検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

桜木町から横浜へ向うガードのある歩道や山下公園の高架下にキースへリングに似たような絵が描かれていました。確かロコとネームが描かれていたと思うのですが、どんな方なのでしょうか。(こたきちさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

1970年代後半から桜木町高架下などに独特の絵を描き続けた、アーティストのロコ・サトシさん。パワフルで、優しくて、温かく、楽しい方でした! 

  • LINE
  • はてな

2011年06月30日

ライター:吉澤 由美子

1980年代、不思議なフォルムのチョーク絵が桜木町高架下の1.6Kmにわたって描かれていた。
こんなに長い距離のグラフィティが、たったひとりのアーティストによって描かれたのは世界でも類を見ない。
 


荒涼とした高架下にユーモラスでシンプルな絵が登場してイメージが一変した


その絵を描いたロコ・サトシさんは現在、ライブペイントやワークショップ、絵本製作、子どもたちとコラボレーションした壁画制作など、多岐にわたる活動を展開中。

被災地の子供たちに、移動用の遊具を積んで届ける車『プレーカー』のペイントを仕上げたばかりのロコさんに岩崎ミュージアムでお話をうかがうことができた。
 


ペイントが終わったばかりの『プレーカー』とロコ・サトシさん




桜木町高架下のグラフィティをはじめられたきっかけは?

紅葉坂にある青少年センターがあの頃、アーティストに自由に制作をさせてくれたので、毎日通っていました。それで、帰るときあそこをを通るわけ。寂しい場所でね。ふと持っていたチョークで絵を描いたのがきっかけ。それから毎日、少しずつ描き足していって、とうとう紅葉坂から高島町まで全部の壁に描いちゃった(笑)。
 


物語を感じさせる広がりもロコさんの絵の魅力
 


壁に映った影の輪郭を描いたもの。ロコさんの思い出に残る作品だそう



―1.6Kmはすごいですね!これが世界のアートシーンに注目されて、次々に活動の場を広げられたんですね。

厳密に言えば犯罪行為だから捕まるのかなと思ったら、横浜博覧会のパビリオンにペイントを依頼されて驚きました。
 


横浜の市営バスにペイント。街を走る姿にわくわくしたそう



―ロコさんが節度を守られたことでパブリックアートとして市民権を得たんですね。
 桜木町高架下はその後何人ものアーティストが参加するようになったと


ひとりで描き続けて10年たった頃、横浜博覧会の時期に他のアーティストも参加しだしました。あの場所がアーティストと市民がコミュニケーションしながら制作できるパブリックアートのスペースに育ってきたんですね。

あの頃はお互いが表現しているモノに対して、敬意を払っていました。どんなに稚拙な絵でも気持ちがこもっていれば、それを塗りつぶして上から描く者はいなかった。みんな誇りを持って描いていましたね。


―1992年には米西海岸のアーティストも参加して壁画を描かれましたね。

横浜市や警察も実行委員会に参加したので、市民が育てたアートの場が公的に認められた瞬間でした。
 


楽しく穏やか。でもキラキラした目に迫力とパワーがある


―エポックメイキングな出来事ですね。でもその後スプレーによる乱暴な絵が増えてきた

どんな絵が描かれていようがお構いなしに塗りつぶすようになってきました。ただ、そういう行動をするヤツが出てきたのは社会にも問題があるということ。あの時、「恥を知れ」って言った人がいたけど、そうじゃない。誇りを持つことを教えなくちゃいけないよね。人間は誇りがあってこそ、恥を知るんだと思います。


ロコ・サトシさんのパブリック・アートにかける温かい想いは語り尽くせない! 次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

黄金町に変わった建物が!この街は何をしようとしているの?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

桜木町から信号なしでどこまでいける?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

【編集部厳選!】はまれぽ地域別オススメ記事特集 Vol.23「ブルーライン沿線特集 Part 2」

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

新着記事

新横浜ラーメン博物館・平成最後の新店「八ちゃんラーメン」とは?

    • 面白かった48
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2019年06月17日

雨でも楽しい横浜!屋内スポット紹介【編集部厳選】

    • 面白かった12
    • 面白くなかった9
    • コメント0
  • 2019年06月16日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

昇進や資格取得、スキルアップしたい人が集う“大人の”有料自習室があった。

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

「鎌倉野菜」や「ジビエ」などの素材にこだわった本格イタリアンを楽しめる上大岡のトラットリア!

  • PR

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

子どもの放課後をもっと楽しく、もっと有意義に!保土ケ谷区の民間学童保育「マックス・キッズ・プラザ」

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 2020年高校野球神奈川大会では横浜スタジアムが使用できないことが予想されていますが対応はどうなるの...

  • 横浜駅西口からほど近い、岡野町の路地裏に、最近では見かけなくなったプラモデル店を見かけました。ウイン...

  • 子安、新子安間にある「入江橋」は歴史のある橋のようです。「復興局」という銘板が気になりませんか?入江...

あなたはどう思う?

シーズン始まって2ヶ月。今年のベイスターズの予想順位は?

最近のコメント

アクセスランキング