がいた。
 


参加者全員での集合写真…人数の多さは圧巻だ


今回のイベント参加数は73名。男女比は、ほぼ同数。20~30代が多いが、子供連れや、定年退職後の70代までと年齢層も幅広い。ハマラブ自体も2004年に立ち上がってから、今では参加人数が8万人を超える、地域ごとに集まるコミュニティとしては最大規模だ。

安武さんはハマラブの魅力を、「運営スタッフと参加者の垣根がなく、アットホームな点です。今回のイベントも愛知県から参加した方がいますが、横浜在住であろうとなかろうと、横浜好きで、何かに参加したいと思えば、参加できる点が魅力ですね」と語ってくれた。



いざゴミ拾いへ出発!
 


大岡川に沿ってゴミ拾いを進めるグループ


イベントでは、南区の蒔田公園を出発点に、中区福富町西公園まで3グループに分かれて清掃する。ゴミ袋やトングは中区役所から貸し出されており、手ぶらで参加が可能だ。

今回初参加のニッキーさんは、観光がきっかけで横浜を好きになり、今では職場も横浜市内だという。「横浜がキレイな街ですごく気に入ったので、その街を今度は自分の力でキレイにしたいと思って参加しました」と話してくれた。
 


筆者もゴミ拾いに参加


また、清掃イベントへの参加が3年目になるなつこさんは、「もともとハマラブに参加していて、ボランティアもしたいと思って参加し始めました。ハマラブはイベントの数が豊富で、管理人の方も丁寧なので好きなコミュニティです」と語る。



取材を終えて
 


実際に参加してみて、年齢や参加回数に関係なく、「横浜好き」であれば楽しめるイベントだと分かった。道具や参加費もいらないうえ、イベント後には自由参加の打ち上げも用意されているので、ゴミ拾いだけやりたい人も交友関係を広げたい人も、気になったらとりあえず参加してみるのがいいかもしれない。

一人の力では実行に移しづらい事でも、ハマラブのようなコミュニティで提案してみれば大きな動きとなる可能性がある。
今回の清掃イベントのように市民の力で横浜を良くしようという活動は様々な団体が行っている。(参考:横浜市市民活動支援センター)そのような活動を、はまれぽでは今後も積極的に応援していきたいと思う。


― 終わり ―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

イクメンスクールに来る人は育児に積極的なパパ?

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

黄金町に変わった建物が!この街は何をしようとしているの?

相続問題に悩むはまれぽ編集部が、新横浜の「税理士法人小林会計事務所」で相談に乗ってもらった

  • PR

横浜各所で募金を求める外国人の正体は?

普通の人が輝ける職場を! チームで最高のサービスを提供する社会保険労務士法人「D・プロデュース」

  • PR

横浜駅西口のキャッチ集団の正体とは?

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

こんな記事も読まれてます

7月15日午後、大雨が降った横浜市内の様子は?

横浜最古の倉庫「日東倉庫」が8月中にも解体って本当? 今後はどうなっている?

デニーズ1号店も! 43年の歴史に幕を閉じた「イトーヨーカドー上大岡店」最後の瞬間をレポート!

真夜中の激走42.195km、横浜マラソンのコースを試走! 編集長・吉田とライター・山口は完走できるのか?

寿町の簡易宿泊所で火災! ものものしい雰囲気の現場の様子は?

横浜市の公共施設でも、旭化成建材が杭打ちのデータを流用する不正が発覚!

小机駅の近くで発見された死体遺棄事件の詳細は?

横浜各所で募金を求める外国人の正体は?

新着記事