検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

横浜市営地下鉄の定期券ってなんであんなに高いのでしょう?他社と比べて割引率が全然違います。通勤日で換算すると定期も毎回購入もほとんど変わらなくなってしまいます(Ichiさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

地下鉄建設にかかる莫大なコストによる累積赤字を解消するため、現在の割引率を設定。近郊他社線よりは低めだが他都市の公営地下鉄とは同程度

  • LINE
  • はてな

2014年04月07日

ライター:田中 大輔

1972(昭和47)年に伊勢佐木長者町~上大岡で開業して以来、毎日休むことなく数え切れないほどの人を運び続ける市営地下鉄。

通勤に使っている人は毎日のようにブルーラインやグリーンラインを使っていることだろう。そういう人たちは、もちろん通勤定期券を使っているはず。
言うまでもなく、毎日切符を買うよりも安い値段で決められた区間の電車に乗るための券だ。

ところが、市営地下鉄の定期券は割引率がイマイチなんじゃないか、という今回のキニナル。実際のところ、割引率は他社線に比べて低いのか。そうだとすれば、その理由とはなんなのだろうか。



実際、割引率は低いのか

取材に応じてくれたのは、地下鉄業務を取り仕切る高速鉄道本部の職員さんではなく、交通局の“お金”を専門とする部署のおふたり、経営企画課の経営担当の竹内係長と、同課経営経理係の森兼係長だ(ともに取材当時)。
 


丁寧に話を聞かせてくれた竹内係長(左)と森兼係長
 

まずうかがったのは、定期券の値段の算出方法。おふたりによると、「1ヶ月定期の場合、日数は30日の行き帰りで60回乗るという前提になります。そこに割引率をかけた額が定期券の値段となります」とのこと。

実際には土日は出勤しないので60回乗るわけではないが、これはどこの鉄道でも同じこと。キニナルのは、その割引率の方だ。これについては、「1ヶ月の通勤定期の割引率は35%になっています。通学定期だと60%です」と竹内さんは話す。

この数字が他社と比べてどうなのか、と率直に聞くと、「近郊の大手私鉄と比べると、割引率が低いというのは事実です」との答えが返ってきた。

例えば、国土交通省プレス資料によれば、他社の1ヶ月の通勤定期割引率は、JRは首都圏と地方によって異なるがおおむね50%、相鉄線で36.5%、東横線で37.6%、京急線で41.8%となっていて、市営地下鉄の35%よりもお得な数字になっている。
 


こちらが実際の市営地下鉄の定期券。私鉄に比べるとちょっと損?
 

やはり利用者が感じている通り、割引率はよそより低めというのは本当のことで、交通局にもときおり同様の意見が寄せられることもあるんだそうだ。

しかし、それを把握していながら低い割引率を維持しているのだから、なにか理由があるはず。いったいどんなわけがあるのだろうか。



割引率を上げられない理由とは

2014(平成26)年度の市営地下鉄の経常損益(予算)を見ると、およそ40億円の黒字を計上している。その前年度の予算も、もうひとつ前の実績もまた黒字。

儲かっているなら運賃を下げたり、定期の割引率を上げてくれてもいいのに、と利用者が思うのも当然と言えば当然だ。
 


多くの利用者が行き交う市営地下鉄の駅。割引率は上がらないのか
 

これについて「確かにここ数年は、年単位で見ると黒字になっています」と言うおふたりだが、「ただ、累積欠損金が2000億円ほどあるんです」と衝撃的な話を続ける。
つまり、ここ何年かは儲けが出ているが、開業からのトータルで見ると大赤字というわけだ。

実はこの大きな赤字は、経営が上手くいっていないとかそういう話ではなく、主に地下鉄を走らせるためにかかる莫大な初期費用に起因しているんだそうだ。


いつかはもっと割引されるの? 他都市と比べてどうなの?・・・キニナル続きは次のページ
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

都筑区では地下鉄が地上を走っているのはなぜ?

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

34駅3449段!ライター井上が地獄の階段レポに挑戦!

中山を愛する名物社長に会える! 住民と入居者のマッチングを大切にする「丸進不動産」

  • PR

謝礼金は10万円! とある女性が関内で紛失したぬいぐるみ「おっとちゃん」はどうなった?

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

【震災れぽ15】横浜市の被災者受け入れ施設の状況はどうなってるの?

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

新着記事

相模原の相模川沿いに点在する「ヤツボ」という水場の正体とは?

    • 面白かった88
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2019年05月24日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった67
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

1929年創設の歴史に裏打ちされた確かな実績。横浜で本物を学ぶ浅野の建築「浅野工学専門学校」

  • PR

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

元いじめられっ子の元プロ格闘家による熱血指導! どんな子でも楽しく稽古に通い続けられる空手道場

  • PR

ペットを飼う前から相談できる!? 一生つきあっていきたい「三ツ池動物病院」

  • PR

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

1000円で世界旅行!?40ヶ国以上から集めたワインが気軽に楽しめる「世界のワイン 葡萄屋 関内店」

  • PR

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング